ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索


インタビューは、石垣市主催「とぅばら〜ま大会」当日。本来ならこの前日には大会の前夜祭が行われる予定で、それに出演予定だったマットさん。台風19号の影響で延期になってしまい残念だったけれど、彼は明るく流暢な日本語でいろいろな話をしてくれました。



Q 沖縄(石垣)に来たきっかけは?

A 95年から98年まで岡山や愛媛で英会話の教師をしながら、3年前、ロンドン大学で尺八の論文で修士課程を卒業したんです。それから博士課程に入ろうと思ったとき、次は何をしようか考えて再び日本に来ました。以前にネーネーズのコンサートを観て、沖縄の音楽に興味が沸いてきたんです。それで他にも民謡などのCDを聞く内に虜になってしまい、三線を手にしたのが今年の3月。それでますます夢中になって7月に、ついにここまで来ました(笑)。
Q 八重山民謡に惹かれたのはどうしてですか?
A CDで何度か聴いている内に八重山に伝わるユンタ、ジラバと呼ばれる労働歌に興味が沸いて、調べてみようと思ったんです。
Q それで博物館にも通ってるんですか?
A そうなんです。たまたま知合った博物館の館長に席まで用意してもらえて。昼間の時間がある時はここに来て、資料を探してます。
編)博物館には職員でないにも関わらず、事務所の中にはマットさんの席がありました。
Q 安里勇さんに出逢われたキッカケは?
A 安里さんのことはCDを何度も聴いて知ってました。沖縄本島に行った時、八重山民謡巨匠・山里勇吉さんに会って、「八重山に行ったら安里屋に行け」と紹介されました。それで実際に行って飛び入りで演奏したら、「毎日来て勉強したらいい」と安里さんに言われて。それから3ケ月。この先1年は石垣にいる予定です。
Q 地元のお祭りにも積極的に参加しているそうですね。
A お祭りはやっぱり参加して意義があると思う。だから、博物館のステージで行われたアンガマーでは花子として出演しました。実際に参加するのと観るだけでは、自分の中に伝わってくるものが随分違いますから、できる限りこれからも参加したいです。
Q ご自分で作詞や作曲などもされるんですか?
A 作詞は難しくてできないです(笑)。作曲は前はしてたけど、今は八重山の曲、他の地域の沖縄の曲を覚えることに専念してます。


編)なんと民謡のレパートリーすでに40曲を超えているそう!さすが、初の来日から7年もの年月が経っているだけあって本当に流暢な日本語を話すマットさん。まだ石垣に来て3ヶ月しかたっていないというのに、島のローカル誌、沖縄のテレビ局からの取材依頼が多く有名人。「ロンドンに帰ったらエイサー隊を作りたい」とこれからの抱負を語る彼は、これから沖縄・美ら島文化をグローバルに拡げていってくれそうです。
ちなみに、マットさんは来月から美ら島にエッセイを書いてくれます!お楽しみに!

もどる 英語版インタビュー
 

(2001.10.25掲載)





美ら島物語島人マット・ギラン

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる