ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

船浮通信

池田卓 船浮通信

  • 第49回 ウミショウブ

    夏の大潮のひと時だけ、海に咲く花をご存知でしょうか?
    ウミショウブ。
    最近では、この花を目当てに日程を調整して、島に訪れる方もいらっしゃいます。

    ショウブに似ていることからウミショウブと名前が付いたとか。
    しかし花は全くの別物です。

    生きる場所を陸から海へ変えて、進化を遂げたとされるウミショウブ。

    その花の受粉の方法がまた神秘的なのです。

               

    幅1〜1.5cm高さ1m前後のウミショウブは、群生して砂地に藻場を形成します。
    普段は海中にゆらゆらと揺れ、魚たちの隠れ家となり、餌場となり、アオリイカなども卵を産み付け、多くの生き物の大切な繁殖場となっています。

    いちばん潮が引く夏の大潮。干潮時にはかろうじてウミショウブの先端が水面に顔を出します。
    それよりも少し低い、雌花が付いたウミショウブとなると大潮の干潮時のひと時しか水面に達することができません。雌花が水面に到達したその一瞬を狙って、一斉に海面に放たれる雄花たち。

     

        

    春到来

    雄花は海面をフィギアスケートのように滑りまわり、水面に顔を出した雌花に奇跡的に吸い込まれていきます。その確率の低さが、雄花の数になったのかもしれません。

    数ミリの小さな花ですが、大潮のその日だけは、波打ち際を雪化粧のように真っ白に染めることもあります。
    子供の頃は、擦った発泡スチロールが浮かんでいるのかと思っていました。

    その時の風の向き、強さ、波の大きさ、船の引き波、放たれるタイミング、細かいことすべてが一致して、やっと受粉できるウミショウブ。


               

    春到来

    その海域で、雄花が放たれる現象が一斉に起こるということは、ウミショウブたちはどうやってその潮を読んでそのタイミングを計っているのでしょうか?
    まだまだ不思議なことばかりのようです。

    知れば知るほど、観たいものがたくさん出てくる西表島。
    やっぱり西表の旅は、旧暦で合わせる方が楽しめるかもしれません。

    (2017.07.05掲載)

               

     

        前へ  TOPへ  

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2015 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる