おきなう

2013年8月2日号
旧暦:六月二十六日
天気:晴れ
気温:31度

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【8月】

マリンレジャー最盛期。
 暑さはますます厳しく、空も海も蒼く眩しく輝く。陽射は強いが、風が吹くので日陰では涼しい。エイサーや綱引きなどが各地で行われる。 沖縄が一番熱くなる。
●平均気温
(1981〜2010気象庁データ)
那覇市 28.7度 (最高31.5度、最低26.6度) 湿度平均78%
宮古島 28.5度 (最高31.2度、最低26.3度) 湿度平均80%
石垣島 29.2度 (最高31.8度、最低27.1度) 湿度平均77%
久米島 28.6度 (最高31.5度、最低26.1度) 湿度平均80%
与那国島28.5度 (最高31.2度、最低26.2度) 湿度平均81%
●平均水温 29.1度

●服装 半袖、半ズボン、サングラス、帽子、 ※日焼け止め

水分をたくさん取りましょう、熱中症に注意です。

沖縄闘牛カレンダー闘牛 IN 沖縄
◎与那原大綱曳第31回与那原大綱曳まつり 
 8月3日(土)〜4日(日)
  沖縄本島 南部/与那原町/御殿山青少年広場
与那原大綱曳は、那覇、糸満と並ぶ、沖縄三大大綱引きのひとつ。太平洋に面する与那原町は、古くは材木などを運ぶ山原船でにぎわう中継港だった町。与那原大綱曳はこの地に400年続く、雄大かつ伝統ある行事です。女性たちに先導され、「ハーイヤ!」の掛け声とともに長さ100m、重さ5トンの“綱”が姿をあわらします。また東西2本の各綱の上には、沖縄の歴史や踊りなどの登場人物に扮した“仕度(したく)と呼ばれる人たちが乗っています。そうしてメイン会場となる広場へ運びこみ、いっせいに綱を担いでいた棒を落とすと、ドスンという地響きが会場に響き渡り! で、東西の綱をあわせたその途端、綱曳きはスタート。豊年祈願や無病息災への祈りをこめおこなわれるこの大綱曳、ぜひご覧になってみてください。
【問合せ】与那原まつり運営委員会(与那原町役場企画総務課)(098)945-225
与那原大綱曳 公式サイト
◎南の島の星まつり2013 8月3日(土)〜17日(土)
  八重山諸島 石垣島/石垣市/石垣港新港地区サザンゲート広場
今年の旧暦の七夕は、8月13日(火)です。そして毎年、この旧暦の七夕に開催される「南の島の星まつり」の目玉イベントともいえる“夕涼みライブ”&全島ライトダウンは、8月3日(土)! 島中の人々が、ホテルが、車たちが協力しての全島ライトダウンがおこなわれます。天候にめぐまれれば、夜空にくっきりと天の川があらわれることでしょう。また星まつり期間中には例年、国立天文台施設公開やVERA石垣島観測所特別公開などがおこなわれます。今年の夏は、南の島で海風に吹かれながら、一緒に星空を見上げてみませんか?
【問合せ】南の島の星まつり実行委員会事務局(石垣市観光交流推進課)(0980)82-1535
南の島の星まつり2013 公式サイト
http://www.southern-star.jp/

美ら島物語 南の島の星まつり2006
◎ 第35回 名護市長杯争奪  全島職域ハーリー大会
 8月4日(日)
 

沖縄本島北部/名護市/名護漁港内
ハーリーといえば旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に、豊漁と航海安全を祈願しておこなわれる舟漕ぎ競争であり、ウミンチュ(漁師)たちの伝統ある祭祀。が、漕ぎ手たちの肉体と知恵と協力で競われるこの舟漕ぎ競争に魅せられ、いまでは祭祀とはべつに、こうしてハーリー大会が開かれているのです。なお本大会には、県内最多の約180チームが参加! その迫力ある櫂さばきを、ぜひご覧になってみてください。
【問合せ】名護市観光協会(0980)53-7755
名護市観光協会

夏祭りin那覇2013 8月4日(日)
  一万人のエイサー踊り隊
沖縄本島南部/那覇市/国際通り
国際通りを“1万人のエイサー演舞者”が埋め尽くし、太鼓の音が鳴り響く、迫力満点のイベントです。熟練の各団体に加え、1000名を超える一般参加募集による演舞者も、国際通りで舞う舞う舞う!ちなみにみるだけ≠ナは満足できないあなたは、にわかエイサー隊≠ノ参加してみませんか(要参加料)? 当日朝10時(頃予定)に県庁前へ行き、練習をして、即、国際通りの道ジュネー(練り歩き)を体験できるのです。このタイミングで那覇へいらっしゃる方は、ぜひ、エイサー一色に染まる国際通りへ繰りだし、エイサーに、ショッピングにと、国際通りを満喫してくださいね。
【問合せ】夏祭りin那覇実行委員会(098)863-2755
◎オリオンビアフェスト2013 in宮古 8月10日(土)
 

宮古島/宮古島市/カママ嶺公園多目的広場
宮古島にきたら、泡盛&おとーりも素敵ですが、やっぱりオリオンビールをぐいっと飲みたい、と思われる大人の皆さま方も多いのではないかなと。宮古島の青く透きとおった海と、入道雲わき立つ夏空と、キンキンに冷えたビール!! これはもう、文句なし最高の組み合わせ。くわえて揚げたて魚てんぷらがセットになったら、最高ですね〜。で、ロックフェスの島ともいわれるソウルフルなここ宮古島でも、オリオンビアフェスト開催されるのです。これはもう、盛り上がること間違いなし。工場直送の新鮮生ビール&県内有名アーティストを中心としたライブで、夏の夜をお過ごしください。
【問合せ】オリオンビール(098)877-5070
オリオンビール公式サイト http://www.orionbeer.co.jp/event/index.html

◎夏の全島闘牛大会 8月11日(日)
 

沖縄本島中部/うるま市/石川多目的ドーム
沖縄の闘牛は、スペインの闘牛とは異なり、牛と人ではなく、牛と牛がたたかいます。ちなみに沖縄での闘牛の歴史は、諸説があるものの、そのはじまりは“明治の後半”といわれているのだとか。以降、農村の娯楽としておおいに盛り上がったものの、戦争で完全に途絶えます。そして戦後、復活を! 本大会は、中量級、軽量級のダブルタイトルマッチがおこなわれるビッグイベント。県内外から多くのファンがつめかける大会なのです。沖縄的闘牛をもっと知りたい方は、ぜひ下記にリンクした「美ら島物語」の闘牛レポートも読んでみてください。そうそう、いい試合のあとに鳴り響く指笛が、沖縄的でもあったりしますよ。なお闘牛スケジュールは日が近くなりましたら下記サイトに掲載されますので、興味がある方はご覧になってみてください。
【問合せ】うるま市商工観光課(098)965-5634
闘牛in Okinawa
http://www2u.biglobe.ne.jp/~office21/
美ら島物語 闘牛 〜沖縄的娯楽入門〜
うるま市公式サイト 
http://www.city.uruma.lg.jp/6/5170.html

 
県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報    オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報


やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト


Google


今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在、南南西の風5.9メートル、気温31.9
度、南から北へ雲が流れている那覇です。沖縄も少雨で、今週は本島北部で2時間程度大雨が降った日がありましたが、那覇は降らず。久米島では7月の降水量がゼロミリと、農作物が干ばつ被害を受けそうな状況で、8月中旬までは、晴れの日が続くようです。いつも風が通っていて日陰は涼しい沖縄ですが、雨が少ないと地表の気温も上がり調子。街中の温度計は35度になったところもあります。
スカッと晴天の日は心地よいものですが、体へのダメージも少なくありませんので、沖縄で夏休みを満喫なさる方は、体調管理をお忘れなく。

本島北部 本部町の夏色

本島北部西海岸、名護市を過ぎて本部町にはいる。海は鮮やかになり、ワクワク感が膨らんでいきます。写真の場所は塩川の海岸。美しい海岸は、本島でも探せばまだまだたくさんあります。

本部港を越えて、瀬底大橋に入る。
橋からの風景は、エメラルドとコバルト色の世界。

瀬底島で見つけた秘密のビーチ。
コンパクトな砂浜が、美しくて調和がとれた海岸でした。瀬底ビーチの南側にあります。

瀬底区の公民館に飾られている石は、国会議事堂中央広場の装飾につかわれている瀬底島さんトラバーチン原石の一部。島の北側の海岸を切り崩して採掘したものだそうです。

瀬底島のランチは、ハワイアンパスタ&カフェ「オレンジサンセット」。たまに伺うお店で、私はミートソースをよく注文します。

瀬底島から向かったのは備瀬集落。フクギ並木の通路は、ひんやり木陰で夏の陽射しにほてったからだをクールダウンしてくれます。晴れの日は木漏れ日と緑葉のバランスがまた美しく、向こうに海が見えると、嬉しくなります。

備瀬の海は、夏の陽射しに輝いています。
海岸沿いの道を自転車で走ると、海風が心地よく、木陰で休むと風がまた心地よく、お昼寝モードへいざなわれていきます。
夏の午後、ゆったりまったり海を見ながら過ごしてみたい素敵な場所です。

 

先週のおきなう

  

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.