美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ
TODAY’S美ら島



その他の今日の島々は?  |沖縄久米島宮古島石垣島西表島与那国島座間味島やんばるCA
Today's 沖縄 沖縄情報へ
今村治華メールはこちら

2018年 1月
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
前月へ
18/01/04 08:30

那覇から、あけましておめでとうございます。「美ら島物語」のこちらのコーナーで、私がこうして新年のご挨拶をさせていただくのも、おかげさまで今年で、12回目となりました。最初の3回は石垣島時代、続く9回は、ここ那覇からのご挨拶。沖縄から全国や世界の皆さまと、こうして繋がれること、とてもありがたいことだなと心より感謝しております。2018年も、どうぞ宜しくお願いいたします。 ◆ さてさて。年末に記したように、わたしはタイのバンコクで年越しを。多くの琉球人が、そして日本人が、シャム王国を訪ねたり、暮らしていたことを想い訪ねるタイは、感慨深いものがありました。沖縄県民にとってはプルメリア、ブーゲンビリア、サンダンカと見慣れた植物も多いタイなのですが、一方でたとえばプルメリアでも木がぐぐっと高く枝ぶりも大きく、気候の違いを感じたりもします。木々は総じて天高くまで育っていて、台風銀座の沖縄と木々のフォルムとの違いを感じます。・・・人はといえば、那覇生まれ那覇育ちの夫は、タイやインドネシアの方々にお顔つきがほんのり似ていて、一緒に歩くと、あまり外人扱いされないような気がします(笑)。ちなみに年末年始のバンコクの気候は、乾季にあたり、那覇に例えるならば快晴の日の4月の、少々暑いくらいの日に似ていました。日中で31℃くらいでしょうか。 ◆ また、バンコクを流れるチャオプラヤ川沿いにある「ワット・ポー」(←お寺です)では、沖縄の旅行会社のツアーご一行様とすれ違いました。スタッフの、ハイビスカス柄のピンクシャツ姿をお見掛けして、思わず条件反射的についていきそうに(笑)。異国ですれ違うウチナーンチュには、やはり強く胸がキュンとするものです。 ◆ と、タイ話しからスタートした新年ですが、写真は、那覇は壺屋の、犬ではなくてシーサーです! ◆ リンクは、那覇の初詣スポット、波上宮。那覇に暮らしていて新年に詣でるお宮は幾つかあるのですが、まずはこちらをリンクさせていただきました。では、今朝はこれにて失礼いたします。今日も、お読みくださり、ありがとうございました。うれしいです。
http://naminouegu.jp/
バックナンバー




美ら島物語Today's 美ら島Today's 沖縄
この記事に関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。