ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

イベントカレンダー

  • 第26回 日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会

    巨大カジキを狙うトローリング、沖釣り、磯釣りに挑戦し、その釣果を競う“釣り大会”です。舞台は日本最西端の“与那国島”。与那国は年数回とはいえ、ときにはお隣り台湾の山々をのぞむことができる国境の島。そして、この島の魅力のひとつが美しい砂浜ビーチもあるとはいえ、なんといっても、黒潮洗う断崖絶壁が続くダイナミックな地形! ようするに島を囲む海は急激に深くなっているのです。ゆえに与那国は、遠くまで船を走らせずして超大物釣りにチャレンジできる、釣り人あこがれの島なのです。ちなみに久部良漁港には、夏には400kgもあるカジキがあがることも! なお例年、大会中に闘牛大会や漁港内での親子釣り競技、海上保安庁巡視船体験航海、ヨナグニウマ乗馬体験、海底遺跡巡り体験乗船ツアー、アームレスリング大会、そして夜にはカジキの丸焼きなどがおこなわれます! 今年のプログラムにも乞うご期待!!
    • 期間:7月3日(金)〜5日(日)
    • 場所:八重山諸島 与那国島/与那国町/与那国町久部良漁港の近海及び沿岸
    • 問合せ:八重山諸島 与那国島/与那国町/与那国町久部良漁港を基地とする近海及び沿岸
    • 詳細:
      与那国町漁協 → http://yonaguni-gyokyo.org/
  • 第38回 座間味ヨットレース

    沖縄本島の宜野湾港マリーナ沖から、座間味の海までの約40qを走る、沖縄県内で最も歴史のあるヨットレースです。なお座間味の海は、ただ美しいだけではありません。いくつもの島々がうみだす複雑な潮流や、その周りにある厳しい外洋などの、さまざまな表情をもつ海域でもあるのです。ゆえにオリンピック出場チームの合宿地になったこともあるほど。海の厳しさ、雄大さ、美しさを、真摯に受け止めるヨットレース大会です。当日は、40フィートのヨットに乗り、座間味島周辺を約1時間でめぐるヨット乗船体験(無料/6日14時半)もあります。この機会にぜひ座間味島へ!

    • 期間:7月4日(土)
    • 場所:慶良間諸島の座間味島/座間味村/スタート:沖縄本島の宜野湾港マリーナ沖〜ゴール:座間味港沖、祝賀会:座間味港ターミナル広場
    • 問合せ:座間味ヨットレース実行委員会(座間味村産業振興課内)(098)987-2320
    • 詳細:座間味村 公式サイト http://www.vill.zamami.okinawa.jp/
  • 第29回シーポートちゃたんカーニバル

     

    北谷と書いて、ちゃたん、と読みます。会場となる北谷公園のサンセットビーチ界隈の街は、広大な普天間基地に近いこともあり外人さんいっぱいの英語が飛び交う街(かつてはここにも米軍基地があり返還された場所)。ビーチに隣接するアメリカンビレッジは、Tシャツや島サンダルなどのショッピングはもちろん、アメリカーな雰囲気のバーガーショップや、海や基地や街が一望できる観覧車があったりと、旅人も楽しめるエリア。同時にここは、沖縄の高校生たちの憧れのショッピングエリアでもあったりも♪ で、このリゾートタウン北谷(ちゃたん)を舞台に、海をテーマにした多彩なイベントがおこなわれるのが本カーニバルなのです。イカダ障害物競漕なども登場しますし、両日ともに花火もあがります。沖縄のビーチから眺める花火はロマンチック。夏の沖縄、海風そよぐ夜を、陽気にお楽しみください。

    • 期間:7月11日(土)〜12日(日)
    • 場所:沖縄本島 中部/北谷町美浜/北谷公園サンセットビーチ及び周辺
    • 問合せ:北谷町観光協会(098)926-5678
    • 詳細:
      リゾートタウン北谷で遊ぼう(北谷町観光協会)http://www.chatan.or.jp/
  • 第33回 ピースフルラブ・ロックフェスティバル2015

    沖縄の夏を彩る、熱気むんむんな一大ミュージックイベント。舞台にあがるのはオキナワンインディーズ、そしてオキナワンロックシーンの基礎を支えてきたベテランミュージシャン、さらにはオーデョションを勝ち抜いた新人バンドたち。そして、ぜひとも知っていただきたいのは、このフェスティバル誕生の経緯。以下は沖縄の歴史研究者、高良倉吉氏の著書「琉球王国」(岩波新書)からの抜粋。<(喜屋武マリー率いる「メデューサ」など沖縄ロック界を率いるスーパーグループらの)ロックミュージシャンと話しをし、彼らのライブを聴いているうちに、この音楽はアメリカ統治時代のまぎれもない所産であり、ひとつの創造的成果なのではないかと思った。(中略)そこで、「基地の町」の市町村の責任者を口説き、行政、ミュージシャン、ボランティア団体が一体となって主催する「ピースフル・ラブ・ロックフェスティバル」という名のイベントを企画した。(中略)自分たちの足もとに、戦後のアメリカ統治時代に生まれた「文化」が存在することを確認するイベントなのである。(P184-185より)> 。沖縄の魂宿るロックフェスであること、おわかりいただけましたでしょうか?さあ、2015年の夏を、沖縄の熱い野外コンサートへの参加でスタートさせませんか!なお第一弾出演アーティストはすでに決定。詳細は下記公式サイトへアクセスしてみてください!

    • 期間:7月11日(土)〜12日(日)
    • 場所:沖縄本島 中部/沖縄市/沖縄市野外ステージ(沖縄市コザ運動公園内)
    • 問合せ:ピースフルラブ・ロックフェスティバル実行委員会(098)989-5566
    • PEACEFUL LOVE ROCK FESTIVAL 2015 → http://peaceful-love-rock.com/index.html
  • 第38回 浦添てだこまつり

    「てだこ」とは「太陽の子」の意。かつて、浦添が琉球の中心であった時代に、その王を「てだこ」と敬称していたのだそうです。というわけで、那覇市のお隣りに位置する浦添市へ行くと、店の看板などにもこの「てだこ」という言葉がじつに多く使われています。「てだこ」は地域の人たちに愛されている言葉でもあるのです。で、本祭りは例年、アーティストの生演奏が楽しめる〈ゲストコンサート〉や〈エイサー〉、〈ハーリー大会〉など盛りだくさんのプログラムで、10万人が来場する超人気イベント。なかでも旅の方におすすめしたいのが、壮大な琉球王国の歴史を感じることができる浦添三大王統まつり=B例年、琉球王国時代の衣装や、伝統芸能を堪能できるプログラム構成で観客を魅了。さらに17日は前夜祭で、祭り本番の18日、19日は両日共に大花火ショーも開催されます。

    • 期間:7月17日(金)〜19日(日)
    • 場所:沖縄本島 中部/浦添市/浦添運動公園
    • 問合せ:浦添てだこまつり実行委員会(浦添市役所市民生活課)(098)876-1234 /浦添市観光協会(098)874-0145
    • 詳細:浦添市観光協会公式サイト うらそえナビ http://www.urasoenavi.jp/
  • 海洋博公園サマーフェスティバル2015 (第37回 海洋博公園花火大会を含む)

    例年、1万発の花火が夜空を彩る、県内最大級の花火大会もおこなわれます。恒例の、夕陽をバックにおこなわれるライブコンサートも楽しみ。ビーチでのスポーツゲームなど家族連れ、友人同士、誰でも気軽に楽しめる内容です。詳細は決まり次第下記公式HPにて紹介されます。なお当日はかなりの混雑が予想されます。また会場周辺の交通規制及び会場への入場規制もおこなわれます。事前にしっかり情報収集をして、早めに動くことをおすすめします。なお花火大会は20時〜21時です。

    • 期間:7月18日(土)
    • 場所:沖縄本島 北部/本部町/海洋博公園内エメラルドビーチ
    • 問合せ:海洋博公園管理センター(0980)48-2741
    • 詳細:国営沖縄記念公園 http://oki-park.jp/kaiyohaku/
  • 宮古島市マンゴーまつり

    宮古島の夏のフルーツといえば、そう!、マンゴー!!太陽をいっぱいに浴びた熟した宮古島のマンゴーのおいしさを、島内外にアピールするのが目的のイベントです。というわけなのでマンゴーの試食はもちろん、果実に、ジャムやジュースなどの加工品に苗木の即売会、マンゴー料理コンテストと、もうマンゴーづくし。マンゴー好きの皆さ〜〜ん、ぜひご来場を!

    • 期間:7月19日(日)
    • 場所:宮古諸島の宮古島/宮古島市/例年、うえのドイツ文化村・宮古島体験工芸村
    • 問合せ:宮古島市マンゴーまつり実行委員会(宮古島市農林水産部農政課内)(0980)76‐6840
  • 2015鯨海峡とかしきまつり

    昨年3月に国立公園に指定されたり、春のホエールウオッチングにと、いま熱視線が注がれている慶良間諸島の渡嘉敷村(とかしきじま・人口約740名)!島へは、那覇市の泊港から村営フェリーで70分、高速船なら35分です。24日(金)は「とかしきまつり前夜祭」として「鯨海峡太鼓・エイサーフェスティバル」が小中学校グラウンドにて夕刻開催。島外からのゲストも出演する迫力あるステージが繰り広げられます。翌25日には「2015鯨海峡とかしきまつり」を開催。島の青年会によりエイサーや獅子舞がおこなわれ、慶良間太鼓も堪能できます。花火は両日開催で、2日目はレーザーショーと特殊効果でさらに迫力満点。この機会に渡嘉敷島に泊り、泳ぎ、のんびりして、イベントにも参加してみてはいかがでしょうか。

    • 期間:7月24日(金)〜25日(土)
    • 場所:沖縄本島南部の渡嘉敷島/渡嘉敷村/渡嘉敷小中学校グラウンド
    • 問合せ:渡嘉敷村商工会(098)987-2430
    • 詳細:渡嘉敷村 公式サイト http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/
  • 宮古島まつり

    夜店・歩行者天国・パレード・大綱引き・ミス宮古発表など多彩な催しで盛り上がります。
    お楽しみに!

    • 期間:7月25日(土)〜26日(日)
    • 場所:宮古島市
    • 問合せ:宮古島市観光協会0980(73)1881
  • 黒島の豊年祭


    石垣島から船に乗り継ぎ到着する黒島はその形からハートアイランドとして、そして「黒島牛まつり」が開催される牛の島として有名。平坦な島をサイクリングでめぐれば北海道を旅しているような、アフリカのサバンナを旅しているようなそんな心地を味わうかもしれません。一方でウミガメが産卵に来り、福々しいミルク様が海辺をあるく豊年祭がおこなわれたりと、八重山らしさもたっぷりとある島。そしてこの季節に、うつくしい海辺に島人が集いおこなわれる豊年祭の光景は、旅人の心の琴線にきっとふれることでしょう。黒島の豊年祭ならではの特徴は、下記にリンクした「美ら島物語」取材レポートをどうぞ。

    • 期間:7月下旬
    • 場所:八重山諸島の黒島/竹富町/宮里海岸
    • 問合せ:竹富町観光協会(0980)82-5445
    • 詳細:美ら島物語 黒島の豊年祭
  • 闘牛大会

    沖縄での闘牛人気はなかなかのもの。なにしろ県内の闘牛結果を速報する熱気むんむんな闘牛観戦記ブログ(下記リンク)があるほどなのですから! ちなみにそのブログにはある日の試合はこう記されています。“火花散る巨体激突に観客の肩は右、左と揺れ、会場は何度も大きなどよめきに包まれた。”と・・・。大迫力。ちなみに数十年前には、物凄く強い“ゆかり号”という名の闘牛がいて、この頃に生まれた女の子たちには“ゆかり”と名付けられた子がちらほらいたとか。なお、うるま市にある石川多目的ドームは駐車場完備、くわえて屋根がある闘牛場なので天気の心配いらずです。

  • 国立劇場おきなわ公演情報

    ユネスコ無形文化遺産に登録された「組踊」(国の重要無形文化財でもあります)、それから同じく国の重要無形文化財に指定されている「琉球舞踊」、沖縄芝居に沖縄の音楽や民俗芸能などを、楽しむことが出来ます。沖縄の伝統的な音楽と舞踊、そしてセリフからなる「組踊」は敷居が高いなと、お感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてご覧になられる方にも楽しんでいただけるプログラムも用意されています。こちらのプログラムなら、解説がはいったり、イラスト入りの解説書が配られたり、セリフ(琉球の言葉)が舞台両袖に字幕(標準語訳)で表示されたりするので、じゅうぶんに楽しめるはず。「国立劇場おきなわ」で、ぜひ組踊をご覧くださいませ。

  • 首里城 舞への誘い

    毎週4日(水・金・土・日)と祝日には、1日3回、琉球舞踊が舞われます。首里城ではぐくまれた華やかな舞踊と、民衆のあいだでつちかわれた雑踊り。この両世界をお楽しみください。なお屋外舞台につき、荒天時は中止になる場合があります。またイベント開催日にはおこないませんので、詳細は下記リンクにてご確認ください。

    • 期間:毎週水・金・土・日と祝日
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市 / 首里城公園無料区域内下之御庭
    • 問合せ:首里城公園管理センター → (098)886-2020
      首里城公式サイト 舞への誘い → http://oki-park.jp/shurijo/event/163
  • 那覇まちま〜い

    那覇の街を、気軽に、地元ガイドの案内で、定時出発でめぐることができる、うれしい“まち歩きコース”が、なんと約30種類も用意されています。初めて沖縄を訪ねた方も、リピーターの方も楽しめる充実のコース内容。しかも下記にリンクした公式サイトには、日付から検索できるコーナーもあるので、「この日に時間がちょっとあるけど、なにかいいコースはないかしら?」と気軽に参加可能なコースを探すことができるのです。料金は大人おひとり様1000円(例外もあります)。要予約。

    • 期間:年中
    • 場所:沖縄本島 南部 / 那覇市各地
    • 問合せ:那覇まちま〜い事務所(098)860-5780(受付時間9:00〜17:00)(※お電話の際には、「まちまーいコースの問い合わせです」とお申し出ください。)
      那覇まちま〜い → http://www.naha-machima-i.com/

おきなう

週刊おきなわ情報

沖縄の今をお届けします。

今日の美ら島

今日の美ら島

美ら島の最新情報をお届けします。

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる