ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島唄巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:第17回「とぅばらーま」(石垣島)」

八重山民謡の真骨頂「とぅばらーま」

「八重山民謡名曲中の名曲。この歌を聴くと誰れしも催眠術をかけられたかのように時を忘れてうっとりする。
(中略)
八重山民謡研究の大家喜舎場永c氏は『この歌を腹の底から聴くと、鬼神も泣き、英雄も腸を断ち、淵に居る魚も泳ぎを止める、いかに音楽を解せざる者も佳境に入らしむるその魔力! その力! 真のトバラマ! 真のカヌシャマ! 真の恋愛! 真の八重山! 真の濃厚なる南国! この一曲によって了解することができる』と絶賛している。」
(仲宗根幸市編著『島うた紀行<第二集>』より抜粋)

民謡・民俗研究家の仲宗根幸市氏は「とぅばらーま」の解説に、このような引き合いを登場させ、「まさに八重山民謡の白眉といってよいだろう。」と綴っています。

「『とぅばらーま』は八重山の人にとって誇り高き曲です。『とぅばらーま』のあとに他の曲は歌えませんし、八重山に『とぅばらーま』が生まれたがゆえに、この曲によってぼくらの新しい曲作りの試みが、拒み続けられているとさえ言えます。八重山の「完成品」のような曲です。
(音楽之友社『ウチナーのうた』より抜粋)
「とぅばらーま」をこのように紹介するのは「とぅばらーま大会」昭和46年優勝者の大工哲弘氏。

即興でどのような心情をも自由自在に唄うことが可能な石垣島を代表する「とぅばらーま」。
『恋ししまうたの風』第17回は、八重山民謡の真骨頂「とぅばらーま」の生まれ故郷・石垣島を旅します。

八重山諸島の玄関口 〜 石垣島

人口48,755人(2012年6月末日現在)、面積229.0kuの石垣島は、沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に大きな島です。

沖縄本島・那覇から南西へ約430km。那覇空港から1時間足らずのフライトで、八重山諸島の石垣空港に着陸。ボーディング・ブリッジのないこじんまりとした石垣空港のタラップを降りたとたん、地表から湧き上がる熱気にじんわりと汗がにじみ出す。太陽がより低く近くに感じ、沖縄本島よりさらに南に来たことを実感します。

第13回「ちんだら節」でご紹介致しましたマーペー伝説の野底マーペー、標高525.8mの沖縄県内最高峰・於茂登岳、景勝地の川平湾、玉取崎をはじめ、石垣島は青く美しい海だけではなく、山も川も鍾乳洞までも擁しています。

島の南にある石垣港からは日本最南端の島・波照間島、日本最西端の島・与那国島、西表島、小浜島、黒島、竹富島、鳩間島など八重山のあらゆる島々へ渡る船が行き交います。石垣島はまさに八重山諸島の玄関口なのです。

トップヘ

次のページへ

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる