ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

ナツコ 沖縄密貿易の女王
 
大海原を駆け抜けた 沖縄の女性
 
ナツコ 沖縄密貿易の女王

沖縄の戦前、戦後の歴史が詰まった1冊
「ナツコ 沖縄密貿易の女王」
著:奥野修司/発行:文芸春秋/価格:2143円+税


 
 

 1938年〜1954年、ここ沖縄で戦前、戦後の貧しい時代に全島規模の密貿易が行われていた。その中で密貿易の沖縄の女王とまで言われた「なつこ」は何の目的で、密貿易に命をかけたのか?

「密貿易」今でこそその言葉を聞いただけで拒絶反応を示す人が多いと思うが、絶望的なほど食糧や物資が不足していた沖縄にとって、危険を顧みずに密貿易で沖縄に富と希望をもたらした「なつこ」は、救世主的存在だったのかもしれない。

この本を読んでいくうちに密貿易というダークな部分は色あせ「なつこ」の度胸と才覚だけしか見えてこない、不思議な感覚になる。

当時の資料が殆んど残されていない中、12年余の長い歳月を費やし編纂に成功した著者の功績は沖縄の歴史に残るものと言っても過言ではない。

また、私は、この本を読んだときにこの「万国津梁」と言う言葉を思い出した。

「万国津梁」、ちょっと異界の話しになりますが♪

「万国津梁(ばんこくしんりょう)」とは、今から500年前、東アジアの一大交易拠点として、栄えた琉球王国の王、尚泰久(しょうたいきゅう)が作らせた鐘に刻まれた銘文に由来する。

〜琉球の繁栄と近隣諸国との友好を謳い「万国を結ぶ掛け橋とならん」と刻んで、琉球が永遠に世界を結ぶ掛け橋となることを祈念したもの。

 銅鐘は、首里城正殿前に掲げられ、繁栄と平和の象徴として、「万国津梁の鐘」と呼ばれるようになった。〜

希代の一時期を築いたのは、海洋性民族であり、琉球王朝時代の東アジアとの貿易を行っていた血が引き継がれたこともあるのではと思ってしまう。

沖縄に生まれ育った私にとっては、沖縄の歴史が勉強になっただけではなく、「なつこ」という素晴らしい女性に出会えた、一冊の本だ。

 

(文:やすこ)

 

「美ら島物語」世界遺産 :http://www.churashima.net/shima/okinawa/isan/20010301/index.html

 

photo01

photo03

 
BOOK_PHOTO
 


クリックしてね!
↑↑↑
目次

<<< INDEXへ
美ら島物語美ら島BOOKS

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる