ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

池田 卓 船浮通信

音祭りやゴールデンウィークといった、有難い忙しさから一息つき、静かな船浮が戻ってきた。

そこへ嬉しいお知らせが。

越してきた家族に元気な娘さんが産まれたとのこと。
(西表島には産婦人科がないので、最寄りでも隣の石垣島での出産となる)

船浮で子供が産まれるのは、うちの子以来3年ぶり。

子供が増えての人口48名。また賑やかになりそうだ。

そんな島で、一番の賑わいを見せているのが、集落から山道を15分ほど歩いた先にあるイダの浜だ。

最近ではガイドブックの常連ビーチとなり、外国人向けの英語のガイドブックには「世界で一番美しいビーチ」と紹介されたとか。

集落内で人に会うか会わないかの船浮で、イダの浜だけは連日100名以上の遊泳客で賑わっている。

大半が船で直接砂浜に乗り付けるツアーの方なので、船浮が経済的に潤うわけでもないが、西表を訪ねた皆さんの満足に船浮が一役買っていると思えば、嬉しい話だ。

ゴミひとつない真っ白な砂浜。抜群の透明度と豊かな珊瑚礁。

カラフルな魚たちに人気のウミガメ。

運がよければマンタやイルカにも会える。

そうなると人気が出るのは当然かもしれないが、本当の魅力は僕たちもまだ気づけていないのかもしれない。

というのも、ふなうき荘に泊まっていたお客さんが、

「広大な景色の中に人工物がひとつもない。だからイダの浜は落ち着くんだ。」

と新たな魅力を教えてくれた。

実際には遠くに灯台がひとつ見えるのだが、ここに生まれ育つと、そういう視点で景色を見ることがない。

何もないことが魅力になる。と確信した瞬間でもあった。

密かに咲いているつもりの自然の百合の花が、砂浜の両サイドの崖で潮風に揺れている5月。

これから半年がウミガメも最も多い季節になる。

「木々のトンネルを通り抜けると、そこは砂浜。」

世界一のイダの浜。

チェックリストにお願いします。

 (池田 卓)

(2015.5.13掲載)

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる