表紙写真 垂見健吾 
斎場御嶽

JTA機内誌『Coralway』2006年11-12月号
新北風(ミーニシ)号 NO.107  2006
 




11月の声を聞くと、さわやかな北風(ミーニシ)が吹き始め、沖縄もようやく秋めいてきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





沖縄のさまざまな事象・現象のルーツを見定める特集シリーズの第5回目は、ウチナーンチュの信仰について探りました。
沖縄でまず驚かされるのが、お墓の大きさ。那覇の裏道を歩いていると、巨大な亀のような形をした墓が突然現れたりします。おうちに上がると、仏壇にもびっくり。沖縄の仏壇に仏像はなく、ただ位牌があるのみです。また、何もないのに厳かな雰囲気をたたえた御嶽も気になります。
沖縄では日常的に女性たちが祈りを捧げる姿を見かけますが、ウチナーンチュの心には、どういう神様が宿っているのでしょう。祈りの心はどこからきているのでしょうか。

今回は沖縄の信仰について、その成り立ちの過程を追い、本土との類似点を見つめました。

文・大竹昭子 撮影・垂見健吾 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

世界各地を旅する絵本作家・あべ弘士さんが、沖縄本島北部に広がるやんばるの森にやってきました。北海道で生まれ育ったあべさんの目に、亜熱帯の森はどのように映ったのでしょう。森で出会った生き物たちの絵と一緒に、スケッチ紀行をお届けします。

絵と文・あべ弘士






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



ミュージシャンのbirdさんが出会った1枚は、古謝美佐子さんのCD「童神」。カバー曲を歌うCDにも、この曲をレコーディングしました。歌と出会い、宮古島でのライブへとつながるbirdさんの沖縄への思いをうかがいました。






 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





人口220人に対して牛の数約3000頭。牛一色の島が八重山諸島の黒島です。島の中央には緑の牧草が広がり、周囲には美しいサンゴ礁が広がる黒島。素朴な時間が流れる島の最新情報をお届けします。




 
◆コーラルウェイ・フレンズ
20回記念コーラルウェイ写真コンテスト作品募集中

←詳しはこちら


●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp


●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      
     

ネットでのご購入は ⇒こちらから→ 

美ら島物語2005若水号2005清明号2005若夏号2005真南風号2005風車号2005新北風号
       | 2006若水号
2006清明号 | 2006若夏号2006真南風号2006風車号        
この記事に関するご意見・ご感想をまでお寄せ下さい。
Copyright(C)2001-2006 JTA All Rights Reserved.