美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

沖縄は、お盆の一週間前からスーパーでは、琉球民謡「豊年音頭」が流れる。
「豊年でーびる、豊年でーびる、シートゥリトゥテン、シートゥリトゥテン、ササ ササ ハ ハ ハ」って感じで
永遠にリフレインする。

その音楽のサブミリナル効果かわからんが、野菜売り場にうずたかく並べられた、まだ青い
フィリピン産バナナやパイナップルを思わずカゴに入れてしまう。もはや、すでに気分は旧盆。

夕方になると近くの公民館から、青年団のエイサー練習の音が聞こえ、太鼓の響きに呼応するかのように、
ヤールー(ヤモリ)がケッケッーと鳴く。

今年の夏はかつて経験のない猛暑であるが、沖縄は粛々と淡々と正しい盛夏を迎えている。

この時期、週末は各地でエイサーイヴェントが開催される。

毎年書いてる気がするが、沖縄で一番のエイサーイヴェントは「沖縄全島エイサーまつり」。

今年は、8月30(金)〜9月(日)の三日間、沖縄市で開催される。

初日の夕方から沖縄市胡屋周辺をエイサーが練歩く道ジュネーもライブな感じで見応えあり。

翌2日間は、沖縄市コザ運動公園で開催。広いスタジアムを使ったエイサーの演舞は、
隊列やフォーメンションがダイナミックで、各青年団の創意工夫が見れて楽しい。

まつりのラストには、沖縄市長を交えたカチャーシーも楽しい。

それで終わりかと思えば、音楽の街コザならではのBGMの中壮大なレザー光線ショーが始まり、
「予算どんだけー」と叫んだ後に花火がバンバン打ち上げられる、コザパワー丸出しのイヴェントだ。
しかもスタンド席でなければ入場無料。

次のページトップへ

(2013.8.21掲載)