美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

琉球神話の杜・大石林山へ


2月1日から沖縄でのプロ野球キャンプが一斉に始った。
沖縄でキャンプを行うのは、過去最多の10チーム。
ジャイアンツのキャンプ期間は、わずか一週間であるが、各地でオープン戦や紅白戦が行われる。


さらに今年は、韓国のプロ野球球団5チームも沖縄でキャンプ行い日本チームとの練習試合や紅白戦が行われ、2月の沖縄から熱き球春が始る。

そこで、プロ野球キャンプ観戦で沖縄本島に訪れる観光客の皆様に、オススメの観光スポットを紹介したいと思います。

 

今回、ご案内するのは先月、紹介したガンガラーの谷を運営する(株)南都が同じく運営する大石林山。
大石林山は、沖縄本島最北端の辺戸岬を望む、世界最北端の熱帯カルスト地形の4つの峰の事。

HPの紹介文を引用してみよう。
「大石林山とは、昔から聖なる地として伝えられてきた安須杜(アシムイ)の山々。辺戸岬から眺める険しい姿とは違って、一歩踏み入れると、そこは亜熱帯の自然と触れ合う楽園」。

奇岩や巨石、亜熱帯の森、辺戸岬を望む大パノラマなどさまざまな表情を見せる
大石林山には4つの散策コース(道幅3メートルのバリアフリーコースもあり)子供からご年配の方まで、家族みんなが歩きやすい、安心なトレッキングコースとなっている。


 

第45回 名護ドライブ 第45回 名護ドライブ 第45回 名護ドライブ

 

沖縄を伝える〜風景〜
  次ページへトップへ  

(2012.2.20掲載)