ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

■沖縄本島
 北部

(有)山川酒造

 中部
神村酒造
 南部
宮里酒造所



■久米島
 
■宮古

千代泉酒造所
 
多良川(株)
 
宮の華(株)
 
池間酒造(有)


-----------------
宮泉酒造場(廃業)

■八重山
■伊平屋島
 
■伊是名島
 
 宮の華(株) 宮古>伊良部島  















1946年伊良部島で創業
創業者、先代、そして先代の他界後は娘さんが継いでいます。
杜氏は先代の奥様。
創業者から泡盛造りをやってみないかと言われ、携わるうちに宮の華の酒作りの中枢を任されることになりました。
 

酒作りは、赤ちゃんを見るように構ってあげなくてはいけません。
米を蒸して黒麹菌を入れると夜も何度か起きては、温度を確かめ窓を開けたり扇風機を回したりしています。
機械化、コンピュータ化が進む世の中、蒸し器やラインは省力化されましたが、熟成の流れの中ではやはり人の経験と勘が大切。
 
先代も、最後は人だといつも語っていたように、機械は停電の後とかに誤差を出すから、それに気づいて違和感を持つのは人の肌や経験、そして最終的には勘です。
毎日データを取って、細かいことも見逃さず、同じ味、同じ酒になるように追求しています。

宮の華の杜氏、先代の奥様は、「思いをこめて愛情を注ぐと美味しい泡盛が生まれてくると思います。」と語る。

今は、工場長に杜氏の仕事を伝授中。
私、2歳くらいまで酒を欲していたらしいんですよ。
水を入れたコップと酒を入れたコップ、指1本入れるだけでそれが酒か水かわかったそうです。幼い頃の出来事ですから覚えていませんけどね。
でも、そのとき既に酒を造る仕事使命を与えられていたのかもしれません。

泡盛造りに携わってみると大変なことばかりですが、泡盛が生まれる喜びはとても大きいものです。
そのために毎日決まったことをコツコツと怠らずにやりつづける。何かがおかしいと感じたら原因を探す。
それが、安定した酒作りの秘訣です。
まだまだですけど。と工場長は謙遜に語りました。 

取材時に、奥様が工場長にさりげなく伝えました。「ひとつずつだけど、努力して頑張っているよね」と。

突然ねぎらいの言葉をもらった工場長が嬉し涙を流したのが印象的でした。きっと、だれにも知れずに苦労したり涙したりの日々もあるのでしょう。



清潔が第一。ゴミや埃があると、とても怒った先代。だから今でも掃除は確実に行なっています。
『宮の華』は工場の従業員のほとんどが女性。
戦前は、酒造りは女の仕事でした。大量に造るようになって力仕事も増え、男手が必要になりましたが、女性の細かさや気配りというのが酒作りにとって、いいものだと思います。


『宮の華』の名前の由来
宮古の華になるように。だれにでも親しまれる酒になるように。という願いを込めてつけられました。




データ
華翁35度古酒
宮の華30度一般酒
豊見親(宮古島限定)
宮の華古酒35度
住所:沖縄県宮古島市伊良部仲地158-1
TEL:0980-78-3008

工場見学:事前に電話すると可能な場合がある。
HP: http://www.miyanohana.co.jp/
定休日:日曜日  
美ら島物語食べる・飲む泡盛博物館

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる