美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第41回「首里城」

北谷町砂辺の外人住宅(戦後すぐに建てられた米兵家族向けの住宅)に、スタジオ兼住宅として住んで20年ぐらいになる。

はじめの頃周りに住んでいるのもアメリカ人だらけで日本に住んでいる心地がしなかったもんだ。


外人とのイザコザもしょっちゅうで軍用機の騒音も隣人達の騒音も相当なものだった。

現在は、次々と古い外人住宅は取り壊され(ミルスペックとよばれる米軍の安全基準で老朽化した住宅は基準をクリアできないため。つまり私が住んでいる外人住宅はミルスペック的にはNGな住宅なのだ)、米兵向けの瀟洒な個建住宅や集合住宅が次々と建設されている。

かつて「砂辺ゼロ番地」と呼ばれた埋め立て地に米兵向けの集合住宅がズラリと並びもはやアメリカみたいだ。


現在は、米兵の規律も向上し、以前よりもトラブルも減っているし、
フレンドリーな米兵も増えた。

 



 



 

一番早い夏がやってきた!一番早い夏がやってきた! 一番早い夏がやってきた! 一番早い夏がやってきた!
沖縄を伝える〜風景〜
  次ページへトップへ  

(2011.11.08掲載)