ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄本島 アイスクリーム編
沖縄本島 アイスクリーム編
TOP 沖縄本島 ぜんざい編 沖縄本島 アイスクリーム編 宮古諸島 八重山諸島
季節を問わず愛される甘味、アイスクリーム。特に真夏の日差しの下、味わうひんやり感は格別です。沖縄素材にこだわった本島のアイスを片手に、ドライブなんていかがですか? 島々の優しい味わいを持つフレーバー、どうぞお楽しみください。
※このページに掲載の記事は、2004年8月12日現在の情報です。

取材・文/kaya@美ら島編集部

 
店舗一覧

・OKINAWA文化屋菓子店
・パーラーわくた
・ブルーシール牧港店

冷やし物コラム
・昔々のアイスクリーム
県産品フレーバーの一押し店! OKINAWA文化屋菓子店
県庁から徒歩5分。賑やかな国際通りに、沖縄らしいフレーバーが並ぶアイスクリームショップがあります。隣はお土産品店にもなっている、「OKINAWA文化屋菓子店」。ここで扱っているアイスは「文化王国・玉泉洞 おきなわワールド」で生まれた王国村オリジナルブランドのアイスクリーム、「スターフルーティ」。マンゴやグァバなどの沖縄素材を使い、甘さは控えめ。果実そのままの味が残り、こってりとした素の味が楽しめます。このお店で今人気のフレーバーは、紫の山芋から作られる「ウベ」、そして素朴な味わいの「サトウキビ」。どちらも南の香り漂う優しい甘さのフレーバーですが、私が一番にオススメしたいのは一番人気の「紅イモ」。ウベとよく似た紫色がそそられる、紫イモのアイスクリームです。コクはあっても食後はくどく無いので、国際通りでの一休みに一押しですよ!
他にもゴーヤーやマンゴなどの定番はもちろん、レイシにココナッツなど、目移りしてしまうほどその種類は様々。初夏限定で、甘酸っぱく健康にも良いアセロラ、トロピカルなドリアンも入荷しています。
紅イモ
紅イモ
アイスはコーンだけでなく、お持ち帰りやお子様用にカップ・ミニカップもあります。また、ストロベリー・チョコレート・ブルーベリーの3種類が揃ったアイスクレープは、本格手焼きクレープを使ったスティック型アイス。手を汚す心配も無く気軽に食べられるのが嬉しいですよね。
お店の前にはベンチもありますので、通りの賑わいを眺めながらひんやりとしたデザートに一時の休憩、なんていうのも素敵な過ごし方が出来ますよ。
隣ではお土産のお買い物も出来ます
玉泉洞王国村のアイスクリーム、スターフルーティー
お品書き
・アイスクリーム シングル
・ダブル
・カップ 
・ミニカップ 
・クレープスティック 
データ
・住所
沖縄県那覇市久茂地3-2-1
・電話番号 098-863-7559
・営業時間 9:00〜22:30
・定休日 無休
・URL http://www.gyokusendo.co.jp/
・地図
国際通りでひんやりと寛ぐお休み処 パーラーわくた
県産素材を使った手作り・無添加のアイスクリームが味わえるお店、それがここ「パーラーわくた」。甘酸っぱいパインやシークヮーサーに、ブルーベリーに似た桑の実アイス…。このお店で扱うアイスクリームはバラエティ豊かで、島の匂いが詰め込まれたようなフレーバーばかり、20種類も揃えられています。
中でも特に目を引いたのは、小浜島産の黒ごまアイスと津堅島産の島人参アイス。沖縄らしい素材は数あれど、このフレーバーが食べられるのはここだけ! 他にも沖縄の茶葉を使った抹茶アイス、さっぱりした味が人気のドラゴンフルーツなどなど、目新しいメニューがずらり。
使われる素材は旬のものばかりだから、今の沖縄のグルメをアイスクリームで楽しめるんです。今年は、新たに「カニステル」というエッグフルーツの実を使ったアイスも登場しました。
紅イモ&マンゴー&ゴーヤー
これらの新商品は全て試作品として作られる前に、工場で成分分析を行っているので、アレルギー持ちの人も安心してお楽しみ頂けますよ。また、全フレーバーでテイスティングも出来ますので、気軽に試食してお気に入りのアイスを見つけることが出来ます。
夏のお勧めは、旬の甘い香り漂うマンゴーや、あっさりとしたパパイヤ・パッションフルーツなど。粒まで入ったゴーヤーは、今回の収穫分では特有の苦味が少ないというので、こちらもぜひ味わってみてください。
店内には7人掛けの席があり、店先にはベンチも有りますので、歩きつかれて立ち寄った方でもゆったりと寛ぐことが出来ます。二階のカフェではパスタなどのランチメニューもありますので、お昼を過ごすのにも良いですよ。(ランチタイム:11:30〜15:00)
国際通りのお休み処「パーラーわくた」は、パレット久茂地の斜め向かいでアクセスも便利。暑い夏の日、ゆったりと島のアイスタイムを満喫してくださいね。
店内には7人がけのテーブル
ランチには、二階のお店も利用できます
お品書き
・アイスクリーム 
・ぜんざい 
・かき氷 
・シャーベット (ゴーヤー、パイン、パパイヤなど各種フレーバーあり) 他
データ
・住所
那覇市松尾1-1-1
・電話番号 098-866-3289
・営業時間 10:00〜21:00
・定休日 無休
・地図
島に馴染んだ懐かしの味 ブルーシール牧港店
沖縄でアイスクリームといえば、やっぱり誰もが知ってる「ブルーシール」! 地元でも馴染み深く、長年愛されてきたアイスクリームです。バニラやチョコレートなど定番のフレーバーの他、今夏は3種類の新顔も登場しました。
まずは爽やかな海色の「ブルーウェーブ」、バナナとパインとココナッツという南国感たっぷりの「バナパコ」マンゴーに紅イモ、ゴーヤーにサトウキビなど、県産品を素材にしたフレーバーも多く揃えていますよ。
ブルーウェーブ 巨峰&アロエ バナパコ
ブルーウェーブ 巨峰&アロエ バナパコ
また、シングル以外でアイスクリームのお勧めといえば、ブルーシールのオリジナルパフェ「Heartfull parfait」。ストロベリーソースのかかったバニラソフトクリームに、「ブルーウェーブ」とストロベリーチーズケーキアイスが添えられ、プチウエハースとチェリーが2つずつ乗った可愛らしいパフェです。
ご自宅での楽しみたい方には、お土産用に「ギフトパック」も全国発送しています。
オリジナルパフェ「Heartfull parfait」を購入すると、ブライダルBookをプレゼント!
国道58号線では、この看板を目印にお越しください
お品書き
・アイスクリーム
・トロピカルコーン
・ウェルカムサンデー 
・ビッグディップアドベンチャー
データ
・住所
沖縄県浦添市牧港5-5-6
・電話番号 098-877-8258
・営業時間 9:00〜翌1:00
・定休日 無休
・URL http://www.blueseal.co.jp/
・地図
冷やし物コラム ■ 昔々のアイスクリーム
今でこそ親しまれている日本製のアイスクリーム。一昔前は、沖縄ではなかなか馴染まれなかったそうです。
というのも、復帰直後の沖縄は輸入品に囲まれての生活。島の人たちは、日本の味覚に親しんでいませんでした。チョコレートといえばHERSHEY'S、アイスクリームといえばブルーシール。そんなこってり味に溢れていた頃、日本の食べ物の味は、沖縄の人々にはサッパリし過ぎに思えたのだとか。
また、ブルーシールのアイスクリームは、香料も他のアイスクリームメーカーとは別物。味、香り、そして英字で書かれたパッケージという見た目。これが日常だった島の暮らしに、県外から運ばれる食品は珍しいものだらけだったのでしょうね。
今ではあっさり味もこってり味も人気のアイスクリーム。コーンの種類も増えてきて、これからもまだまだ変化が楽しめそうですよ。
昔々のアイスクリーム
  (2015.6.22更新)

TOP 沖縄本島 ぜんざい編 沖縄本島 アイスクリーム編 宮古諸島 八重山諸島



美ら島物語食べる沖縄本島・離島の冷た〜いおやつ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる