おきなう

2013年12月27日号
旧暦:十一月二十五日
天気:曇り
気温:17度

 

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【12月の沖縄】 

冬至の頃になると強い北風とともに寒波が訪れる。海もシケの日が多くなるため注意が必要だが、水温が20度以上なので、この季節でもダイビングが楽しめます。白い砂浜が眩しく輝く中、リゾートアイランドでクリスマスを迎えてはいかがですか。

●12月平均気温(1981〜2010気象庁データ)
◆那覇市 18.7度  (最高21.2度、最低16.3度)湿度平均66%
◆宮古島 19.7度  (最高22.0度、最低17.8度)湿度平均70%
◆石垣島 20.1度  (最高22.7度、最低18.0度)湿度平均69%
◆久米島 18.6度  (最高21.0度、最低16.1度)湿度平均66%
◆与那国島19.8度  (最高21.9度、最低17.9度)湿度平均72%
●平均水温 23.9度
●服装 風が強くなります(長袖シャツ、ジャケット、ジャンパー)






◎カヌチャリゾート・スターダストファンタジア
 11月1日(金)〜2014年2月28日(金)
 

沖縄本島北部/名護市/カヌチャリゾート敷地内
カヌチャリゾートの恒例で、そして大人気イベント、約100万球の光で彩られる“スターダストファンタジア”が今冬も開催されます。庭やプールなどを幻想的に彩り、ファンタジックな世界を演出。また、ファンタジアのシンボルとなる「マザーツリー」では、毎日「スイッチング・オン・セレモニー」が開催され、ゲストたちの手でイルミネーションが点灯されます(有料)。環境への配慮として、マザーツリーのLED化や、カーボンオフセットへの取り組みも実施。もちろん宿泊していない方も入場券を購入すれば見学できます
【問合せ】コンシェルズデスク(0980)55−8880(代表)
沖縄 カヌチャリゾート カヌチャベイホテル&ヴィラズ
カヌチャ スターダストファンタジア
美ら島物語 カヌチャ・ステラ教会

◎第15回 130万県民「平和の光」いとまんピースフルイルミネーション
 12月14日(土)〜1月3日(金)
 

沖縄本島 南部/糸満市/糸満観光農園
風力発電施設の電力を利用した、南の島のほのぼのとした、平和への祈りをこめたイルミネーションです。また例年、レーザーショーや音楽祭にステージイベントも開催されますので、ご来場の際は、下記サイトよりプログラムをご確認のうえ、おでかけください。なお会場は、アセロラ・ワインやパッションフルーツ・ワインで知られる、糸満観光農園。毎年、趣向を凝らしたアットホームなイルミネーションが灯されると、南の島の短い冬を楽しむべく、カップルやファミリーでにぎわいます。屋台も並ぶので、ここで軽い夕飯を食べてもいいかも。点灯時間は18時〜22時。但し大晦日のみ、〜24時半まで点灯します。【問合せ】糸満市商工観光課(098)840-8135
糸満観光農園HP   糸満市商工観光課

◎沖縄こどもの国 第18回クリスマスファンタジー’13
12月21日(土)〜29日(日)
 

沖縄本島 中部/沖縄市/沖縄こどもの国
当然ながら、沖縄には雪は降りません。というわけで、沖縄っ子は“雪”にあこがれるのです。どんな冷たさなのかな、どんな触り心地なのかな、と・・・。そんな沖縄っ子のハートをくすぐるのがこのイベント。毎冬、南の島“沖縄”の夜に、雪を舞わせてくれるロマンチックな恒例イベント。くわえて花火&沖縄最大級のレーザーアトラクションもおこなわれる人気イベントでもあるのです。開催時間や入場料金などは、日が近くなりましたら下記サイトに掲載予定。お楽しみに。なお、会場となる「沖縄こどもの国」は、ライオンやカバ、ゾウ、さらにアグーやセマルハコガメなど沖縄ならではの生き物にも会える、動物園です!
【問合せ】実行委員会(098)936-0134  沖縄こどもの国

◎第36回 摩文仁・火と鐘のまつり 12月31日〜2004年1月1日(水)
 

沖縄本島 南部/糸満市/沖縄平和祈念堂
会場の、沖縄平和祈念堂がある平和祈念公園は、沖縄本島南部の沖縄戦終焉の地、糸満市摩文仁(まぶに)の丘陵を望む場所にあります。公園内には、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ“平和の礎(いしじ)”や、戦前から戦中戦後と沖縄の歩んできた道のりがわかる“平和祈念資料館”などがあり、全国から多くの人々が訪れる場所となっています。毎年恒例の「摩文仁・火と鐘のまつり」は、参加者一人一人が、平和への願いを込めて年を送り、新たな年を迎える行事。参加者全員でたいまつを掲げ、午前零時に鎮魂の大聖火を焚き、平和の鐘を打ち鳴らします。2013年12月31日の午後10時〜2014年1月1日午前1時におこなわれます。
【問合せ】沖縄平和祈念堂(098)997-3011
沖縄平和祈念堂
http://homepage2.nifty.com/kinendo/index.htm
沖縄県平和祈念資料館 →
http://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/

◎正月催事「新春果報でーびる」 1月1日(水) 〜3日(金)
 

沖縄本島 北部/本部町/海洋博公園
県内外のお客様によろこばれている、新春恒例行事です。期間中は例年、海洋博公園内のあちらこちらで華やかな琉球宮廷舞踊、民衆の息吹を感じる雑踊り、くわえて男たちによる迫力ある棒術、もちろんエイサーなどを観ることもできます。また、餅つき体験&振る舞い餅、沖縄の伝統料理を振る舞う“くわっちー振る舞い”などが行われたり、琉装体験、ぶくぶく茶体験などが楽しめたりもしています。今春の、場所や時間などの詳細が記載されたプログラムはまだ未定ですが、例年、決まり次第下記サイトにて紹介されますので、お正月に訪ねる予定がある方はぜひご確認ください。なお屋外でのプログラムは、荒天時は中止になることもあります。ご了承ください。
【問合せ】海洋博公園管理センター(0980)48-2741
海洋博公園公式サイト
http://oki-park.jp/index2.html

首里城公園 新春の宴 1月1日(水) 〜3日(金)
 

沖縄本島 南部/那覇市/首里城公園 御庭(有料区域)・下之御庭(無料区域)
元旦と2日は、琉球に王が君臨していた時代に、首里城にて、元旦の早朝おこなわれていた「朝拝御規式」(ちょうはいおきしき)を、3部構成にて再現します。足を高くあげつつ歩く、王の歩き方。儀式でもちいられる言葉が中国語であること。祭壇を拝むときの役人たちの並び順。これらにも、ぜひ、ご注目いただければと思います。なお儀式の再現にあたっては案内放送もはいるので、予備知識ゼロでも楽しめます。琉球ならではの装束や、つかわれる道具も、お楽しみください。
また期間中は毎朝、一日の始まり告げる“奉神門の御開門(うけーじょー)”の後、琉球の宮廷音楽“御座楽(うざがく)”(15分程度)の演奏がおこなわれ、来園者をおごそかに迎え入れます。異国情緒あふれる音色を、ぜひお楽しみください。くわえて下之御庭(無料区域)では、新春の首里城にふさわしい華やかな宮廷舞踊などを鑑賞することもできます。のんびりと訪ね、琉球国の中枢としてフル稼働していた当時の首里城に、思いを馳せてみてください。
【問合せ】首里城公園管理センター (098)886-202
首里城
http://oki-park.jp/shurijo-park/
首里城 新春の宴
http://oki-park.jp/shurijo-park/event/shinshun.html

県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報  オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 

 

 
 第4回「沖縄物産展」  11月7日(木)〜13日(水) 
 東武百貨店船橋店6階イベントプラザ 024-521-5151

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト

 

今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在、北北西の風11.9メートル、気温16.0
度、写真を撮った時は青空が広がっていましたが、それから20分ほど経って、また、雨雲が北風に乗ってやってきました。
今日の最高気温は17度の予報です。
みなさま、2013年も美ら島物語、週刊沖縄情報おきなうをお読みいただきまして、誠にありがとございました。
2014年も南の島からいまの季節をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
怪我なく病気なく、元気で楽しい新年をお迎えくださいませ。

桜開花♪

今週の月曜日、本島北部八重岳へ行ってきました。毎年、一番早く咲く桜の木を確かめに。
やっぱり咲いていました。カンヒザクラが。
まだぽつぽつ咲いていて、木全体が花で染まっているわけではありませんでしたが、ほかにも数本の木に花が見られました。
八重岳では1月中旬から桜まつりがはじまり、多くの人でにぎわいます。
冬桜で染まる山道を車で走りながら、ちょっぴり早い春の色を感じて心もホンワカ温かくなります。


晴れるとぽかぽか

瀬底島の瀬底ビーチ。
透明度が高くなった海は、エメラルドのクリーンな波が何度も寄せてきて、美しい世界が広がっていました。

北風が強いと、やはり寒くなりますが、晴れの日の陽射しは心地よく、風が穏やかな日は外を歩いていると汗ばむこともあります。

スギ花粉も飛ばない南の島沖縄は、避寒地としても人気で、花粉シーズンは毎週末、沖縄で過ごす方もいるほど。背伸びして深呼吸して力を抜いて過ごせますよ。

民宿沖縄時間

最近名護で宿泊するとき、よく利用するようになったのは「民宿沖縄時間」。
名護バスターミナルの裏にあります。客室は4室。部屋にはシャワーとトイレが付いています。ご夫婦でやっている民宿で、たまにおとうさんの有人のピアニストを呼んで、ピアノのライブも行ったりします。

部屋はシンプルですが清潔で静か。
とても落ち着きます。
この日は外でばんごはんを食べたのですが、戻ってくると、泡盛セットがリビングのテーブルに置いてあるのが庭から見えました。
んん?飲んでいいのかなと思いながらリビングに行きました。すると、おかあさんが来て、よかったらどうぞと言ってくれたので、まったりと夜を過ごしていました。しばらくするともう一人、韓国からサンシン合宿参加のためにやってきた一人旅の女性が戻ってきたので、一緒に宴会。おいしい古酒をたっぷりと頂きました。
まさに、心地よい沖縄時間が、ゆったりと流れていきました。

こちらは「民宿沖縄時間」の朝食です。
旅の時は野菜不足になりがちだからと、ヘルシーでおいしい野菜メインの料理をおかあさんが作ってくれます。
オーナーご夫妻のお話や、くつろげる空間、一度泊まると、ぜひまたここにと思う人が多いのも納得です。
玄関を開けると「ただいま〜」と言いたくなる、素敵な宿ですよ。

 
先週のおきなう

宮古      石垣

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.