ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

おきなわの歌姫 神谷千尋
歌の想(うむ)いを伝える
大島保克仲田かおり…。優れた歌い手達の歌には、「島」がある。目を閉じて、耳を傾けると、すぐに島の風景が心に描き出されるのだ。
神谷千尋の歌にも、「島」がある。広い空と、青い海。そして、優しい風のにおい。彼女の歌を聴くたびに、島でしか味わえない開放感、そして身も心も清らかになる感覚が甦る。


「自分の生まれた島っていうのは、すごく大きいし、大切。今でもおじいちゃん、おばあちゃんが向こうに住んでいるんですよ。だからたまに帰った時は、すごく落ち着いて、忘れていた事を思い出したりします」
歌の想(うむ)いを伝える
忘れていた事とは、ゆっくりと流れる時間、そして、やすらぎ。彼女の中に息づく、生まれ育った津堅島の記憶を、私達は「歌」を通して受け取っているのだろう。


また、歌っている時、彼女はその歌の内容に成り切るという。そして、それは「歌」一つ一つに込められた想いを表現するために、とても大切な事なのだという。


「例えば、島の歌だったら島をイメージして歌うし。おじいちゃん、おばあちゃんの事とか。片思いの歌だったらこんな気持ちだろうなぁとか。歌によって、気持ちの入れ込みも違うんですよ。でも、そういった歌の気持ちに成りきるためには、方言の意味とかどんどん理解していかないといけない。自分も民謡を始めて長いんですけど、まだまだ方言はわからない事が多いし。だから今はもっと勉強していかないといけないなって思っています」
歌の想(うむ)いを伝える 今後は、作詞や作曲も手がけていきたいという彼女。歌に関しては、「今の自分の年齢でできる事」すなわち、民謡とは違う「島唄ポップス」と呼んでいるオリジナル曲を歌う事で、若い人や本土の人達にも「沖縄の音楽ってこんなに良かったんだ」と思ってもらえるよう頑張りたいと語る。


「でも、年を取って味の出る唄ってあるじゃないですか? 将来は、昔からある沖縄民謡を三線一本で一人で歌っていけたらいいな、って思います」
ひとつ何かを経験する度に、深みを増す彼女の声。
気負わずに、たおやかに。
これからも彼女は、神谷千尋の歌、沖縄の歌を歌いつづけていくのだろう。
前へ 次へ




美ら島物語島人神谷千尋

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる