ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

爬竜舟競漕 ハーリー 写真

旧暦五月四日(ユッカヌヒー)は、各地の漁港で沖縄伝統の漁船「サバニ」が海を滑るように走る。海人(うみんちゅ)が豊漁や海の安全を願って行うお祭り「爬竜舟競漕・ハーリー」だ。
爬竜舟は“「竜」を描いた舟を「爪」でかき走らす”という意味。竜の爪にあたるのは、サバニを漕ぐ櫂(沖縄ではエークという)、呼吸の合った漕ぎ手たちのエーク(櫂)が海をかき波にのるサバニの姿は正に竜のよう。


沖縄のハーリーは、中国福建省や広東省などの東シナ海沿岸部で「端午の節句」に行われる「龍舟節」と同じ起源の行事と言われている。長崎で行われるペーロンも起源は同じだ。(ペー=爬、ロン=竜の発音が由来)
ハーリーの伝来ルートは諸説あるが、最初に競漕が行われたのは、1390年ごろに南山王の弟・汪応祖により豊見城城下の漫湖で行わせたものと思われる。また、1427年に首里城前に龍潭池が完成し、中国からの使者をもてなす宴の際に龍潭池で爬竜舟競漕を楽しんだという記録も残っており、既にこの頃にはハーリーが琉球王朝行事のひとつとして定着していることがうかがえる。
廃藩置県後は、こうした王朝主催のハーリーは途絶えたものの、各地域で行われるハーリーは引き継がれてきた。

一口にハーリーといってもその土地によって特徴は様々、貴方はどの地域のハーリーを観たことがありますか?各地でくり広げられる海の男たちの闘いと、女性達の熱狂的な応援ぶりをレポート!

(2002.07.11掲載)


那覇ハーリー
糸満ハーレー
石垣市爬龍船競漕大会
白保ハーリー
伊良部ハーリー

参考文献 
那覇市史、沖縄の年中行事100のナゾ(比嘉朝進氏著・風土記社)、いとまんハーレー(糸満ハーレー行事実行委員会発行)、石垣・白保 サンゴの海(小橋川共男・目崎茂和共著 高文研)

那覇ハーリー糸満ハーレー石垣市爬龍船競漕大会白保ハーリー伊良部ハーリー




美ら島物語美ら島情報爬竜舟競漕・ハーリー

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる