ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

島旅散歩

島旅散歩〜沖縄本島1日目

1月下旬頃から沖縄本島では、「どこどこの桜が何分咲き」という話題でソワソワ。2月上旬の薄曇りの平日、「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部へ桜を求めて出掛けました。
今回の島旅散歩は、那覇空港近くの自宅からマイカーでスタート。空港から最寄りの名嘉地インターから沖縄自動車道に乗って、北のやんばるを目指します。

許田インターを降りて、国道58号線から本部半島の北側を通る国道505号線へ入ると、「嵐山展望台」の看板が目に入りました。ひさびさに寄ってみようと名護市呉我の山道を進みます。

桜のピンク色が、冬の雑木林をスポット的に明るく彩ります。うっかり通り過ぎそうになった標高110メートルの展望台はひっそりとしていました。強い風に煽られながら展望台の階段を登ると、眼下には羽地内海が広がり、屋我地島の先には古宇利島が望めます。

晴れていれば数倍眺めがいいだろうなぁと思わせる絶景でした。

ランチは今帰仁村諸志の高台にあるカフェへ行ってみました。

お天気がいまひとつでも、今帰仁の海は淡いクリームソーダ色。野菜をふんだんに使ったヘルシーなランチプレートをいただいました。

くわっちーさびたん。


今帰仁村与那嶺集落を走っていると、朱色やピンク、黄色といったカラフルな花々が咲いている花壇が目に入りました。個人のものなのか、集落で手入れをしているものなのかはわかりませんが、色とりどりの花は曇り空の気持ちを明るくしてくれます。

花壇の先にふと目をやると、高さ10メートルほどあるでしょうか、とても大きなカエンボクの樹がオレンジの花をたくさん咲かせていました。那覇市内でもカエンボクを見掛けますが、これほど大きくて背の高いカエンボクははじめて見ました。

カエンボクの花に引き寄せられて近づいてみると、カエンボクの隣にはこれまたとても立派なアカギがどっしりと根を張っていました。どちらも集落のシンボル的な巨木のように思えました。


ちなみに、この原稿を執筆しているときに知ったのですが、こちらのアカギは、映画『カフーを待ちわびて』のロケに使われたそうです。あの存在感ですから納得。その映画を観てみたくなりました。



2本の巨木とお別れして向かった先は、今帰仁村の赤墓ビーチとも呼ばれるサダバマビーチ。こちらも撮影で使われるスポットで、観光客の方にも人気です。沖縄の冬はニシカゼ(北風)が吹きます。ゆっくりと過ごすには風が強すぎて、早々に退散してしまいました。また穏やかな日に再訪するとしましょう。


トップページヘ

次のページへ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる