おきなう

2013年4月5日号
旧暦:二月二十五日
天気:曇り
気温:24度

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
沖縄島旅散歩





美ら島物語壁紙



Flash版スライドショー


旅への誘い

携帯待ち受け画像

↑クリック↑


 
       3月 4月 5 

【4月の沖縄】
うりずんの季節 沖縄の初夏
デイゴの花が咲き乱れ、緑が深く眩しくなった野山にはセミの声が響き渡る。
半袖の上着が心地よい。海岸では膝ほどのところでモズクが採れる。
各地で海開きのイベントも行われ、夏への期待感が高まる。夏がやってくる!

●平均気温(気象庁1981〜2010観測データ)
 那覇市 23.4度(最高26.3度、最低13.3度)湿度平均69%
 宮古島 21.2度(最高24.1度、最低18.8度)湿度平均73%
 石垣島 22.3度(最高25.2度、最低19.9度)湿度平均70%
 久米島 20.2度(最高26.4度、最低11.1度)湿度平均71%
 与那国島21.9度(最高24.9度、最低19.4度)湿度平均70%
●平均水温 23.4度
●服装 半袖シャツ Gパン等

沖縄闘牛カレンダー闘牛 IN 沖縄
◎座間味ホエールウォッチング 〜4月上旬頃まで
 

座間味島 座間味村
那覇から、西へ40km程の座間味島近海に、越冬・繁殖のため、ザトウクジラたちがやってきます。 ホエールウオッチングは、座間味島から小型船に乗り、クジラたちに会いに行くスタイルが一般的。申し込み方法や注意事項などは、下記の座間味村ホエールウオッチング協会サイトに詳しく記載されていますので、ご覧ください。
【問合せ】ホエールウォッチングフェスタ開催実行委員会
(098)987-3009
座間味ホエールウォッチング協会
http://www.vill.zamami.okinawa.jp/whale/index.html
座間味村公式サイト
http://www.vill.zamami.okinawa.jp/village.aspx
美ら島物語 ホエールウオッチングin座間味島
http://www.churashima.net/shima/kerama/kujira2008/

◎シーミー(清明祭) 4月5日〜
沖縄県各地
お線香に花、それから重箱に詰めたご馳走を持参し一族が眠る墓へでかけ、これらを供え、供養します。しっかりとお線香が燃えたこのあとには、この世の親族皆で、そのままお墓にて、このご馳走をいただくのです。(ただし、シーミーの折にお墓へでかけない地域もあります。)とにもかくにもこの時期、沖縄本島の中部方面へ向かう道路の電光掲示板などには“シーミー渋滞”情報が灯されることしばしば。また市場やスーパーマーケットの惣菜売場には、シーミー用の、三枚肉や形の揃った沖縄てんぷら、かまぼこなどが詰められたセットが並びます。興味がある方はぜひ、召し上がってみてください。やわらかな上品な味で、驚かれるかもしれませんよ。
◎〜サンゴの楽園未来まで集まれ遊ぼう〜
 宮古島の海びらき  4月7日(日)
  宮古島  宮古島市 与那覇前浜ビーチ
宮古島といえば、海!!! 宮古島は、とにかく海がきれいなのです! スコンと透きとおった海は、きっとあなたの心を震わすはず! その宮古の海水浴シーズンが、この日に幕開けとなります。まずは安全祈願として初泳ぎ宣言をおこない、例年、そののち海へはいり“初泳ぎの証”をゲット! そうしてこのあとには、子供たちのための砂浜での宝探し大会が開催されたりともりだくさん。与那覇前浜ビーチは、7kmも続く白砂のロングビーチです。眼前には、橋でつながる来間島が横たわります。とにかく海がきれい、そして人が熱いと評判の宮古島での初泳ぎ&海びらきイベント参加は、きっと楽しい思い出となるはず。
【問合せ】宮古島観光協会(0980)73-1881
宮古島観光協会
http://www.miyako-guide.net/
美ら島物語
宮古諸島のビーチ
◎第13回 あやはし海中ロードレース大会美ら海 in うるま2013
  4月7日(日)
 

沖縄本島 うるま市 与那城総合公園陸上競技場
なんと、海中道路(全長4.7q)が舞台のロードレース大会です! つまり、南の海にのびる、島を結ぶ道を走る大会なのです。種目はハーフマラソンとトリムマラソン(10kmと3.8km)の3つ。いずれにコースも海中道路を走ります。なかでもハーフは海中道路を渡り、さらに平安座島から浜比嘉島まで走り、折り返すという潮風を満喫できるコース設定。大会名にある“あやはし”とは、琉球最古の歌謡集「おもろさうし」にでてくる“美しい橋”を表す“あやごはし”に由来。大会ゲストスターターは、ひーぷーさんと、琉神マブヤーさん。詳細は、下記公式サイトにてご確認ください。
【問合せ】あやはし海中ロードレース大会事務局(098)978-9404
*うるま市 あやはし海中ロードレース大会開催のお知らせ!
http://www.city.uruma.lg.jp/3/2584.html
美ら島物語 ビーチ特集 浜比嘉島のムルク浜

◎残波ビーチスペシャルサンクスデー2013 4月7日(日)
  沖縄本島 読谷村 残波ビーチ
残波ビーチの海開きは4月1日。そして海開きのイベントは、4月7日(日)に開催される予定です。残波ビーチといえば夏には、白いパラソルが並び、さらに外人も多く訪れるのでちょっとアメリカーな雰囲気にもなるビーチ。なおこちらのビーチは、サンセットを堪能できることでも有名。泳がずとも、のんびりビーチで夕日も眺める、なんてのも素敵ですね。
【問合せ】残波ビーチ(098)958-3833
美ら島物語 ビーチ特集
「美ら島物語」 豪快、残波のシイラ・カツオ釣り
◎〜サンゴの楽園未来まで集まれ遊ぼう〜
  宮古島の海びらき 4月7日(日)
 

宮古島  宮古島市 与那覇前浜ビーチ
宮古島といえば、海!!! 宮古島は、とにかく海がきれいなのです!
スコンと透きとおった海は、きっとあなたの心を震わすはず!

その宮古の海水浴シーズンが、この日幕開けとなります。

まずは安全祈願として初泳ぎ宣言を行い、そののち海へ入り“初泳ぎの証”をゲット! そうしてこのあとには、子供たちのための砂浜での宝探し大会が開催されたりともりだくさん。与那覇前浜ビーチは、7kmも続く白砂のロングビーチ。眼前には、橋でつながる来間島が横たわります。とにかく海がきれい、そして人が熱いと評判の宮古島での初泳ぎ&海びらきイベント参加は、きっと楽しい思い出となるはず。
【問合せ】宮古島観光協会(0980)73-1881
宮古島観光協会
http://www.miyako-guide.net/
美ら島物語 宮古諸島のビーチ

 

◎シブイの日 4月10日(水) 
 

沖縄県
シブイとは沖縄の言葉で、冬瓜のこと。沖縄の野菜市場に行くと、まるで恐竜のタマゴのような巨大で艶やかな冬瓜が。ゴロゴロと並び売られています。夏が旬のこのシブイを、沖縄の人々はよく食べます。我が家ではシブイと鶏もも肉のぶつ切りとを塩を散らして蒸し、食べることしばしば。火がとおり透き通ったシブイは、目にもおいしい野菜です。仕上げにごま油を少々たらすと、いいかも。
「美ら島物語」誰でもうちなークッキング
http://www.churashima.net/gourmet/uchina_cooking/24/index.html

 

◎八重干瀬(やびじ)観光 4月11日(木)〜12日(金)
 

宮古島   宮古島市
春から夏にかけての大潮の干潮時、沖縄の海では、普段は水面下にあるサンゴ礁群が広範囲にわたり大気にさらされます。
そして普段は海のなかにあるリーフは、ここで育つ貝やタコ、サンゴ礁に取り残された魚などの海の恵みをいただきにきた地元の方々で賑わいます。宮古島近くにある八重干瀬(やびじ)なら、フェリー会社がきちんと案内して連れて行ってくれるので安心。

ぜひこの雄大な自然現象と、そこに育まれた島の文化とを感じてみてください。
なお八重干瀬へのフェリーの運航は、宮古フェリーとはやて海運で行ってお
り、両社ともに運航日は4月11日(木)〜12日(金)となっています。出航時間や料金などの詳細は各自お問合せください。
【問合せ】はやて海運(0980)78-3337
宮古フェリー(0980)72-3263
宮古フェリー http://miyako-ferry.com/
はやて海運 http://www2.miyako-ma.jp/hayate/

◎浜下り(ハマウリ・サニツ)4月12日(金)旧暦の三月三日
  沖縄県内全域
沖縄大百科事典をひらくと、“海浜に下り災厄を祓い清める習俗、または旧暦3月3日に御馳走を持って海浜へ行き、潮に手足を浸して不浄を清め、健康を祈願して楽しく遊ぶ行事”とあります。
実際のところ、県内各地でその詳細は異なるものの、おおらかに表わさせてもらうならばこの日、女たちは海へおり、足を海水で濡らすべく貝採りなどを行うのです。
ぜひこの日に沖縄にいる方は海辺へ行かれてみてください。いつもとは一味違う、海の恵みを享受する笑顔あふれる初夏の海をまのあたりにしていただけるかと。
ちなみにこの日の那覇は、満潮が朝7時29分と夜20時17分、
干潮が午前1時31分と昼の13時55分です。
県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報    オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

◎第5回「沖縄の味と技展」3月27日(水)〜4月1日(月) 
 熊本県民百貨店  8階催事場 TEL:096-322-1111(代)
 
◎「沖縄の物産と観光展」4月3日(水)〜9日(火)
 (株)八木橋 7階催事場  TEL:TEL 048-523-1111(代)
 
◎第1回「めんそ〜れ〜大沖縄展(仮称)」4月5日(金)〜10日(水)
 (株)岡島百貨店 7階大催場+ほか TEL: 025-242-1111(代)
 
◎第2回「沖縄県の物産と観光展」4月11日(木)〜16日(火)
 (株)高松天満屋 7階催場 TEL:087-812-7111(代) 

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト


Google


今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在東南東の風5.6メートル、気温24.2度、雲が分厚くなり、降り出しそうな那覇の空です。これから、雨になり、明日にかけて強く降るようです。
南風が湿った空気を送り込んでいるので、お天気はしばらく不安定になりそうです。
日曜日と月曜日は晴れマークですが、火曜日からは再び雨。
梅雨も近づく沖縄、テッポウユリが咲き乱れ、うりずんの季節を迎えています。

石垣島

今月の美ら島風景は、石垣島にある新井写真館の主宰「新井優」さんの写真で石垣島の風景をお届けしています。
新空港が開港し、海びらきも無事終わり、夏へ向かって季節が流れている南の島は、わくわく感でいっぱいです。

おいしい石垣島

編集部が那覇から石垣島に行ったとき、頻繁にお昼に立ち寄るのがそば処「来夏世」(くなつゆ)。おいしいそばをおじいに食べさせたいと、おばあが心をこめて作っていた八重山そばがいつしか近所の人の人気のそばになり、お店を出したそば屋です。オープン当初から数年間は、おばあも厨房に立っていましたが、今は引退。でも当時の味はそのままで、島の人にも人気のそば屋さんです。お昼時間は込み合うので、スケジュールにはゆとりを持ってくださいね。

ぬぬぬ!ハブのスープ!
こちらは、編集部がよく行く居酒屋のスペシャルメニューがハブ料理。スープのほかにから揚げもあります。
何度か食べたことがありますが、あっさりしたふわふわな白身でおいしかったですよ。

もちろん、ハブ料理だけではなくて、おいしい刺身やイカスミチャーハン、石垣牛のあぶり寿司など、島の食材を使った料理もたくさんメニューにあります。
この居酒屋の名前は「瑚南」(こなみ)、美崎町にあります。日曜日はお休みです。
電話:0980-83-0170

こちらも、編集部が居酒屋帰りによく立ち寄るお店。ラーメン屋の「楼蘭」です。これまでは、スージ道でひっそりと営業していましたが、表通りに引っ越して、ぴっかぴかなお店になりました。

私が好きなのは塩ラーメン!
優しいけれど、しっかりしたスープが美味なのです。

ちょっと変わったお店を見つけました。Tシャツ屋さんのようです。
場所は、あやぱにモールのアーケードが終わるところを左(市役所側)に曲がって少し行ったところです。
何が変わっているかというと、ドアにノブがないんです。壁には開け方の図も貼られています。
旅の途中で面白写真が撮れるかもしれませんよ。

先週のおきなう

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.