表紙写真 ヒカンザクラ

JTA機内誌『Coralway』2007年1-2月号
若水(ワカミジ)号

新しい年は、元日の朝に井戸で若水を汲むことから始まる。今では水道の水に変わったが、若返りの水という意味は変わらない。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





沖縄の暮らしは、旧暦と深く結びついています。旧暦とは、月の満ち欠けでひと月の長さを決める暦で、正確には「太陰太陽暦」。沖縄では日常生活の大半は新暦(太陽暦)がベースになっていますが、お盆をはじめ暮らしに根付いた伝統行事の数々は、今もしっかり旧暦で行われています。
でも、この旧暦って、いったいどんな暦なの? なぜ沖縄にはこれほど旧暦が残っているのでしょう。そんな素朴な疑問を解明しつつ、旧暦でやってくる沖縄の季節の行事を紹介しました。

文・新城和博、塚田恭子 イラスト・大槻紀子 写真・垂見健吾



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

今年89歳になる那覇市在住の写真家・山田 實さんは、終戦直後シベリアに抑留され、大変な苦労のすえ1952年に沖縄に戻ってきました。そのころの沖縄は、米軍統治のもとで戦後の復興が進み始めた時期。そこで山田さんがカメラを向けたのは、全身で生きる喜びを表す子どもたちの笑顔でした。たとえ暮らしは貧しくても、目を輝かせて懸命に生きる子どもたち。第2特集では、1950年代から60年代にかけて、山田さんが撮影した沖縄のワラバーの写真を紹介します。

写真・山田 實 文・三枝克之







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 




プロ・ハンドボールチームで「沖縄から世界へ!」

沖縄出身のプロ・ハンドボール選手、田場裕也さん。フランスのプロリーグで活躍していた彼が故郷沖縄に戻り、世界に通用するプロチームをつくるために動き始めました。田場さんの夢をうかがいます。






 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





沖縄に残るさまざまな伝統芸能や職人技。これらの灯を消さないよう、体を張って入門し、伝承していこうという新連載。各地に出向いて教えを乞うのは、本誌でもおなじみのカベルナリア吉田さんです。
第1回目は宮古島に飛び、この地の人々がうれしいとき、つらいときに踊ってきた伝統歌踊りであるクイチャーを、荷川取クイチャー保存会に入門してご指導願ってまいりました。

文・カベルナリア吉田 撮影・赤石雄介



 
◆コーラルウェイ・フレンズ



●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp


●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      
     

ネットでのご購入は ⇒こちらから→ 

美ら島物語2005若水号2005清明号2005若夏号2005真南風号2005風車号2005新北風号
         | 2006若水号
2006清明号 | 2006若夏号2006真南風号2006風車号2006新北風号|        
この記事に関するご意見・ご感想をまでお寄せ下さい。
Copyright(C)2001-2006 JTA All Rights Reserved.