ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄そば博物館
沖縄本島
 北部

 ・山原そば
 ・夢の舎
 ・前田食堂
 ・宮里そば
 ・新山食堂
 ・八重そば
 ・美ら花 名護本店

 中部
 ・麺そーれ
 ・びん玉
 ・島そば
 ・海が見えるそば家
 ・宮古そば 愛
 ・そば処 亀
 ・なーざと屋
 ・根夢
 ・ゆい
 ・てんぷす
 ・一方通行
 ・高江洲そば
 南部
 ・むつみ橋 かどや
 ・どらえもん
 ・大東そば
 ・だるまそば
 ・若狭パーラー
 ・亀かめそば
 ・うるかそば
 ・田そば
 ・首里そば
 ・てぃあんだー
 ・御殿山
 ・てんtoてん
 ・歓会門
 ・玉家



■ 八重山
■ 宮古諸島
 ■ 沖縄本島<北部<本部
これぞ手打ち麺! モチモチ麺になじむスープの妙味を味わって ゆい
木漏れ日と木々の間を通り抜ける風の音。山の息吹に耳を傾けていると、ス〜ッと日々の疲れが溶けていく。休日になると訪れて、そばを食べては昼寝をし、半日充電して帰っていく男性客もいるのだとか。歯応えのある手打ち麺を、食べる人の好みの柔らかさに蒸らせるように、と丼に添えられた蓋、旬の野菜を使った小鉢など、「おもてなしの心」にあふれたお店。
手打ちのコシを味わってください! 旨みたっぷりのスープを召し上がれ
  ガジュマル木灰使用の手打ち麺
  スープ かつお節をベースに8種類の野菜をブレンド
  こんな人にオススメ コシのある手打ち麺が好きな人、癒し系の雰囲気が好きな人、とにかくユックリくつろぎたい人
風情ある趣
これぞ木灰手打ち麺手打ち麺にこだわる
館長の太鼓判
久しぶりに豊里実令が皆さんにお勧めしたい、手打ち麺の店が本部にある。その名も「夢の舎(ゆめのや)」。以前は首里(那覇)にあったのだけれど、ここ数年は姿が見えなかった。「おかしいなぁ、どうしたんだろう」と思っていたが、山原(やんばる)に通ううちに、「夢の舎」と書かれた看板を発見した。「あれ、もしかしてここなのかな?」と探してみたが、見つからなかったこと数回。だけど、この間、「今日こそは絶対に辿り着いてやる!」と探し回り、やっと再会できたというわけ。
肝心のそばは「これぞ手打ち麺」というコシと弾力。麺を打っている旦那さんは陶芸家だそうで、彼曰く「土をこねる要領と麺をこねる要領は同じ」なんだそうだ。不揃いの太さも手打ち麺らしくて良い。木灰を使った麺を好きな人はぜひ、行ってほしい。仮に木灰が好きじゃなくても手打ちのコシというのを楽しみたかったら、こちらもぜひ行ってほしい。コシと弾力、最高。まさしくズミ!だね。



 オーナーの又吉妙子さんは、とにかく明るく優しい女性でおしゃべりが楽しい。陶芸家のだんな様が麺を担当。「土をこねるのと麺を打つのは、空気の抜き方がまるで同じ」なんだそう。1日だいたい60食。口の中で跳ねるような弾力とコシが持ち味の麺。うまみたっぷりのスープとともに、一気呵成に食べたいそば。味、雰囲気どちらも◎。大好きなお店だなぁ。 (助手)

メニュー データ
・ソーキそば 
・三枚肉そば 
・フーチバーそば 
・生モズクそば 
その他メニュー多数あり
住所:沖縄県国頭郡本部字古島兼増原794-2
TEL/FAX :0980-48-4529
営業時間:11時〜17時
定休日:月曜日
(祝日の場合は営業)
駐車場:有り


(2015.06.09更新)
美ら島物語食べる沖縄そば博物館沖縄本島のそば

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる