表紙写真 新城島の集落
撮影・垂見健吾


『Coralway』2008年1-2月号  Nnmber114

若水(ワカミジ)号

新しい年は、元旦の朝に井戸で若水を汲むことから始まる。
今では水道の水に変わったが、若返りの水という意味は変わらない。
ウチナー口で「わかみじ」。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.



2003年、感性豊かな少女が綴った「小学生日記」という一冊の本が
出版され、話題になった。

それから5年、その本の著者、華恵さんは現在高校1年生。
16歳の華恵さんが八重山を旅したら、何を感じるのだろう。
それが知りたくて、昨夏、黒島、石垣島、新城島の八重山の3つの島を巡る旅に誘った。
文・華恵 撮影・垂見健吾


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

山之口 貘という詩人をご存じだろうか。
親しみを込め誰からも「貘さん」と呼ばれた山之口 貘は、沖縄で生まれ、19歳で単身上京してから59歳で亡くなるまで、ひたすら詩を書き続けた人だった。

「精神の貴族」といわれた貘さんの詩と人生を、駆け足でご紹介しよう。

文・大竹昭子 イラスト・伊波二郎









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



「沖縄の人にしか表現できない沖縄がある」
うちなー噺家
藤木勇人


自ら脚本を書き、舞台で演じ、映画やテレビに出演するなど、さまざまなスタイルでうちなー(沖縄)を語ってきた藤木勇人さん。
デビューから23年。表現者として、常に沖縄の人の立場から発信してきた藤木さんの目には、最近の沖縄はどのように映るのでしょうか。



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



「風に舞う優雅な飛翔に隠された蝶の秘密」
オオゴマダラ


風にのって空中を舞うように飛ぶオオゴマダラは、沖縄を代表する蝶。
八重山では年間を通じて見ることのできるオオゴマダラの優雅な舞に隠された秘密があったのです。

文・腰本文子 写真・湊和雄



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





沖縄本島北部・本部港からフェリーで30分のところにある伊江島。
ここでは特産品が続々と誕生しているという。
そんな元気な島の秘密を探りに行きました。




 
◆コーラルウェイ・フレンズ

         

●お便りお待ちしています
〒151-0051東京都渋谷区千駄ケ谷5-26-5-902
編集室 りっか『コーラルウェイ編集部』
         info@e-rikka.co.jp


●コーラルウェイバックナンバーはこちらから 
沖縄大好き人間の集まり「コーラルウェイ・フレンズ」に入会しませんか。ご入会いただきますと、「コーラルウェイ」を毎号お届けするほか、さまざまな特典が受けられる会員カードを発行いたします。
入会ご希望の方は振込用紙(「コーラルウェイ」本誌巻末)に必要事項をご記入のうえ、お近くの郵便局からお振込みください。会費は初回が4600円(入会金込み、6冊分、消費税込み)、継続の場合は3500円(6冊分、消費税込み)です。


●コーラルウェイフレンズ事務局

 お問合せは
 〒900-0027
沖縄県那覇市山下町3-24
(株)JAL JTAセールス内
TEL 098-857-0526      
     

ネットでのご購入は ⇒こちらから→ 
2005若水号2005清明号2005若夏号2005真南風号2005風車号2005新北風号
 | 2006若水号
2006清明号 | 2006若夏号2006真南風号2006風車号2006新北風号
2007若水号2007清明号2007若夏号|2007真南風号|2007風車号2007新北風号
   2008若水号
この記事に関するご意見・ご感想をまでお寄せ下さい。
Copyright(C)2001-2008 JTA All Rights Reserved.