美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第13回「島猫ブルース」

島に想いを馳せながら、ダラダラ読んでいたら、ある自動車雑誌 に「鉄鋼スラグ」なる文字が。

「鉄鋼スラグ」字づらからすると何 やらおどろおどろしい感じもするが、実は海の環境を改善する素晴らしき正義の味方なのであった。「鉄鋼スラグ」とは製鉄の際にで る副産物らしく、スラグと腐葉土などを袋詰めし海中に設置する と、海中に鉄分が溶け出し、その鉄分が海藻の発育を促進するらしいのである。海藻が増えれば魚介類の発育を促進する、二酸化炭素の 削減にもつながるのではないか。なので海の救世主「鉄鋼スラグ」 と呼ばれているらしい。

鉄分が不足しがちな女性にも海にも鉄分が大事。ちょっとだけ環境に明るい話題でした。詳しくは「鉄鋼スラグ」で検索して見てください。

何の話だっけ?
そうそうシマグラファー道場でした。

何度かせっかくだからカメラの機能を使い倒そうとか言っときながら、私もまだ使い倒していない機能を発見したので、今回、島猫をテーマに使い倒し撮りおろして来た。

島猫などと呼んでいるいるが沖縄の猫ならではの特性があるのかは不明、イリオモテ山猫を別として。そもそも、猫に県民性などあるのかも不明である。

レアケースであるが、私モラトリアム時代に新宿歌舞伎町で居酒屋でバイトしていて、時々、店の前で呼び込みをやっていた。向かいの飲食店のゴミ箱の前に入れ替わり立ち代わり、野良猫がやって来た、その全てのネコ達が一瞬たりとも人間に媚ないのであった。つまり、エサが豊富なコンクリートジャングルにおいて、歌舞伎町の猫達は完全に野生化していたのである。

タフな街にはタフな猫、全体的に弛緩ぎみな島には、油断した猫が似合うぜ。

ちなみに、沖縄の在来種とおもわれる琉球犬は、沖縄の県民性と合致しているとの私独自の研究結果で判明している。

photo photo photo photo

トップへ

次ページへ

沖縄を伝える〜風景〜
(2009.04.14掲載)
美ら島物語「シマグラファー道場」第13回「島猫ブルース」