おきなう

2013年9月27日号
旧暦:八月二十三日
天気:曇り
気温:28度

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【9月の沖縄】 

まだまだ陽射しは強いが、朝夕の風がさわやかになり、夕焼け空が美しくなってくる。海水浴は普通に可能です。

●9月平均気温 
(1981〜2010気象庁データ)
◆那覇市 27.6度 (最高30.4度、最低25.5度)湿度平均78%
◆宮古島 27.4度 (最高30.0度、最低25.3度)湿度平均79%
◆石垣島 27.9度 (最高30.7度、最低25.8度)湿度平均76%
◆久米島 27.4度 (最高30.2度、最低24.9度)湿度平均80%
◆与那国島27.3度 (最高29.8度、最低25.1度)湿度平均81%

●平均水温 28.1度

●服装 半袖、半ズボン、(日焼け対策の薄手の長袖)
●必需品 日焼け止め、帽子、サングラス



沖縄闘牛カレンダー闘牛 IN 沖縄
◎さらはまミャークヅツ  9月25日(水)〜28日(土)
  宮古諸島 伊良部島/宮古島市/ブーンミャ(佐良浜出張所前)
伊良部島といえば、カツオ漁が盛んなことで知られる島。さらはまミャークヅツでは、4日間(!!)現世をとことん楽しむために踊りまくり、クイチャーを奉納し、向こう1年間の五穀豊穣と無病息災、航海安全、大漁を祈願する祭祀です。男たちの「ヒヤッ、ヒヤッ、ヒヤサッサイ」の掛け声が勇ましく響きます。括弧市指定無形民俗文化財。
【問合せ】いらぶ観光協会(0980)78-5513
*伊良部島ねっと → http://www.irabuzima.net/
◎西表島節祭 9月30日(日)〜10月2日(水)
 

八重山諸島 西表島/竹富町/祖納(そない)・干立(ほしだて)
西表島をどうしようもなく好きになった方々ならば、一度はこの日に、これらの集落に身をおいてみたいと思うのが、500年もの伝統があるといわれるこの祭祀節祭(しち)=B今年の豊作を感謝するとともに、来年の豊作祈願をおこなうもので、農作業における年度の変わり、すなわち季節の折り目や都市の折り目を表す祭りです。国の重要無形文化財。西表西部の祖納集落と干立集落と同日におこなわれるのですが、祖納では黒い布で全身を覆い砂浜をあるくフダチミの姿を、干立では茶色の長靴姿が衝撃的なオホホー、オホホーと奇声を発しながら動きまわるオホホに、ぜひとも会いたいものです。これらの奉納芸能がおこなわれるのは10月1日(火)。なお節祭は先にも記したとおり、集落の方々の大事に守り伝えている祭祀です。さえぎってはならない方向や、入ってはいけない神聖な場所などもあります。どうか失礼なきよう、丁寧な心持で訪ねていただければと願います。
【問合せ】竹富町観光協会(0980)82-5445
文化遺産オンライン 
国指定文化財等データベース(文化庁)
http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp

◎世界エイサー大会  10月5日(土)〜6日(日)
 

沖縄本島 南部/那覇市/国立劇場おきなわ
受け継がれてきた伝統エイサーの渋さにうなり、海外や県内外の創作エイサー団の熱い演舞に感動する。そんな、エイサーファンなら誰しもかけつけたくなるような大会です。なお8月16日〆切で、グランプリ、ジュニア、キッズの各部門にて参加団体を募集しています。踊りたい!と思った方は下記公式サイトにて、募集要項をご確認ください。
【問合せ】世界エイサー大会実行委員会事務局(098)867-2622
*世界エイサー大会公式サイト
http://www.eisa-okinawa.com/
美ら島物語 島くとぅば → http://www.churashima.net/word/18.html

◎第33回 野國總管まつり  10月5日(土)〜6日(日)
 

沖縄本島 中部/嘉手納町/兼久海浜公園
野國總管(のぐにそうかん)とは、人名。總管は役職名です。ときは1605年。首里城に、尚寧王が君臨していた時代のお話し。明の皇帝への貢物などを運ぶ進貢船で働いていた野國總管は、福建省から一株の甘藷を持ち帰り、島の飢饉を救ったのです。つまり彼は、嘉手納町の偉人。で、その功績を称えこのまつりは行われます。当日は、もちろん甘藷の販売も。例年、“いも料理コンテスト展示会”、子供のための“おいもの歌大会”、“芋ほり大会”と芋づくしなイベントがいっぱい。さらに、両日ともに花火があがります。なお、嘉手納の方々の野國總管への熱い想いは、下記サイトからも感じることができます。ぜひともご覧になってみてください。
【問合せ】嘉手納町産業環境課(098)956-1111
甘藷伝来400 甘藷と野國總管
嘉手納町 イベント
http://www.town.kadena.okinawa.jp/event/

◎重陽の節句 平和の凧揚げフェスタ 10月6日(日)
 

沖縄本島 南部/糸満市摩文仁/沖縄県平和祈念資料館の北側広場
沖縄では、旧暦9月9日の重陽(ちょうよう)の節句≠ゥら、ミーニシという北風が吹き始めるといわれています。このタイミングで、凧揚げを楽しむことができる平和へ思いをよせつつ、凧揚げをおこないます。もちろん沖縄の伝統的な凧も空を舞いますよ。詳細は、下記にリンクしたHPにてご確認ください。昨年度開催時の案内もご覧になれるので、雰囲気がおわかりいただけるかと思います。
【問合せ】財団法人沖縄県平和祈念財団(098)997-2765
*2012年度の「平和の凧揚げフェスタ

◎南大東島 金比羅祭 10月10日(木)
 

南大東島/大東村/南大東島金比羅宮
明治33年に、東京都八丈島出身の玉置半右衛門らが開拓したことから、有人島としての歴史がはじまる島です。断崖絶壁に囲まれた南大東島の西港近くに、金比羅宮はあり、毎年10月10日に航海安全と大漁祈願を祈願します。なお、金比羅宮は八丈島の文化の影響を受けたもので、もともとは沖縄にはないものです。なお南大東島は、水深4000mの海底から立ち上がった火山島の頂に、サンゴ礁が堆積をつづけ、さらには隆起を繰り返してできた、世界的にも非常に珍しい島です。
【問合せ】南大東村役場(09802)2-2001
南大東島公式サイト→
http://www.vill.minamidaito.okinawa.jp/

◎北大東島 金比羅宮例祭 10月10日(木)
 

北大東島/大東村/北大東島金比羅宮
金比羅宮は西港近くにあり、毎年10月10日には、航海安全と大漁祈願を祈願し、金比羅宮例祭がとりおこなわれます。なお北大東島はかつて、燐鉱やアルミの原料であるアルミナ鉄などの採掘により、最盛期には、現在の5倍以上となる4000人もの人々が暮らしていた。現在でも島の港近くには、燐鉱石貯蔵庫跡などがあり、かつての賑わいをいまに伝えている。それからもうひとつ。北大東島を訪ねたら、島の特産品のじゃがいもをつかったじゃがいもパン≠、ぜひ召し上がってみてくださいね。
【問合せ】北大東村役場(09802)3-4001
北大東島公式HP→
http://vill.kitadaito.okinawa.jp/

県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報  オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 

 

 
 第4回「沖縄物産展」  11月7日(木)〜13日(水) 
 東武百貨店船橋店6階イベントプラザ 024-521-5151

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト


Google


今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在、北の風6.7メートル、気温28.5
度、曇り空の那覇です。海上は、波がやや高くなっていて、うねりも入っているようなので、海のレジャーは注意が必要です。

週間天気予報を見ると、最高気温が30度を割り込む日もあり、南の島の夏も、終わりに近づいています。とは言ってもまだまだ普通に泳げます。今年、海に行っていないなぁと思われたみなさま、南の島に夏を取り戻しにメンソーレー。

沖縄本島 読谷村

那覇から国道58号線を北に走って1時間弱、ホテル日航アリビラがある、読谷村には美しい海岸がたくさんあります。
こちらは、日航アリビラの建物の手前の浜。
陽が射すと、海のグラデーションが美しく現れます。

こちらは、アリビラより少し残波岬に近い浜。
この日は帯状の雲が北から南へ走っていて、慶良間諸島あたりまで続いていました。

こちらはさらに残波岬に近い浜。
アダンの葉が、風景を引き立てていました。
今年は台風が来ていないので、海岸の草木も緑葉がいっぱいです。

砂浜で投げ釣り 沖縄本島 本部町

先日、本部町の海岸で投げ釣りをしていたら釣れたフエフキダイの一種。大きさは25センチほど。いつもより、少し大きめの釣り針を使ったので、小魚はあまり寄って来ず、このサイズの魚の引きを楽しめました。

釣った魚は、この日晩ごはんを予約していたお店に持っていき、バター焼きにしてもらいました

。フレッシュで柔らかい白身がスパイスとよくなじんでおいしかったですよ。

琉球料理 ふみや本店
那覇市前島にある琉球料理の店「ふみや本店」。家庭的な雰囲気の食堂です。
お店に入ると大広間に座卓が3列10卓ほど並んでいます。お昼12時ごろに行くと、満席になっていることも多いようです。
お料理を注文する際には、テーブルに置かれた伝票に数量を書き込み、お店のおねえさんに渡します。
写真は沖縄の家庭料理「イナムドゥチセット」。
豚肉やシイタケ、カマボコが入った味噌汁に、フーチバージューシーやジーマーミ豆腐、ミミガー漬物、など9品が、お盆に乗って運ばれてきます。お値段は1000円ですが、ランチタイムの午前11時〜午後2時は、800円で食べられます。イナムドゥチのほかにも中味汁セットや煮付け、ソーキ汁などもあります。泡盛もあるので、夕食時には、まったりゆったり語らいのひとときを過ごせます。
営業時間は午前11時から午後10時まで。
日曜日はお休みです。お店の裏に駐車場があります。098-868-3309

 


先週のおきなう

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.