ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

イベントカレンダー

  • 第20回 伊江村ゆり祭り

    〈純白の丘で華やかなひとときを〉のキャッチフレーズで開催される20回目ののゆり祭りです。舞台は、伊江島。離島ならではの真っ青な海と、ゆりのコントラストにうっとり。さらに75品種もの世界のゆりを楽しめます。球根を掘り出し、選別などをおこないつつ管理し、10月頃から島の子供たちはじめ皆さんで植えつけたユリたちです。また例年祭り期間中の休日には、伊江島の民謡や、エイサーなどが披露されるコンサート、ポニーの乗馬体験(休日のみ実施)がおこなわれます(※イベント内容は天候等より変更あり)。伊江島は、本部港からカーフェリーで約30分。しかも伊江島といえば、島の生乳でつくられているアイスクリーム、アメリカ人もまとめ買いするというビーフジャーキー、県内のこだわりパン屋大人気の小麦、合鴨と、美味しい特産品がいっぱい!今帰仁城址や、美ら海水族館を訪ねつつ、伊江島に1泊する旅も素敵ですね。

    • 期間:4月18日(土)〜5月6日(水)
    • 場所:伊江島/伊江村/リリーフィールド公園
    • 問合せ:伊江島ゆり祭り実行委員会(0980)49-2906
    • 詳細:
      伊江島観光協会 →/ http://www.iekanko.jp
      伊江島ゆり祭り公式ブログ → http://lilyboo2009.ti-da.net/
  • 第3回 もとぶカツオのぼりまつり

    本部町(もとぶちょう)渡久地港(とぐちこう)といえば、カツオ漁の町!漁港には立派な漁船が並びます。そしてこの時期こそが、カツオの初水揚げシーズンなのです。よってこちらの港には鯉のぼりではなく、ブルーのカツオのぼりが泳ぐのです。なお例年まつり当日には、先着100名様にカツオの刺身が振る舞われたりも。沖縄のカツオの刺身、むっちむちで美味しいですよ!もちろん港近くには刺身屋がありますから、何種類か買いもとめ、港そばのベンチに腰掛けて舌鼓を打つのも一興。「美ら海水族館」とあわせて、ぜひお立ち寄りください。

    • 期間:5月4日(月)〜5日(火)
    • 場所:沖縄本島/本部町/渡久地港プロムナード
    • 問合せ:本部町商工会青年部(0980)47‐2749
    • 詳細:*本部町観光協会 → http://www.motobu-ka.com/page/1538.html
  • 2015GW特別企画ウミガメふれあい体験

    久米島から車で橋で渡り訪ねることができる、奥武島(おうじま)。ここには、溶岩がゆっくりと冷えかたまりできた、まるで亀の甲羅のような形をした五角形や六角形の畳石があります。そしてこの畳石がある奥武島に、久米島ウミガメ館があるのです。優雅に泳ぐ大人のカメはもちろん、子ガメにも会えるおススメスポットで、GW期間には特別に、ウミガメをもっと身近に感じてほしい、魅力を知ってもらいたいという思いからウミガメに餌をあげる体験(有料)を行っています。また館内には貝殻も展示。こちらも静かなる人気スポットです。ぜひ! 【問合せ】

  • 第17回 鳩間島音楽祭

    人口約60名の鳩間島に、例年この音楽祭を楽しみに1000人近くの観客が船に乗り、やってきます。音楽祭では、鳩間島で大切に歌い継がれている古典民謡、それから八重山の唄、子供らが高らかに歌う校歌、ジャズに童謡、南米音楽と、幅広いジャンルの音楽が披露。観客と来場者が一体化する、心あたたまる雰囲気の音楽祭です! なお鳩間島へは、石垣港離島ターミナルから高速船で約40分。当日は例年、入島料込みの特別往復乗船券が発売され、臨時便が運航対応。安心して島へ往復できます。また会場には飲食店が並びますので、食事の心配も無用。 *美々ビーチいとまん → http://bibibeach.com/page.php?pID=0

    • 期間:4月上旬
    • 場所:八重山 鳩間島/竹富町/鳩間島コミュニティセンター前広場
    • 問合せ:鳩間島音楽祭実行委員会(0980)85-6374
    • 美ら島物語 鳩間島情報 → http://www.churashima.net/shima/hatoma/index.html
  • 奥 鯉のぼり祭り

    那覇から車で北へ向けて約3時間走れば、奥集落に到着! 緑茶の里としても知られる奥は、赤瓦屋根の家々がいまに息づくのどかな地域。晴れの日には沖合いに、鹿児島県の与論島がみえます。そして祭り期間中には、この奥集落を流れる河川敷に600〜800匹の鯉のぼりが舞います。奥区民による手づくりのイベントで、琉球舞踊や民謡、子供たちによるエイサーも披露。奥の自然を満喫し、子供たちの健やかな成長を願う、そんなのどかな時間を過ごしてみませんか。なお会場となる「奥ヤンバルの里」には、古民家風の宿泊施設もあります。暮らすようにのんびりと滞在してみるのも楽しいですよ。 【問合せ】 *

    • 期間:5月3日(日)〜5日(火)
    • 場所:沖縄本島 北部/国頭村/奥ヤンバルの里公園内
    • 問合せ:奥ヤンバルの里(0980)50-4141
    • 詳細:奥ヤンバルの里公園公式サイト → http://okuyanbarunosato.com/
  • 第41回 那覇ハーリー

    沖縄各地で行われるハーリー(船漕ぎ競漕)ですが、那覇ハーリーの見どころはなんといっても舟の大きさ&華やかさ! 他地域で行われるハーリーは11名なのに対し、那覇ハーリーはなんと42名もの男たちが乗り込みます。また色鮮やかに塗られた舟の舳先には、ドラゴンの頭の彫り物があり、勇壮かつ華やか。3日連続で開催される期間中、会場となる新港ふ頭には、アメリカーな雰囲気の出店や飲食店、子供向けアトラクションなども並び大賑わい。しかも大会中は連日連夜花火が打ち上げられ、毎日ライブが開催されます。このタイミングで那覇に滞在するならハーリー&花火をお見逃しなきよう。なお会場前は例年大混雑。歩くのが好きな方でしたら、泊港までバスやタクシーでいらして、徒歩で会場へ向かう方が早いかもとも。それから、2015年は6月19日(金)が、糸満ハーリーなどがおこなわれるヨッカヌヒー(旧暦5月4日)。ウミンチュ(漁師)のハーリーをご覧になりたい方は、このタイミングでぜひ。

    • 期間:5月3日(日)〜5日(火)
    • 場所:沖縄本島 南部/那覇市/那覇新港ふ頭
    • 詳細:〜那覇の観光情報ならおまかせ〜那覇ナビ → http://www.naha-navi.or.jp/nahahari.html
  • ミンサーの日

    むか〜し、むかし、皆が琉装をして暮らしていた時代のこと、そして通い婚時代のこと。恋する女性は思いを寄せる男性に、願いをこめて織り上げた帯を送ったのだそう。ミンサーの帯に織り成す五つと四つの柄には、「いつ(五)の世(四)までも」、それから両淵にいれられたムカデの足のような細かい模様は「足繁く」との願いがこめられていたとか。つまりこの帯には、「いつの世までも足繁くお通いください」との願いがこめられているのです。ちなみにこのミンサー柄、21世紀のいまなお八重山の人々に愛されていて、制服に、建物のデザインに、八重山の現代版正装ともいえるみんさーウエアーに、バッグに指輪にと、ありとあらゆるところに使われているのです。一方でもちろん、綿々と続く祭祀などの折にもミンサーの帯が使われています。祭祀の場にも、平成のいまにもミンサー柄は息づいています。というわけで5月4日はミンサーの日。この機会に、ぜひお手にとられてみてください。

  • こどもまつり「こども琉球芸能奉納」

    こどもたちによる、琉球芸能の奉納などがおこなわれます。まつりを通して平和な現代を見つめ、その尊さを考え学ぶ機会としています。なお平和祈念堂がある平和祈念公園には、美術館や清ら蝶園などもあります。「清ら蝶園」の蝶たちは、毎年6月23日の慰霊の日に、空に放たれることになっています。

    • 期間:5月5日(火)
    • 場所:沖縄本島 南部/糸満市摩文仁/沖縄平和祈念堂(平和祈念公園内)
    • 問合せ:沖縄平和祈念堂(098)997-3011
    • 詳細:沖縄平和祈念堂 公式HP → http://homepage2.nifty.com/kinendo/index.htm
  • ゴーヤーの日

    ゴーヤーの美味しい季節(つまり旬)にはいるのが、ちょうどいま頃。というわけで、5(ゴー)月8(ヤー)日は、ゴーヤーの日!なのです。ちなみに8月5日は裏ゴーヤーの日と呼ばれ、このあたりまでがゴーヤーの旬、なのだそうです。なお、例年ゴーヤーの日にはゴーヤー料理試食会であったり、ゴーヤーの植え付けに即売会などがおこなわれ、ニュースを賑わせ、県民に夏の到来を感じさせてくれています。さっ!ゴーヤーで今年も夏を乗り切るぞっ!なお、Jefにてあのゴーヤーバーガーが発売されたのは、1993年の今日です。

  • 沖縄本土復帰記念日

    戦後、27年間アメリカの統治下にあった沖縄は、1972年(昭和47年)のこの日に日本に返還され、沖縄県に戻りました。ちなみに筆者の夫は、生粋のうちなーんちゅなのですが、県外の親戚のもとへ旅行に行くときにつくったパスポートをいまも持っていますし、子供の頃にドルで買い物をしたことも鮮明に覚えています。沖縄がアメリカだったのは、それほど遠い昔の話ではないのですね。 【問合せ】伊江島ゆり祭り実行委員会(0980)49-2906

  • 2015ワンデイトーナメント座間味カップ

    例年、オーナーボートまたはチャーターボートに乗り込み、竿&リールを用いて、カジキ類、マグロ類、シイラ、サワラ、カツオ類を狙うフィッシングのトーナメントとして開催されています。格好いいな〜、海の男たちだな〜と思うのは、このトーナメントが非営利目的であり、友好を目的とした大会として続けられていること。

  • 石垣島トライアスロン2015

    熱い、熱い、大会です!スイム、バイク、ランからなるトライアスロンですから、当然ながら参加資格があるわけで、誰しもが参加できるというものではありません。が、応援なら誰でもできる! 筆者は数年前、沿道にて応援したことがあるのですが、まあ、驚きました!あの疾走感に、選手たちの肉体に!人間って凄いです!本大会より公式ウェブサイトがリニューアル。コースマップなども随時アップされています。選手の皆様&その応援団はもちろん、偶然にも旅の日程が重なった方も、ぜひチェックしてみてください。そして時間があれば、ぜひ応援をお願いいたします。なお当日は交通規制もありますので、同じ時間帯に移動がある方はお気をつけください。

  • 第1回 宮古島ミュージックコンベンション

    「訪れた時より帰る時のほうが綺麗な宮古島にしよう!」をテーマに、美しい宮古島を守るための想いを強くアピールしていく音楽イベントとして昨年までに10回開催されてきたのが「美ぎ島(かぎすま)ミュージックコンベンション」でした。そして10回を節目として一度幕をおろしたこのイベントが、あらたまな形で生まれ変わって登場するのが「宮古島ミュージックコンベンション」なのです。

  • 闘牛大会

    沖縄での闘牛人気はなかなかのもの。なにしろ県内の闘牛結果を速報する熱気むんむんな闘牛観戦記ブログ(下記リンク)があるほどなのですから! ちなみにそのブログにはある日の試合はこう記されています。“火花散る巨体激突に観客の肩は右、左と揺れ、会場は何度も大きなどよめきに包まれた。”と・・・。大迫力。ちなみに数十年前には、物凄く強い“ゆかり号”という名の闘牛がいて、この頃に生まれた女の子たちには“ゆかり”と名付けられた子がちらほらいたとか。なお、うるま市にある石川多目的ドームは駐車場完備、くわえて屋根がある闘牛場なので天気の心配いらずです。

  • 国立劇場おきなわ公演情報

    ユネスコ無形文化遺産に登録された「組踊」(国の重要無形文化財でもあります)、それから同じく国の重要無形文化財に指定されている「琉球舞踊」、沖縄芝居に沖縄の音楽や民俗芸能などを、楽しむことが出来ます。沖縄の伝統的な音楽と舞踊、そしてセリフからなる「組踊」は敷居が高いなと、お感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてご覧になられる方にも楽しんでいただけるプログラムも用意されています。こちらのプログラムなら、解説がはいったり、イラスト入りの解説書が配られたり、セリフ(琉球の言葉)が舞台両袖に字幕(標準語訳)で表示されたりするので、じゅうぶんに楽しめるはず。「国立劇場おきなわ」で、ぜひ組踊をご覧くださいませ。

  • 首里城 舞への誘い

    毎週4日(水・金・土・日)と祝日には、1日3回、琉球舞踊が舞われます。首里城ではぐくまれた華やかな舞踊と、民衆のあいだでつちかわれた雑踊り。この両世界をお楽しみください。なお屋外舞台につき、荒天時は中止になる場合があります。またイベント開催日にはおこないませんので、詳細は下記リンクにてご確認ください。

    • 期間:毎週水・金・土・日と祝日
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市 / 首里城公園無料区域内下之御庭
    • 問合せ:首里城公園管理センター → (098)886-2020
      首里城公式サイト 舞への誘い → http://oki-park.jp/shurijo/event/163
  • 那覇まちま〜い

    那覇の街を、気軽に、地元ガイドの案内で、定時出発でめぐることができる、うれしい“まち歩きコース”が、なんと約30種類も用意されています。初めて沖縄を訪ねた方も、リピーターの方も楽しめる充実のコース内容。しかも下記にリンクした公式サイトには、日付から検索できるコーナーもあるので、「この日に時間がちょっとあるけど、なにかいいコースはないかしら?」と気軽に参加可能なコースを探すことができるのです。料金は大人おひとり様1000円(例外もあります)。要予約。

    • 期間:年中
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市各地
    • 問合せ:那覇まちま〜い事務所(098)860-5780(受付時間9:00〜17:00)(※お電話の際には、「まちまーいコースの問い合わせです」とお申し出ください。)
      那覇まちま〜い → http://www.naha-machima-i.com/

おきなう

週刊おきなわ情報

沖縄の今をお届けします。

今日の美ら島

今日の美ら島

美ら島の最新情報をお届けします。

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる