ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

旧正月とは、旧暦のお正月。
伝統的な年中行事の全てを旧暦で行う沖縄では、新暦のお正月(新正)よりも旧正を盛大に祝う風習がありました。


むーとぅー家(本家)に集まる家族、親戚。
「いい正月でーびる」と、にこやかに、でも少しあらたまって交わすご挨拶。
天ぷら、中味汁、グンボー(ゴボウ)と昆布の煮つけ。山の様に盛られたサーターアンダギー…食卓に並んだ数え切れないほどの大ご馳走。
子供達ははしゃぎまわり、大人達は満足そうに杯を傾ける。
歌や三線が登場して夜遅くまで続く宴。
時代の移り変わり、学校や仕事の関係で新正にお祝いをする家が増え、旧正を祝う家は少なくなりましたが、それでもちょっと足を伸ばせば昔ながらの旧正の風景に出会う事ができます。


海人の町・糸満と、沖縄を創った神様が眠るといわれる浜比嘉島。2004年1月22日。二つの土地を歩いて見つけた旧正の風景をご紹介します。


 ■神の島・浜比嘉島の初日の出→
 ■糸満の旧正月→

取材・文 高橋百合香(美ら島物語編集部)

美ら島的・旧正の歩き方
美ら島的・旧正の歩き方
美ら島的・旧正の歩き方


神の島・浜比嘉島の初日の出
浜比嘉島は沖縄本島中部にある離島。今では海中道路という大きな橋でつながっていますが、かつては近隣の津堅島や久高島同様、島へ渡るには船が用いられていました。地元の人のドライブコースとしても人気がある一方、「浜の京太郎(チョンダラー)」や「勝連節」などの伝統芸能が残り、また、琉球開闢の始祖、アマミチューとシルミチューという二人の神様が祀られる神高い島としても知られています。


この浜比嘉島に初日の出を見に行きました。今年最初のメルマガに「風水では、正月三が日に朝日を浴びると1年幸せに過ごせるといわれているらしい」と何の気なしに書いた一文を友人が読んでいて、「沖縄だったら、新正よりも旧正の朝日の方がご利益が高いはず!」と誘ってくれたのです。普段はごく普通に暮らしていても、「正月」となると少しだけ信心深くなるから不思議です。二つ返事で、今年1年の幸せを祈りに行く事にしました。


当日の日の出は午前7時15分頃。那覇市内から浜比嘉までは、高速道路を使って1時間弱。まだ暗い内から出発しました。道はもちろん空いています。ぽつぽつと灯った街灯。遠くで黒くうねる海。沖縄の夜は深いです。
データ
・浜比嘉島へのアクセス
 沖縄自動車道・沖縄北I.Cより県道36、224、10、海中道路経由40分。
 ※一見、何の変哲もないのどかな島だが、至る所に拝所や御嶽があり、神高い島ならではの静けさと落ち着きがある。周辺には勝連城跡やビーチがあり、観光にも良い。
浜比嘉島へ着き、車の中で夜明けを待っていると、後ろから1台の車がやってきました。ガヤガヤと降りてきたのは4、5名のおば様方。彼女達もご利益を受けにきたのでしょう。まだ日の出まで20分近くあるにも関わらず、すたすたと浜に下りて行きました。ビニールシートを敷き、その上に座って海から朝日が昇る瞬間を待つようです。…それにしても、彼女達の防寒ぶりは見事なものです。一体何枚着ているのかわかりませんが、コート、ショール、耳当て、帽子…。日頃、沖縄ではお目にかかれない防寒用具で完全防備しています。でも、これで正解です。だって、いくら沖縄といえど冬は寒いんです。特に「旧正の時期は寒い」と言われているので、来年、日の出を見に行かれる予定の方は、おば様方を見習って十分に着こんできてくださいね。
あたりが薄桃色の光に包まれ、いよいよ「その時」が近づいてきました。海の向こう、東の空の上はあいにく重たい雲に覆われています。でも、その雲の切れ間から差し込む、いくつもの光の筋。はじめは弱く、そして段々と強く辺りを照らしていきます。あまりの神々しさに、そこにいた全員が物も言わず立ち尽くしていました。


私は目を閉じて、静かに手を合わせました。太陽の光を一身に浴びながら、
「今年一年、幸せに過ごせますように」
そう、祈りました。太陽と潮に清められていくような、おごそかな時間でした。


その後、シルミチュー霊場をお参りしました。ここは、アマミチューとシルミチューの居住跡と言われています。小さな洞窟なのですが、暖かく、中にいるとお母さんに抱っこされている様な安心感がありました。中に祀られている鍾乳石を拝むと子宝に恵まれる、という言い伝えがあるから、そんな風に感じたのかもしれません。シルミチューの写真を撮ろうと思ったのですが、なんとなく恐れ多くてシャッターを切れませんでした。ごめんなさい。「見たい」と思った方は、ぜひ! ご自分の目でご覧になる事をおすすめします。

糸満の旧正月へ


旧正月の初日の出
気になる方は、ぜひお立ち寄りくださいね

(2004.01.22掲載)




美ら島物語美ら島情報沖縄本島美ら島的・旧正の歩き方

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる