ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

ぬちぐすい
tamaさんからのお便り
 


 それがいつの事であったのか、今となっては定かではないが、ある一枚の写真に私は強く心魅かれた記憶がある。
 それはたぶん沖縄の、ため息が出そうな位、青い青い海を写した写真だったように思う。青い海を見ていると、なぜだか心が穏やかになる。言葉ではうまく表現出来ないが、単純な感情ではなく、どこか体の奥深い所の細胞が、海の青に包まれている。そんな感覚があるのだ。
 その時から海の青は、私にとって特別な意味を持っていたのだろう。


 大学3年の夏、とても悲しい事があった。初めは何もかも信じられないでいた私は、思ったより普通に生きていた。
 ところが時の流れと共に、悲しみは薄れるばかりか、ついには自分が生きている事さえ許せず、言い知れぬ不安と恐怖に駆られ、何も出来ずに毎日をただ泣いて過ごしていた。これ程までに生きている事を辛いと思った事なんてなかった。


 このままでは自分がダメになってしまう…何をしても楽しめず、何かをしたいという感情すら湧いて来なくなっていた時、ふと青い海を見たいと思った。その時私は、海の青に癒しを求める旅に出る事を決意した。


  8月も終わりに近づいたある日、私は東京から遥か南の石垣島に降り立った。生まれて初めて訪れた八重山の風景に、ここは東京と同じ日本なのだろうかと、思わず疑ってしまう。
 何よりも時間の流れが違う。市街地に流れる独特の雰囲気、今にも喋り出しそうなシーサーの目、名も無き美しいビーチの波、どこまでも続くサトウキビ畑に吹く風…。どれも1秒が長く感じられた。


 島最北端の平久保崎で私は体全体に海の青を取り込んだ。一面に広がる青の風景。グラデーションのようなその美しさは言葉では表わしがたく、ただただ美しかった。
 ふと気付くと、音が無い。サンゴ礁の遠浅の海は、信じられないほど波が穏やかだ。これほどまでに時間も音も無い世界を私は知らない。目をつぶって大きく深呼吸する。温かく青い空気で体中が満たされた。
 しばらく経って何かの音に気付く。それは自分の生きている証拠。そのうちに、かすかな波のさざめきが、その音に呼応するように聞こえてくる。


 ああそうだったのか、と私は理解していた。私の心が海の青を求めた訳を。


 夕方になって、誰もいないビーチに座り、ただぼんやり水平線を見ていた。都会と同じ太陽が沈んでいく。もうすぐここにも夜の青が訪れるのだろう。物言わぬ夕凪の海はこの上なく優しく、私の苦しみや痛みを深く深く包んでくれた。


 やがて太陽が水平線に完全に沈んでしまう前に、私はしっかりとその場に立ち上がり、大きく一つ深呼吸すると、遥か彼方の水平線を真っ直ぐに見つめながら「ありがとう」とつぶやいて、小さく笑っていた。


image1









image2









image3








image4









image5



 
(2007.08.06掲載)
あなたのぬちぐすい体験お待ちしています。 
  




美ら島物語ぬちぐすい

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる