ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島歌巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:第2回「てぃんさぐぬ花」

ウチナンチューの誰もが知っている教訓歌

沖縄本島

南の島で穏やかに流れる島時間のなかで聞こえてくるゆったりとしたやさしいメロディーは、忙しく殺伐とした時間からふっと心を解放してくれます。

南の島々の星の数ほどあるしまうたのなかで、
ウチナンチューの誰もが子どものころに耳にしている、誰もが知っているといえる
「てぃんさぐぬ花」はどこか懐かしく、やさしく、そして美しい旋律の教訓歌。

『恋ししまうたの風』第2回は沖縄の教訓歌「てぃんさぐぬ花」を訪ねて沖縄本島を旅します。

いつ、だれが、どこで作ったのかはわからない 〜発祥地は沖縄本島

てぃんさぐぬ花

ウチナンチューの誰もが知っている教訓歌「てぃんさぐぬ花」の由来については、「沖縄本島一円を中心に自然発生的に生まれた」とだけ知られており、
いつ、だれが、どこで作ったのかは誰にもわかりません。

物知りおじぃ、唄好きなおばぁ、民謡の先生、さまざまなウチナンチューに由来を尋ねてみましたが一様に
「さぁ、むかしからあったよ」、「自分が生まれる前からあったからねぇ」
と同じような答えが返ってくるだけでした。

あらゆる資料をひっくり返しても「沖縄民謡」と書かれているあたりが関の山で、
「由来など気にしたこともなかった。それほど当たり前にある身近な唄」
「誰が作ったかわかるなら教えて欲しい」
というウチナンチューもいました。

日本の民謡、外国の民謡のなかでも、いつ、だれが、どこで作ったかわからないものもあります。
"作詞・作曲不明"ということが、よりいっそう生活に根付いていて"民謡らしい"ですよね。

「てぃんさぐぬ花」が生まれたとされる沖縄本島は、テレビやニュースで取り上げられることもしばしばありますので、本島にいらしたことがない方も、首里城や公設市場、美ら海水族館など、なんとなく雰囲気をイメージできるのではないでしょうか。

沖縄は音楽・芸能活動が盛んで、沖縄出身のバンドやグループが全国区で活躍していることはご存知の通りです。
本島にはさまざまなジャンルのライブハウスが点在しており、那覇では民謡、ジャズ、オールディーズを中心に、中部コザ辺りでは民謡、ロックを中心にライブをお楽しみいただけます。

沖縄本島には民謡歌手が営む民謡クラブもたくさんありますので、機会があればぜひ民謡クラブにもお出掛け下さい。

ディープなイメージの民謡クラブですが、リクエストを受け付けてくれたり、飛び入りをさせてくれるところもあります。

沖縄民謡がわからなくとも、"白い砂浜に真っ青な海と熱い太陽"とは違った一面、沖縄のまったりとした長い夜をきっとお楽しみ頂けるかと思います。

トップヘ

次へのページへ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる