美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

昨年末、6年ぶりに北谷にあるりんけんバンドのホームグランド・カラハーイにて、りんけんバンドのライブを見た。2007年にハワイで行われたオキナワフェスティバルの25周年を祝う野外ライブ以来のご無沙汰。りんけんバンドにハワイまで帯同させていただいたのに、6年もご無沙汰とは、われながら恩知らずもはなただしい。その事に全く文句言わない照屋林賢さんのテーゲーさ加減もステキ。ベース担当の上原顕の息子でドラムの俊亮くんもハワイで小学生だったのに、すでに高校生になっていた。6年前に小学生ドラマー俊亮くんが、りんけんバンドに加わった事で、当然バンドの平均年齢も下がり、バンドの雰囲気もずいぶんと明るくなったと思った。

ライブ構成は、もはや伝統芸能とも言える盤石さでヴォーカルの知子さんの歌声は、一層スペィシーで銀河を駆け抜け、その姿は歌姫そのもの、思わず手を合わせたくなるほど神妙な気持ちにさせられる。囃子と踊りとヴォーカルのカーツと薫のエイサーワークの切れ味も鋭く、それほど広くないステージを縦横無尽に駆け回る。曲間のりんけんさんのユルクてテーゲーなMCも名物でしょう。そしてドラムの俊亮くんは、スーパードラマーになっていて、圧巻のドラムソロであった。熟成を重ねたステージは鼓舞と哀愁と笑いに溢れていて完璧だった。どの観客も幸せそうな笑みでいっぱいだ。

次のページトップへ

(2013.1.17掲載)