ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

もっと知りたい!あの島を。
 
八重山諸島 西表島 編
 
西表島フィールド図鑑

自然界の秘密がいっぱい詰まった1冊
「西表島フィールド図鑑」 
写真・著:横塚眞己人/発行:実業之日本社/価格:2000円+税


西表島の自然を見るときに、その環境を海、マングローブ、森と大きく3つに分けるとわかりやすい。(・・・中略・・・)各々の自然生態系は「海の水が蒸発し、それが雲を作り雨を降らせ、その水が森やそこに棲む多くの生き物たちを育み、森で作られた栄養分を川の水が海にそそぎ込んで、海の生き物たちの糧となる」といった形でつながりをもって成り立っている。
〜P11より抜粋〜

                                       
 
 

 西表島の自然に魅かれる人は、ぜひ手に取って欲しい良書。最初から最後まで、全てカラー写真。いろんな意味で、贅沢かつ、コンパクトな本。

 思えば私は、随分とこの本のお世話になってきた。

 例えば漂着物。海辺を歩いて拾った木の実≠フ正体は、この本で調べている。

 それからマングローブ。マングローブとは一体何者なのかという基本から始まり、その様々な形の根っこを写真付きで掲載して、それぞれの役割なども教えてくれる。仲間川沿いで見つけた素敵な模様の朱色の昆虫や、浦内川の遊歩道で見かけた黄色と黒の縞模様のヤスデの名前も、この本で知った。

 そして何よりこの本を読めば、ジャングル、川、集落、サンゴの海などがつながり、それらで見かけた生き物の正体や、その風景の意味などが自然とわかってくるのだ。

 「西表島フィールド図鑑」は、図鑑でありながら読み物でもある。すなわち読む図鑑≠ネのだ。

 で、本書を使い込んでいくにつれ、1本のヤエヤマヒルギが成長していく過程を写真で紹介していたりと、1週間や2週間とか、1ヶ月の取材などではとても作れない本であることに気がつかされる。

 それもそのはず。著者の横塚眞己人(よこつかまこと)氏は、写真家。1985年から1994年まで西表島に暮らし、イリオモテヤマネコと平行して、「命のつながり」をテーマに撮影活動を続けてこられた方。この本は、そうゆう姿勢で撮影を重ねてこられた横塚氏だからこそ作れた本なのだ。

 西表島ファン必携の読む図鑑=Bぜひ、チェックを!

(文:はるか)

 

横塚眞己人氏オフィシャルホームページ : http://www.yamaneko.biz/
「美ら島物語」西表島情報 : http://www.churashima.net/shima/iriomote/index.php3

 

p108〜109

p188〜189
 
BOOK_PHOTO
 
ビニール製で水に濡れてもOK!
西表フィールド図鑑に添付られている地図


クリックしてね!
↑↑↑
目次

<<< INDEXへ
|美ら島物語美ら島BOOKS

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる