おきなう

2014年1月24日号
旧暦:十二月二十四日
天気:曇り
気温:18度

 

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【1月の沖縄】 

沖縄も真冬を迎え、季節風が強い日は寒さを感じるが底冷えはしない。中旬からは桜も花開き一足早い春の色が楽しめる。
平均気温 (1981〜2010年気象庁データ)
那覇市 17.0度 (最高19.5度、最低14.6度)湿度平均67%
宮古島 18.0度 (最高20.4度、最低16.0度)湿度平均75%
石垣島 18.6度 (最高21.6度、最低16.9度)湿度平均72%
久米島 16.7度 (最高19.6度、最低14.5度)湿度平均68%
与那国島18.4度 (最高20.5度、最低16.4度)湿度平均77%
●平均水温 22.6度
●服装 厚手の服、トレーナー、ジャンパー、Gパン



◎カヌチャリゾート・スターダストファンタジア
 11月1日(金)〜2014年2月28日(金)
 

沖縄本島北部/名護市/カヌチャリゾート敷地内
カヌチャリゾートの恒例で、そして大人気イベント、約100万球の光で彩られる“スターダストファンタジア”が今冬も開催されます。庭やプールなどを幻想的に彩り、ファンタジックな世界を演出。また、ファンタジアのシンボルとなる「マザーツリー」では、毎日「スイッチング・オン・セレモニー」が開催され、ゲストたちの手でイルミネーションが点灯されます(有料)。環境への配慮として、マザーツリーのLED化や、カーボンオフセットへの取り組みも実施。もちろん宿泊していない方も入場券を購入すれば見学できます
【問合せ】コンシェルズデスク(0980)55−8880(代表)
沖縄 カヌチャリゾート カヌチャベイホテル&ヴィラズ
カヌチャ スターダストファンタジア
美ら島物語 カヌチャ・ステラ教会

◎本部八重岳桜まつり 1月18日(土) 〜 2月2日(日)
 

沖縄本島 北部/本部町/八重岳桜の森公園周辺
沖縄の冬の終わりを彩るのは、カンヒザクラという緋色のサクラ。本部半島にある八重岳(標高453km)は、このカンヒザクラの名所で、山裾から山頂までが約7000本のサクラで彩られるのです。ちなみに、沖縄本島の3大桜名所はここ八重岳、名護城、そして今帰仁城址。桜の開花状況に応じて、行き先をお選びいただければと思います。道路が渋滞しますので、おでかけの時間帯は早めがおすすめ。
【問合せ】本部八重岳桜まつり実行委員会(0980)47-2700
もとぶ町観光協会
http://www.motobu-ka.com/
美ら島物語 めんそーれ花咲く美ら島へ

◎今帰仁グスク桜まつり 世界遺産・今帰仁城跡と桜のライトアップ
 1月18日(土) 〜 2月2日(日)
 

沖縄本島 北部/今帰仁村/今帰仁城跡
桜咲く今帰仁城が、琉球ガラスのあかりや、子供たち手作りのろうそくのあかりなどで、ライトアップされます。波打つようにのびる城壁がライトアップされるさまは、もはや今帰仁の風物詩。のんびりと訪ねてみてください。
【問合せ】今帰仁村グスク交流センター(0980)56-4400
今帰仁村歴史文化センター  http://rekibun.jp/
世界遺産 今帰仁城跡 公式サイト  http://nakijinjo.jp/


◎御願解き(ウガヮブトゥチ)1月24日(金)
 

沖縄県
旧暦12月24日は、カマドを掃除し、ヒヌカン(火の神)への一年の感謝と祈願を解く日。というわけで現代では、カマドはキッチンとなるわけで、一家を見守るヒヌカンがいらっしゃる台所を清め、お供え物をします。そうしてこの一年間に叶えられた願いごとや、しあわせだったことを感謝し、不幸なことなどは解消されることを願うのです。くわえて、昨年の“願(がん)”をほどくのです。沖縄ファンの皆さまも、この日にご自宅の台所の掃除をしてみませんか? 気持ちがすっきりするかも、しれませんよ。

◎石垣島マラソン 1月26日(日)
 

八重山諸島 石垣島/石垣市/石垣市中央運動公園陸上競技場
2014年の初走りは、石垣島で! 石垣島マラソンは、日本中からランナーが集まる大会で、コースはフルマラソン、23km、10kmの3種。本大会よりコースの一部が変更になっていますので、参加者は、下記にリンクした公式サイトにてご確認ください。ちなみに八重山には大きなマラソン大会は3つあります。ぜひ「やまねこマラソン大会(西表島)」と「与那国一周マラソン大会」も走って、3大会制覇を目指してくださいね。
【問合せ】石垣島マラソン大会事務局(0980)88-6666
石垣島マラソン2013
http://www.ishigakijima-marathon.jp/index.php

◎粟国マースヤー 1月30日(木)
 

粟国島/粟国村/粟国村内
マースヤー(塩売りの意)は、粟国島に100年続くといわれている伝統ある行事です。旧暦の大晦日の夕方からはじまり、各家々をめぐり塩売り役は口上を述べ、そののち庭で歌や踊りを披露しながら、翌元旦の未明まで各家々を練り歩き、無病息災と豊穣を祈り、旧暦の新年を祝います。なおこの踊りは、粟国村にある11の地区それぞれに受け継がれている踊りの型があり、それを披露しているのだそうです。また、この儀礼に登場する塩には、新しい生命力を与える呪力がある、とされていたのではと、考えられるのだそうです。粟国島を訪ねてみたい方は、旧暦正月2日の“船起こし”とあわせて旅程を組み、粟国島の旧正月を体感してみてはいかがでしょうか。もちろんお土産は、粟国島生まれの塩で決まり。(参考資料:「おきなわ民俗学散歩 シマの見る夢」(著:赤嶺政信/出版:ボーダーインク)粟国島(浜部落)の正月P85〜)
【問合せ】粟国村役場経済課(098)988-2016
粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp/
「美ら島物語」粟国島情報
http://www.churashima.net/shima/aguni/index.html


◎旧正月 1月31日(金)
 

沖縄県全域
旧暦の元旦です。沖縄は、各種伝統行事が旧暦でおこなわれています。よって旧正月には沖縄県各地で、ソーキ汁(豚のスペアリブ)などのおごちそうを用意して新年を祝います。ただし、沖縄本島そばの久高島では、正月に豚肉を食べることはタブーなのだとか。また八重山諸島の黒島では、沖縄県では珍しい“正月の綱引”がおこわれたりも。ひとことで沖縄の旧正月といっても、県内各地でその行われ方も様々なのです。旧正月前の活気ある市場や、旧正月当日の漁港などへも足をのばし、沖縄の正月を感じてみてください。(参考資料:「おきなわ民俗学散歩 シマの見る夢」(著:赤嶺政信/出版:ボーダーインク))
美ら島的・旧正の歩き方(糸満と浜比嘉島)

県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報  オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 

 

めんそ〜れ沖縄展  1月22日(水)〜27日(月) 
新潟伊勢丹 6階催事場 TEL:025-242-1111

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前9時現在、北北東の風3.2メートル、気温15.9
度、青空が眩しい那覇です。

今日はおだやかな一日で、最高気温も20℃。明日は22度まで上がる予報で、春感日よりになりそうです。那覇でも桜が咲き始め、街に春の色が膨らんできました。
そろそろ磯が緑に染まり、アーサの収穫の季節がやってきます。南の島では季節が間もなく動き始めようとしています。
26日(日)は石垣島で石垣島マラソンが開催され県内外から多くのランナーが南の島を走り抜けます。また、石垣島の請福酒造では、岩手と石垣島の米を半分ずつ用いて作った泡盛も、酒造所内のみで限定販売するそうなので、週末石垣島へ行かれる方は、立ち寄ってみてくださいね。

晴れるとぽかぽか

冬は天気が変わりやすく、雨の日でも陽射しが注ぐことが結構多い沖縄。朝の出勤時に虹が出ることも多くなります。
こちらは出勤前に自宅ベランダから撮ったもの。左側は虹の中、右側は外。
明るさと輝きが違います。虹の中に入ると、風景がキラキラ黄金色に輝いて見えるんですよね。


名護の桜

本部町八重岳の桜は、ほぼ満開になりましたが、今週末に桜まつりが開催される名護市の「名護城公園」はこれからがまさに見頃。

名護城公園のてっぺんの展望台からは、街並み東シナ海がワイドに見渡せます。

去年はまとまって避けなかった名護城公園の桜ですが、台風の影響も少なかったため、今年はまとまって咲いています。花も去年より多め。

那覇でも桜が開花して、もうすぐ宮古や八重山でも、咲き始めるころでしょう。春は近い♪
十兵衛 新装オープン

本部にある「割烹十兵衛」。
道路拡張で立ち退きになりましたが、この度新装オープン。
以前と比べると少しコンパクトになりましたが、厨房も、とても機能的な雰囲気で、店内も明るくなりました。
毎日名護の競り市場まで行って、新鮮なイセエビや魚を仕入れてきているので、いけすにもイセエビやミーバイが泳いでいます。
また、今回新しく立て替えた店舗の上は2組限定の宿になっています。
近いうちに美ら島物語でもご紹介しますのでご期待くださいね。
【割烹十兵衛】
沖縄県国頭郡本部町大浜862-5
電話980-47-2539


 
先週のおきなう

  

       

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.