清明号 シーミー



JTA機内誌『Coralway』2005年3-4月号 
清明(シーミー)号 No.97 2005


【シーミー】
旧暦3月の清明節のころ、
沖縄では大きなお墓の前庭に
門中といわれる親族が集まり、先祖供養の宴を張る。
重箱にきれいに詰めた料理やお酒とともに、
墓前であの世とこの世の交歓会が
繰り広げられるのだ。
 
【表紙】 
今、沖縄で注目のジュニアゴルフ選手たち
(右から上原美希、大城ちはる、大城さつき)


撮影・垂見健吾


 





特集

2月に南アフリカで行われた第1回ワールドカップ女子ゴルフで見事優勝した宮里藍選手。昨年の日本女子アマチュア選手権で優勝した宮里美香、その決勝戦で戦ったのは諸見里しのぶ……。いまや「天才ゴルファーは沖縄からやってくる」といっても過言ではありません。
県内では藍ちゃんに続けと練習に明け暮れるジュニア選手たちが、虎視眈々とデビューのときをねらっています。
彼らジュニア選手たちの活躍のようすと、「ゴルフ王国 沖縄」誕生に至るいきさつを取材、本土と異なる沖縄の最新ゴルフ事情をお届けします。
文・飯田守  撮影・垂見健吾
 

 
 第2特集

日本酒の蔵元めぐりがライフワークという著者が、泡盛をおいしくいただく酒器を探しに読谷村のやちむんの里へ。大嶺實清さん、壱岐幸二さん、川尻洋一さんの工房を訪ね、作者と語らい、美味なるお酒をいただきました。
文・藤田千恵子 撮影・上野敦

 沖縄もの語り 


藍ちゃんの思い出の味は、お父さんがレッスンを行っている名護市のゴルフ練習場で食べたソーキそば。プロになり、なかなか帰れなくなった沖縄は、自分にとって「癒やしの場」だと語ります。
 
談・宮里藍 撮影・垂水健吾


第18回Coralway写真コンテスト

◆入賞作品は美ら島物語 Coralweayフォトコンテストページ
  でもご覧いただけます。
 
『Coralway』次号5-6月号 
若夏号(ワカナツ)のお知らせ 
◆コーラルウェイ・フレンズ
特集 「サバニ」
昨年の梅雨明け直後に慶良間−那覇間で行われたサバニ帆走レース。まぶしく光る海をサバニが滑るように進む、このレースのようすをレポートすると同時に、沖縄独特の刳り舟「サバニ」を解剖、海人文化に迫ります。
 
第2特集 「沖縄豚もの語り」
最近では沖縄産の豚肉はブランド肉として全国でも人気の的。仏教的な禁忌がなく、古くから豚肉文化が栄えていた沖縄の、豚と人との付き合いや、現在生産されている美味なる肉の秘密、おいしい豚肉料理の紹介など、沖縄の豚にまつわるすべてを一挙に紹介します。
 
「島旅日和」 国境の島、与那国への旅に出ます。

●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp
 
●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      

●ネットでのご購入はこちらから 

美ら島物語Coralway若水号
この記事に関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。