美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

伊江島ワンデートリップ

最初、今回のタイトルを「やんばるドライブ」なんて考えていたが、沖縄本島における
やんばるエリアの線引きは曖昧であり、しばしば議論にあがる事案である。


試しにウィキペディアで「やんばる」と検索すると「山原(やんばる)は、沖縄本島北部の山や森林など自然が多く残っている地域である。


また沖縄本島の名護市以北を単に指すこともある。


明確な区分はないが、恩納村と金武町を含んで以北がおおよその範囲である。

 


これは三山時代(琉球王府の時代)の北山の領地に、ほぼ等しい。」なんと明瞭な回答に感服。


しかし今回巡ったのは名護市だけなので、「名護ドライブ」のタイトルで行こう。

今回の画像は、今年の春先の在庫画像です。
沖縄本島の長雨で新たな取材撮影もできず苦肉の策であります。ご了承ください。

名護ドライブのスタートは「轟の滝」。
沖縄自動車道をおりて名護向けに58号線を数キロ走ると数久田と表示のある信号がある。

そこを右折し集落を抜けるとすぐに駐車場があり、歩いてわずか3分ぐらいで「轟の滝」。

滝の高さは約28mのなかなかの迫力。さらに大雨の後に行くと大迫力の瀑布体験が楽しめる。

トレッキングの必要もないので、軽装で行ける美しい滝だ。夏場なら涼むのにも最適な場所です。
 

名護市内に入ったらぜひ行ってほしいのが名護博物館。
 

 

第45回 名護ドライブ 第45回 名護ドライブ 第45回 名護ドライブ 第45回 名護ドライブ

 

沖縄を伝える〜風景〜
  次ページへトップへ  

(2011.12.19掲載)