おきなう

2013年11月8日号
旧暦:十月六日
天気:晴れ
気温:26度

 

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【11月の沖縄】 

本格的な秋を迎えて気候は全般的に安定している。やんばるではみかん狩りもはじまり、各地で祭りやイベントが多数開催される。

平均気温
(1981〜2010年気象庁データ)
那覇市 22.1度 (最高24.6度、最低19.9度) 湿度平均74%
宮古島 22.7度 (最高25.0度、最低20.8度) 湿度平均73%
石垣島 23.2度 (最高25.8度、最低21.1度) 湿度平均69%
久米島 22.1度 (最高24.4度、最低19.8度) 湿度平均69%
与那国島22.8度 (最高24.9度、最低20.9度) 湿度平均74%

●平均水温 25.6度
●服装 長袖、薄手カーディガン(朝夕)



◎カヌチャリゾート・スターダストファンタジア
 11月1日(金)〜2014年2月28日(金)
 

沖縄本島北部/名護市/カヌチャリゾート ガーデンプールほか、敷地内
カヌチャリゾートの恒例で、そして大人気イベント、約100万球の光で彩られる“スターダストファンタジア”が今冬も開催されます。庭やプールなどを幻想的に彩り、ファンタジックな世界を演出。また、ファンタジアのシンボルとなる「マザーツリー」では、毎日「スイッチング・オン・セレモニー」が開催され、ゲストたちの手でイルミネーションが点灯されます(有料)。環境への配慮として、マザーツリーのLED化や、カーボンオフセットへの取り組みも実施。もちろん宿泊していない方も入場券を購入すれば見学できます
【問合せ】コンシェルズデスク(0980)55−8880(代表)
沖縄 カヌチャリゾート カヌチャベイホテル&ヴィラズ
カヌチャ スターダストファンタジア
美ら島物語 カヌチャ・ステラ教会

◎第21回 日本最西端 与那国島一周マラソン大会 11月9日(土) 
 

八重山諸島 与那国島/与那国町/与那国中学校スタート・フィニッシュ
日本最西端の島、与那国島。晴れた日には、まれには台湾の山陰が望めることもある、まさに国境の島。ヨナグニウマが草をはみ、風力発電機の風車がまわる、この美しい島を全身で満喫できるのが、このマラソン大会です。
【問合せ】日本最西端与那国島一周マラソン大会実行委員会(0980)87-2241
日本最西端の島 与那国町HP 
与那国島一周マラソン大会 
美ら島物語 楽しいマラソンのすすめ

◎〜熱帯の花となれ 風となれ〜
 ツール・ド・おきなわ2013 11月9日(土)〜10日(日) 
 

沖縄本島北部/名護市/名護市民会館、名護市街地北部12市町村
自然豊かな沖縄本島のやんばるが舞台となる、自転車の祭典です。
人気の〈サイクリング部門〉は、初心者や家族参加で楽しむことが出来る“恩納村ファミリ−サイクリング”や“伊江島ファミリーサイクリング”などもあります。また、小学1年生以上から参加できる“伊平屋・伊是名サイクリング(1泊2日)”も魅力的。ほかにも、2日間かけて沖縄本島を一周(323km)する“沖縄本島一周サイクリング”など多彩なコースがあります。
なお本大会の市民レース部門には、国内最高レベルの競技力をもつホビーレーサーがエントリーする、国内における「ロードレースの最高峰」とも称される210kmを走るコースも。そして「ツール・ド・おきなわ」では、国際ロードレース大会も開催。こちらは海外招待選手及び国内の競合選手が競いあう国際レースです。
【問合せ】ツール・ド・おきなわ協会(0980)54-3174
TOUR DE OKINAWA 熱帯の花となれ風となれ
http://www.tour-de-okinawa.jp/index.html

◎村政100周年記念大会
 第16回 たらま島一周マラソン大会 11月9日(土)
 

宮古諸島 多良間島/多良間村/多良間小学校ほか
国指定の無形民俗文化財の“八月踊り”で知られる多良間島。宮古島と石垣島のほぼ中間に位置するこの島で開催される、マラソン大会です。
【問合せ】多良間村役場総務財政課観光係(0980)79-2260
多良間公式ウェブサイト
〜南洋に浮かぶ癒しの島〜

◎離島フェア2013 11月15日(金)〜17日(日)
 

沖縄本島南部/那覇市/沖縄セルラーパーク那覇(奥武山公園内)
沖縄中の島々から、魅力的な特産品が大終結する沖縄在住者にも大人気のフェアです。毎年会場は大変な賑わいに! またステージでは、島々の民俗芸能などを楽しめます。ぜひ足をのばしてみてください。開催時間は10〜19時予定です。
【問合せ】離島フェア開催実行委員会事務局
(098)963-8191

◎第36回 宮古の産業まつり 11月16日(土)〜17日(日)
 

宮古諸島 宮古島/宮古島市/未定
宮古上布などの伝統工芸品や、特産品などが一堂に会する産業まつりです。宮古島の花や食材、特産品などがお買い得価格で並びますので、旅の人も存分に楽しめるはず。
【問合せ】宮古の産業まつり実行委員会(宮古島商工会議所内)(0980)72-2779
宮古島観光協会
http://www.miyako-guide.net/
美ら島物語 宮古島情報

◎第24回 中部トリムマラソン 11月17日(日)
 

沖縄本島中部/沖縄市/沖縄県総合運動公園陸上競技場ほか
爽やかな11月の沖縄は、マラソンにぴったり。中部トリムマラソンは、親子での参加者も多い大会です。かなり凝った仮装をして走るランナーも多いそうなので、走っても、応援しても楽しい大会です。
【問合せ】中部トリムマラソン大会事務局(098)932-5114
*中部トリムマラソン大会事務局 公式サイト http://chubutrim.ti-da.net/

◎第34回 壺屋陶器まつり 11月21日(土)〜24日(日)
 

沖縄本島南部/那覇市壺屋/那覇市立壺屋小学校
那覇市にある“壺屋(つぼや)”が、いまのような陶器の町となったのは1682年のこと。当時3箇所あった窯が、琉球王府の手によりこの地に統合されたことが始まりでした。以降、明治維新や第二次世界大戦などの苦節を乗り越え、壺屋は約340年経った今日もなお、焼き物の町であり続けているのです。本まつりは、この歴史ある壺屋でおこなわれる“陶器まつり”です。なお例年、壺屋の旗頭が登場したり、20名の腕利きの陶工が紅白にわかれ、ふたりずつ、湯飲みや皿に壺など与えられたテーマの作品を仕上げ、その出来などを競うカーミスーブがおこなわれたりもします。もちろん当日は、展示即売(人気!)もおこなわれます。“やちむんファン”の皆様方にはぜひお越しいただきたいイベントです。
【問合せ】壺屋陶器事業協同組合(098)866-3284
壺屋陶器事業協同組合
http://www.tuboya.com/

県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報  オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 

 

 
 第4回「沖縄物産展」  11月7日(木)〜13日(水) 
 東武百貨店船橋店6階イベントプラザ 024-521-5151

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト

 

 

今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前10時現在、東北東の風3.6メートル、気温26.02
度、秋晴れでさわやかな那覇です。
週末のお天気も晴れマーク、気温は26度〜27度の予報です。那覇ではもう聞こえなくなりましたが、宮古島や伊是名島では、まだセミが鳴いていて、夏の余韻が漂っています。
年賀はがきも発売になり、2013年が終わりに近づいていることを実感しますね。
今週は本島でツール・ド・沖縄が、与那国島では与那国マラソンが開催されます。
さわやかな季節、南の島のスポーツイベントが島を熱く盛り上げていきます。

伊是名島

沖縄本島北部、今帰仁村の運天港からフェリーに乗ってt55分、琉球国王「尚円王」の生まれ島、伊是名島に到着です。写真は伊是名玉陵(いぜなたまうどぅん)。県指定の文化財で、王家の墓です。

階段を上ると2つの墓室があり、左手には尚円王の父母、右手には二代目以降の人々が葬られているそうです。

伊是名島はいたるところにハイビスカスが咲いています。伊是名玉陵の側でも、陽射しを浴びて青空に映えるハイビスカスが咲いていました。

古井戸と赤がわら屋根の民家、石積みの塀。古き良き時代の風景が残る伊是名集落は、時の流れも緩やかで、しっとりゆったり過ごせます。
山上にひっそりとある御嶽は、「アラハ御嶽」。とても清らかな空気が流れていました。
ここに来れたことに感謝してご挨拶をすると、祝福を受けたような気がしました。いつまでもいたい、心地よい場所でした。

伊是名島の晩ごはん。
だいぶ前に一度言った居酒屋「天城」を訪ねてみました。
こちらのおとうさんは、和牛を肥育していて、この居酒屋で出される牛肉は、おとうさんが生産したもの。
以前は牛刺しもありましたが、今はタタキのみ。それでも、噛めば噛むほど味が出るおいしい肉を堪能できました。牛丼もいただきましたが、800円でこのグレードはあり得ないと思える牛丼でしたよ。
【居酒屋天城】0980-45-2989不定休

伊是名島は米どころ。精米過程で規格外米になった割れたコメは流通から外れていました。この規格外米を特殊な技術で製粉することに成功、製麺まで手掛けて、商品化されたのが、「太陽麺」。写真は鶏がらスープ麺600円です。あっさりとした麺にスープがよく絡み、ほっこりとしたおいしさです。
太陽麺は伊是名島の「太陽食堂」で食べられるほか、キッチンカーがイベントなどの際に本島に出没します。
【太陽麺】伊是名島の太陽食堂は日曜休
http://www.shimanogenki.com/

道路沿いには、子供たちが書いた標語がたくさん立っています。
「海へ行く父の背中はたくましい」
お父さんは海人なのでしょうね。自然の中で、父の背中を見ながら、すくすくと育っていくことでしょう。
たくましいと言われたお父さんも、きっとお喜びのことでしょう。 

 
先週のおきなう

宮古      石垣

 

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.