ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

島人インタビュー D-51
Yasu [Yasuhide Yoshida] D-51メンバー紹介
Yu [Yu Uezato]
音楽スクールが二人の出会いの場
二人で歌うことの可能性
D-51結成まで

Yu:僕が高校生の頃、大阪で活躍していたダンスチーム『ブロンクス』のビデオに衝撃を受けて、ストリートダンスを始めました。でもバックに流れているダンスミュージックに魅了されて『本格的に歌を歌ってみたい』と思うようになったんです。
その時はまだ唄い方も知らないので、ひとり音楽スクールへ通い歌のレッスンを始めました。
半年ほどして友人に紹介されてYasuと出会ったのですが、まったく違う個性を持ったお互いが二人で歌うことに楽しさを覚えて、デュオを結成しました。

Yasu:僕は、好奇心が旺盛なのですが中学、高校時代いろいろスポーツに興味を持って部活をやってみたものの、あまり長続きしなかったんです。
でもふとしたきっかけで、高校の同級生とロックバンドを結成して、学園祭で体育館のステージに立ち、人前で歌う快感を思えて以来、歌の世界にどっぷりとはまっていったんですよ。
高校を卒業してしばらく音楽から離れましたが、その後バンド関係の友人に紹介されたスクールでYuと出会ったんです。そして、二人で唄ってみたらいいかも?!って思い、ひとつの歌を歌うということで何か道が開けるじゃないかと思ってD-51を結成しました。

二つの色

最初に興味を持った音楽でいうと、お互いかなりテイストが違うんです。
もともとダンサーだったこともあって、久保田利伸さんやDA PUMPといったブラックミュージック系から入った僕(Yu)と、高校の頃ハードロックバンドでモトリークルーやスキッドロウ、それにあの沖縄の伝説のバンド「紫」もコピーしていたYasuの組み合わせですから。でもこういった違いって別に気にならないんですよ。
スタイルの違いは個性だと思っています。
でも二人とも、小田和正さんや槇原敬之さんの曲が大好きなんです。だってメロディーがすごくきれいで、詞も日本語だから直接心に響いてきて、伝えるということをいつも学ばせて頂いています。


お互いの違いは個性、と語るYuさん
週3日のストリートライブを続け、得た経験が今へ
週3日のストリートライブを続け、得た経験が今へ

ストリートライブ

僕たちはこの1年間、毎週金曜日から日曜日の週3日、ずっとストリートライブを続けてきました。音響機材をどう調達すれば良いのか?、ストリートという文字通り何もない舞台でどうパフォーマンスすればお客さんの心をつかむことができるのか?、など、最初はまさに試行錯誤の連続でした。こういったひとつひとつの積み上げが、今の僕たちを支えてくれていると思います。
また、その結果として自主制作アルバム5,000枚を手売りで完売できたんですけど、それは僕たちにとってとても大切な時間だったと思っています。

前へ次へ




美ら島物語島人D-51

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる