美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

沖縄は、うりずんの季節。この時期の沖縄は、気温が上昇し南風や心地いい初夏の様な陽気で一年で一番心地いい季節。

あまりにも天気が良いので、本部の海洋博までドライブ目的は、海洋博にある海洋文化館に併設されたプラネタリュウム。去年の6月にオープンしたらしいが私は最近知った。
プラネタリュウムなんて小学校以来だ。入館料もウソみたいにリーズナブル。30分ほどのプログラムがあってどれもテーマパークにあるアミューズメントのごとく楽しめた。中でも石垣・竹富島の星にまつわる民話をテーマにした「沖縄ぬちゅら星」はロマンチックでワクワクさせられた。3Dのごとく立体感あふれる映像体験をぜひ体験してください。
ゴールデンウィーク頃に石垣島天文台には、大型スクリーンによる天文シアーターがオープンするそうだ。

今回の主題は、海洋博全国トリムマラソンに参加したお話。8歳になる娘がどーしてもマラソン大会に出たいと言うので1月20日に行われた第34回海洋博全国トリムマラソンで出走。

3,5kmのファミリーエンジョイ公園コースで私のタイムは48分、娘は28分でブッチギリで負けた。たった3,5kmであるが日頃、全く(自転車も乗らなくなった)運動しない私にとってフルマラソンであった。
全国って謳っていて参加総数5000人、おそらく観光もかねて参加した観光客も多かったはず。沖縄は、参加型のスポーツイベントが一年中あるので観光をかねて参加するも楽しいはずだ。

次のページトップへ

(2013.3.19掲載)