新北風号  表紙

JTA機内誌『Coralway』2005年11-12月号 
新北風号 No.101  2005
 





新北風号 ミーニ
11月の声を聞くと、さわやかな新北風(ミーニシ)が吹き始め、沖縄もようやく秋めいてきます。


表紙写真 屋比久光史 北谷町の「ミハマ7プレックス」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今や沖縄は映画の舞台としてひっぱりだこ、といっても過言ではありません。「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」といった沖縄在住監督の作品から外国映画まで、沖縄はたくさんの人々のロマンをかきたて、多彩な表情をスクリーンに映し出しています。
今号の特集は「沖縄の映画」。巻頭では「普通の人々が芸術家の魂を持つ島で」と題して、文筆家の大竹昭子さんが沖縄在住の監督・中江裕司さんを取材。沖縄の映画、役者、そして自身の映画づくりにかける思いをうかがいました。
続いて那覇市の「桜坂劇場」の支配人である真喜屋力さんによる「沖縄映画30本」。現存する最古の沖縄映画ではないかといわれる「執念の毒蛇」(1931年)から2004年の「風音」まで、おすすめ映画を30本、厳選して紹介しています。
最後は「ウンタマギルー」などで有名な監督・高嶺剛の映画を語った「亜熱帯琉球の夢見る力」(文・仲里効)。以上の豪華3本立てで、沖縄の映画と、それを取り巻く世界を紹介しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
今年6月、本島の北谷町を会場に開かれた第8回バリアフリーダイビング全国大会のようすを取材、紹介しています。さまざまな障害を抱えた参加者たちが、たくさんのボランティアたちと一緒に沖縄の海を楽しんだ3日間は、障害の有無や年齢の壁を軽々と越えた、まさにバリアフリーな貴重な時間でした。

文・高橋盛男
撮影・垂見健吾

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




島旅日和 粟国島
那覇からRACでわずか20分。粟国島は有名な観光ポイントはないけれど、雄大な景観と美しい海、それに何より穏やかな島人たちの暮らしがある小さな島。そんな島の魅力と、「粟國の塩」「もちきびかりんとう」など島の名産をはじめ、宿泊施設など最新の旅情報を掲載しています。

撮影・鶴田孝介
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「沖縄もの語り」は作家の椎名誠さんが登場。自身がメガホンをとり石垣島の白保で撮影した映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」のときに愛用した、アングルスコープのお話をうかがいました

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆コーラルウェイ・フレンズ

●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp


●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      
     

●ネットでのご購入はこちらから 

美ら島物語Coralway若水号Coralway清明号Coralway若夏号Coralway真南風号Coralway風車号
この記事に関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。