美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第49回 コザてるりん祭

沖縄では梅雨の事を小満芒種(スーマボースー)と言う。
やんばるではイジュの花 が咲き誇り、沖縄各地で月桃の花が咲きます。

このころ新緑も息吹、やんばるの山々も輝きを増します。そんな事書くと、ほんと年取ったなぁ〜と思います。


昔はやんばるの林道をドライブしていてもなぁ〜にも感じなかったのに。最近では、
盆栽を見てグッとくるお年頃。

なわけで久々に新緑の中トレッキングしたいと思い立ち、10年ぶりぐらいに沖縄本島国頭にある比地大滝に行って来た。

比地大滝は沖縄本島内では最も水量の豊富な滝。驚いた事に滝に行くには入場料が必要になってた事。大人500円・子供300円。


はじめ高いと怯んだが、実際にトレッキングしてみると、遊歩道が見違えるほど整備されていて、歩きやすくなっていた。

以前は川を横断したり、岩をロープ伝いに上ったり、かなりスリリングな道程であったが、階段やスーロープが整備されているので入場料も納得の金額である。

滝や川を散策するときには、シマグラファー道場的にはコンパクトな三脚を携行していただきたい。

 




 

比地大滝トレッキング

 

沖縄を伝える〜風景〜
  次ページへトップへ  

(2012.5.21掲載)