ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

【番外編】自分探しの旅に出掛けたい、あなたへ
 
【番外編】 自分探しの旅に出掛けたい、あなたへ
島を旅する

島人たちの人生が詰まった一冊
「島を旅する」 
                       → 購入はコチラから
文・写真:今村治華/発行:南方新社/価格:1680円

この数年、私は東西南北で他所様の家に泊まり、ご飯を食べさせてもらい、数え切れないほどの親切をもらった。けれども私には、琴を弾いたり、似顔絵を書いたり、何かを作ったりして、世話になった人たちへかえす芸がない。だから私は、見聞した旅先の出来事を書きたい、と思った。私がこのままふてくされて何もしなければ、それは食い逃げになる。出会った人からもらった彼らの時間と言葉を、私はぶわっと空へ撒き散らし、共有しなければならないはずだ。 〜P215〜

 
◆本文紹介
 

2003年の冬。刷り上った本が、鹿児島の出版社からダンボールに詰められ送られてきた。完成した本を手にしたら、感動して涙を流す自分を想像していたが、それが届いたとき、私は、天井裏をネズミが走る六畳間で一滴の涙も流さなかった。うれしくて、友人に携帯電話で写真付きのメールは送ったけれども。どちらかと言うと、一ヶ月後に迫っていた、東京から石垣島への引越費用の捻出に気をとられていたのかもしれない。

大学卒業後、旅行会社に契約社員として就職。で、3年後に退職。結婚しようと思ってのことだった。が、結婚はなくなり、フリーライターになった。自称ライターゆえ、仕事はなかった。仕事と恋。20代でぶつかるであろう普通の事柄に、悩み、そして、出会った方々に助けられた時間がこの本、とこの頃思う。

悩みを、丁寧にゆっくりと解決させてもらう場が、私は、日本の島々であったのだと思う。

本を届けたことで再び連絡をとるようになった学生時代の恩師から、「あなたが島に魅かれるのは、あなたの気持ちを汲み取り、感謝の言葉をかけてくれる人々がそこにいるから」と言われた。もっともこれ、理想の伴侶像を語ったら、あなたは自分をちっともわかっていないと言われた後に投げられた、三十路女の行く末を案じての言葉、なのだが。つまり、そうゆう男性こそが、あなたにとって必要な人なのだ、と先生は言いたかったようだ。ともかく、私が島に魅かれる理由がそこにある、という指摘は、外れていないとは思う。

奄美大島のユタ神様、加計呂麻島で数日間を一緒に暮らした自称やもめの研さん、トカラ列島を結ぶ村営船で働いていた時代を語ってくれた中之島のふくじさん。この本に登場する人たちが話してくれた、彼らの人生。私は彼らの言葉に叱咤激励され、これからを夢みる今日がある。

だから、いま、なんとなく胸中がモヤモヤとしている人の手に、この本が届くといいな、と思う。島で生きる人たちの生き様は、きっと、なにかのヒントを与えてくれるから。

今日の石垣島 http://www.churashima.net/todays/ishigaki/index.php3

Photo01
Photo02
 
BOOK_PHOTO
 
島を旅する
シーサー君


クリックしてね!
↑↑↑
目次

<<< 前へ
美ら島物語美ら島BOOKS

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる