おきなう

2013年5月31日号
旧暦:四月二十二
天気:曇り
気温:29度

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
沖縄島旅散歩





美ら島物語壁紙



Flash版スライドショー


旅への誘い

携帯待ち受け画像

↑クリック↑


 
       3月 4月 5 

【5月】

若夏、日に日に気温も上がり、日中は室内でもクーラーが必要となる。陽射しが強くなるが、連休が終わると梅雨入りし、6月後半の梅雨明けまでは、雨の日が多い。
この時期は沖縄では昔から「小満芒種(スーマンボースー)」(多雨酷暑のさまを表す言葉)と呼ばれている。
●服装 半袖シャツ Gパン等
● 平均気温
那覇市 23.9度 (最高30.3度、最低16.3度) 湿度平均86%
宮古島 24.5度 (最高30.0度、最低18.8度) 湿度平均88%
石垣島 25.4度 (最高30.1度、最低20.5度) 湿度平均83%
久米島 23.5度 (最高28.8度、最低18.2度) 湿度平均85%
与那国島24.9度 (最高30.3度、最低18.8度) 湿度平均81%

●平均水温 25.4度

 

沖縄闘牛カレンダー闘牛 IN 沖縄
かりゆしウェアの日 6月1日(金)
  かりゆしウエア(県産品!)がフォーマルウエアとして大活躍。もはや沖縄の風土に根づいた、必然の“服”として県民に受け入れられています。
◎ダイビングフェスタ石垣島2013 6月6日(木)〜8日(土)
  八重山諸島 石垣島 石垣市
変化に富んだ南の海を堪能できる石垣島で、海洋生物セミナーや水中フォトコンテストなどが開催されます。
【問合せ】八重山ダイビング協会
http://www.isigakizima.com/index.html
◎日本ビーチバレー連盟公認 
  第14回 ビーチバレー宮古島大会2013 6月8日(土)〜9日(日)
  宮古島 宮古島市下地 / 与那覇前浜ビーチ
全国からビーチバレーチームが集結し、熱いバトルが繰り広げられる、宮古島の定番スポーツイベント。白砂のロングビーチで知られる与那覇前浜に、ずらりとコートが並ぶ様は圧巻。さらに毎年楽しみなのが、大物ゲストが登場する初日夕刻からのビーチフェスティバル。昼も夜も、スポーツ&宮古島のとびっきりビーチを満喫しちゃいましょう!
【問合せ】大会実行委員会(0980)75-3824
第14回 ビーチバレー宮古島大会2013
http://www.bvmm.jp/
美ら島物語 宮古島情報
http://www.churashima.net/shima/miyako/index.php3
◎ユッカヌヒー(ハーリー) 旧暦五月四日 6月12日(水)
 

沖縄各地の漁港
旧暦5月4日は、特別な日。沖縄の人々は、この日のことをヨッカヌヒーと呼び、大事にしています。だからたとえこの日が、旧暦だと平日でも、多くの地域で暦にしたがい、この日にヨッカヌヒーの祭祀をおこなうのです。この日、沖縄各地の漁港では、沖縄伝統の漁船“サバニ”を美しく彩ったハーリー舟で、ウミンチュ(海人/漁師)たちによる、豊漁や海の安全を願い祈る、真剣勝負の競漕がおこなわれます。筋骨たくましい海人たちが、この日のために練習を積み重ね、思いと祈りを込め、真剣に、必死に、仲間と息をあわせ一糸乱れず漕ぐさまは、そしてそれを、叫び飛び跳ね応援する女たちの姿は、観る者の心をゆさぶります。この日おこなわれる舟漕ぎ競漕は、南の海で生きる人々の覚悟のなんたるかを、そこに根を張らない人々も垣間見ることができる祭祀ともいえるでしょう。起源や伝来ルートなど、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。
美ら島物語 爬竜舟競漕ハーリー

県内各地のハーリーについては美ら島物語イベントカレンダーをご覧ください。
http://www.churashima.net/calendar/201306/index.html

◎夏至  6月21日(金)
  日本が位置する北半球の、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日、それが夏至。昨今では夏至や冬至に、キャンドルナイトを楽しむ人も多いとか。そしてここ沖縄では、例年この夏至あたり、つまり6月後半に入ると、いよいよ梅雨明けとなり、本格的な夏が到来するのです! なお、2011年の梅雨明けは観測史上最も早い6月9日、2012年は23日でした。今年はどうなることやら。
「美ら島物語」一番早い夏がやってきた


MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2013 6月22日(土)
  宮古島 宮古島市上野地区 南西楽園宮古島リゾート敷地内特設会場
海に優しく、空に優しい、南の島のロックフェスです。詳細は決まり次第、随時」公式HPにて発表されますが、とにかく人気の、熱い熱いロックフェスティバルです。ちなみに、ORANGE RANGE 、10-FEET、BUZZ THE BEARSの出演は早くも決定!それから宮古島の、自然と、人々の熱さと、ロックと、夏、が融合する超人気フェスなので、宿などの予約はとにかくお早めに!なおチケットや開催時間などの詳細は、下記公式サイトにてご確認ください。
【問合せ】MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL事務局(0980)73-6069
MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2013 http://www.mirf.jp/top.html
南西楽園 宮古島
美ら島物語 宮古島情報
◎慰霊の日 6月23日(日)
  沖縄県
梅雨明け直後の沖縄は、ギラギラと太陽が照りつける容赦ない暑さに包まれます。そしてこの厳しい暑さのなか、沖縄では、糸満市平和記念公園はじめ県内各地で、戦没者追悼式典がおこなわれます。諸説があるのですが、この日が、日本軍司令官の自決により、沖縄戦の組織的戦闘が終わった日とされているからです。そして実際は、この日の後も、多くの尊い命が失われつづけました。なお沖縄県の学校は、慰霊の日はお休みとなります。県庁や各市町村の役場もお休みです。
県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報    オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 
◎第1回「沖縄の物産と観光展」 5月23日(木)〜28日(火)
 (株)中合三春屋店 4階催事場 0178-24-7111(代)

 
◎第8回「めんそ〜れ沖縄展」  6月19日(水)〜24日(月)
 三越日本橋本店 本館7階催事場 03-3241-3311(代)

 
◎「めんそ〜れ〜沖縄展」 7月03日(水)〜08日(月)
 伊勢丹相模原店 本館5階・本館2階ギャラリースクエアー
 042-740-1111(代)

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト


Google


今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在、南西の風4.1メートル、気温28.1度、朝は青空が広がっていましたが、じわじわと曇り空に変わってきている那覇です。

今週は、梅雨の中休みで晴天続きでした。来週はまた雨マークが並んでいますが、真夏のような青空が広がる世界を久しぶりに味わい、さらに夏への期待が高まりました。

空は青いほうがいいですね。
空の上では着々と夏の支度が進んでいるようで、入道雲の背丈も伸びてきました。
沖縄は梅雨明けは、例年夏至の頃。あと3週間ほどで南の島に夏がやってきます。
島旅の計画を練っていますが、額から流れる汗を拭きながら笑っている姿が浮かびました。
今年の夏もたくさんの美ら島風景をお届けしてまいります。

夏色阿嘉島

那覇市の泊港から高速船で西へ1時間少々。
美しいブルーの世界が広がる慶良間諸島の一つ、座間味村の阿嘉島は、夏色風景がいっぱいです。

27日月曜日、夜明けとともに広がった空はブルー。これは島へ行かなくてはと急きょ離島撮影を決定。行き先を考えていたら、インスピレーションで「阿嘉島」が浮かんできたので、迷わず決定。高速船も空席ありだったので、直接港事務所で乗船券を購入。午前9時に泊港を出発しました。夏の間の週末は事前に予約しないと乗れない日もあるくらい、座間味、阿嘉両島は人気の場所。日帰りでも行けるので、大勢の観光客も訪れます。

船が阿嘉港に入港する際、港入口のテトラポットが海の底までスケスケくっきり。

この青さを見ると、甲板にいる乗船客は、歓声を上げます。

港周辺でもこんなに美しい海が広がって、橋の上から何時間でも見つめていたくなります。

この下にはウミガメガいる日も多いので、運が良ければ息継ぎに上がってくるウミガメの写真も撮れます。


漁港もすごい透明度。
船の影が海底に映ると、船が空中に浮いているように見えたりします。
  沖縄家庭料理の店「あいあい」(名護市)

こちらは、はじめて行った海岸。

去年見つけていましたが、急な階段を上り下りしないといけない場所で、お天気が悪い日でもあったので、その時は行かずに今年チャレンジ。行き返りは確かにきつい場所ですが、だーれもいない広い美しい砂浜に出会えてテンションも上がりました。
聴こえてくるのは鳥の声、波の音、珊瑚のかけらが波に揺れる音。
清い風が吹く自然の中で、自然に溶け込みながら過ごせ素敵な浜でした。ここはもしかするとパワースポットなのかもしれません。

阿嘉島は、癒しの青が広がる素晴らしい島。
ぜひ一度訪れてみてくださいね。

先週のおきなう

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.