ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄そば博物館
沖縄本島
 北部

 ・山原そば
 ・夢の舎
 ・前田食堂
 ・宮里そば
 ・新山食堂
 ・八重そば
 ・美ら花 名護本店

 中部
 ・麺そーれ
 ・びん玉
 ・島そば
 ・海が見えるそば家
 ・宮古そば 愛
 ・そば処 亀
 ・なーざと屋
 ・根夢
 ・ゆい
 ・てんぷす
 ・一方通行
 ・高江洲そば
 南部
 ・むつみ橋 かどや
 ・どらえもん
 ・大東そば
 ・だるまそば
 ・若狭パーラー
 ・亀かめそば
 ・うるかそば
 ・田そば
 ・首里そば
 ・てぃあんだー
 ・御殿山
 ・てんtoてん
 ・歓会門
 ・玉家



■ 八重山
■ 宮古諸島
 ■ 沖縄本島<南部<那覇
祖母から母、息子へと受け継がれた、昔ながらの手打ち麺。 歓会門 祖母から母、息子へと受け継がれた、昔ながらの手打ち麺。 歓会門
麺に練りこんだ灰汁(アク)は、樫やガジュマルを燃やして採ったもの。麺に最も適した濃度になるよう数種類の灰汁をブレンドし、毎朝、オーナー自ら麺を作る。気温や湿度の微妙な変化で麺の状態が変わるという大変な作業を支えているのは、「お客さんにおいしい麺を食べてもらいたい」という「うむい」。祖母、母、息子。3代にわたる「うむい」を噛みしめ、じっくりと味わいたいそば。
毎朝、アクを練り込み作られる手打ちの麺 昔懐かしの味を出すスープ
  手打ち麺
  スープ 豚骨、いりこ、チキン and more
  こんな人にオススメ 40〜70代の方、手打ち麺が好きな方、昔ながらのそばを味わいたい方
そばと一緒に外の景色も楽しめる
鍋の中では、数種類ものダシが取られる
館長の太鼓判
ビジネスに失敗したオーナーが、再起をかけて始めたのが『歓会門』。北谷で沢山の人の支持を得ていた、いわば「そば名人」のお母さんが麺作りを息子に教え込んだ。そのお母さんは、自分のお母さんからそば作りを学んだ。お祖母ちゃんからお母さん、そして息子へと受け継がれている。たかが「そば」、されど「そば」。一つのそばに、実に沢山の物語がこめられているんだよ。
麺は木灰汁を練りこんでいながら、ツルツルしていない。柔らかいけれど、コシがある。柳や竹の様にしなって歯を跳ね返す。木灰汁を使った麺では、一番好きかもしれないな。スープもシンプルにうまい。子供の頃に食べた、お袋が作ったそばの味に近いから、40代から70代の人にとっては昔懐かしい味だと思う。「ズミ!」(最高)だね。

 麺はプリプリしていてソフトな歯ざわり。噛むと、出汁がジワ〜ッと滲み出ておいしい。大きな窓から見えるテニスコート。店内も広くて清潔。お店の方の対応もきびきびとしていて、気持ちいい。そばは食べ終わった後、「フ〜ッ」と和む懐かしい味。量も適度。爽やかな食後感です。(助手)

メニュー データ
・歓会そば 
・フーチバーそば
・てびちそば 
・軟骨そば 
・野菜そば
・レディースセット
・お子様そば 
・定食 
住所:沖縄県浦添市当山2丁目1−2
TEL:098-988-9215
営業時間:11時〜22時

定休日:無休
駐車場:あり

 
  (2015.06.09更新)
美ら島物語食べる沖縄そば博物館沖縄本島のそば

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる