おきなう

2013年12月6日号
旧暦:十一月四日
天気:晴れ
気温:21度

 

沖縄の今をお届けします。


沖縄各地の天気予報     台風情報
 
     

【11月の沖縄】 

本格的な秋を迎えて気候は全般的に安定している。やんばるではみかん狩りもはじまり、各地で祭りやイベントが多数開催される。

平均気温
(1981〜2010年気象庁データ)
那覇市 22.1度 (最高24.6度、最低19.9度) 湿度平均74%
宮古島 22.7度 (最高25.0度、最低20.8度) 湿度平均73%
石垣島 23.2度 (最高25.8度、最低21.1度) 湿度平均69%
久米島 22.1度 (最高24.4度、最低19.8度) 湿度平均69%
与那国島22.8度 (最高24.9度、最低20.9度) 湿度平均74%

●平均水温 25.6度
●服装 長袖、薄手カーディガン(朝夕)



◎カヌチャリゾート・スターダストファンタジア
 11月1日(金)〜2014年2月28日(金)
 

沖縄本島北部/名護市/カヌチャリゾート敷地内
カヌチャリゾートの恒例で、そして大人気イベント、約100万球の光で彩られる“スターダストファンタジア”が今冬も開催されます。庭やプールなどを幻想的に彩り、ファンタジックな世界を演出。また、ファンタジアのシンボルとなる「マザーツリー」では、毎日「スイッチング・オン・セレモニー」が開催され、ゲストたちの手でイルミネーションが点灯されます(有料)。環境への配慮として、マザーツリーのLED化や、カーボンオフセットへの取り組みも実施。もちろん宿泊していない方も入場券を購入すれば見学できます
【問合せ】コンシェルズデスク(0980)55−8880(代表)
沖縄 カヌチャリゾート カヌチャベイホテル&ヴィラズ
カヌチャ スターダストファンタジア
美ら島物語 カヌチャ・ステラ教会

◎沖縄マーチングリーグ 第26回 名護・やんばるツーデーマーチ

 12月7日(土)〜8日(日)

 

沖縄本島 北部/名護市/21世紀の森屋内運動場スタート・ゴール
やんばる、は漢字で書くと、山原。《 山々が連なり、うっそうとした常緑広葉樹の森が広がる地域 という意味をもち、沖縄本島北部を示す言葉》なのだそう。実際、建物ひしめく那覇市内から、やんばるにでかけると、“ああ、森の匂いがする!”と感じます。この、たっぷりとした森と、美しい海に囲まれた自然豊かなやんばるの地「名護」で、皆さんもウォーキングを楽しみませんか? 短距離から長距離までコースが設定され、自然と触れあいながらゴールを目指せます。当日申し込みもOK。また、あたたかなもてなしや、丁寧なコースの標識などで、県外からのリピーターも多いようですよ。
【問合せ】名護市商工観光課(0980)53-1212(内線140)
名護市役所公式サイト  名護市観光協会

第12回 久米島町産業まつり12月8日(日)
 

久米島/久米島町/具志川農村環境改善センター
那覇から、飛行機で25分の久米島。那覇市の泊港からフェリーに乗れば、渡名喜島経由にて約4時間で到着。久米島産業まつりは、この緑豊かな久米島の特産品や工芸品が一堂に集まる場。国指定無形文化財の久米島紬、久米島生まれの泡盛、黒糖など、久米島の特産品や農産物が集結。また、久米島といえばクルマエビの養殖が盛んな島。というわけで例年、幼稚園〜小学6年生までが参加できるクルマエビのつかみ取りなどもおこなわれます。ほかにも、マグロの解体&即売も。このタイミングで久米島を訪ね会場へ行けば、ちょっとお得ななにかに出会えるかも。
【問合せ】久米島町産業振興課(098)985-7134
久米島町 観光  美ら島物語 久米島情報  美ら島物語 布を巡る旅

◎第9回 うるま市産業まつり
 第15回 全沖縄やまいも勝負inうるま
 12月14日(土) 〜15日(日)
 

沖縄本島 中部/うるま市/うるま市役所石川支所駐車場予定
うるま市の特産品が一堂に集まるのが、「うるま市産業まつり」です。そして例年大いに盛り上がるのが、産業まつりよりも開催回数が多い「全沖縄やまいも勝負(スーブ)」。すなわち、あの食べて美味しい山芋での勝負なのでございます。もっとも沖縄でいうところの“やまいも”は、内地でトロロにつかわれる長芋や自然薯とは異なり、熱帯地域原産の大薯(だいじょ)と呼ばれる種類。本大会では、山芋生産者&山芋愛好家たちが真剣に育てた“やまいも”の、重量を競うのです。なお勝負には、切ると鮮烈な赤色をしている〈赤やまいも部門〉と〈白やまいも部門〉などがあり、〈赤やまいも部門〉では“300kg級のやまいも”も登場することがあるのです。そしてお味はといえば、沖縄の山芋もなかなかに美味。
【問合せ】うるま市産業まつり実行委員会(098)965-5634
うるま市のステキ情報をご案内!   うるま〜る

◎第15回 130万県民「平和の光」いとまんピースフルイルミネーション
 12月14日(土)〜1月3日(金)
 

沖縄本島 南部/糸満市/糸満観光農園
風力発電施設の電力を利用した、南の島のほのぼのとした、平和への祈りをこめたイルミネーションです。また例年、レーザーショーや音楽祭にステージイベントも開催されますので、ご来場の際は、下記サイトよりプログラムをご確認のうえ、おでかけください。なお会場は、アセロラ・ワインやパッションフルーツ・ワインで知られる、糸満観光農園。毎年、趣向を凝らしたアットホームなイルミネーションが灯されると、南の島の短い冬を楽しむべく、カップルやファミリーでにぎわいます。屋台も並ぶので、ここで軽い夕飯を食べてもいいかも。点灯時間は18時〜22時。但し大晦日のみ、〜24時半まで点灯します。【問合せ】糸満市商工観光課(098)840-8135
糸満観光農園HP   糸満市商工観光課

◎第33回 読谷山焼(よみたんざんやき)陶器市
 
12月20日(金)〜22日(日)
 

沖縄本島 中部/読谷村/読谷やちむんの里
読谷山(ゆんたんざ)焼窯と読谷山焼北窯の8つの工房による、陶器市です。会場となる広場周辺は、造り手たちの自宅兼工房が点在する、緑豊かな場所。だから、訪ねれば、その器が生まれた後ろにある人々の暮らしのようなものが感じられたりも。くわえて陶器市では、通常価格の2〜3割でヤチムン(焼物)を販売! この機会に、皆さんの食器棚に、沖縄生まれのぽってりとした器たちを仲間入りさせてみませんか? 迷って選ぶ楽しさ満載。きっと、手にしっくりくる器に出会えるはず。なお期間中は、朝9時頃〜夜19時頃までやっているそう。お散歩がてら、のんびりとどうぞ。
【問合せ】陶器市実行委員会(098)958-4468
読谷村観光協会 → http://www.yomi-kan.jp/

◎第16回 恩納村産業まつり 12月21日(土) 〜22日(日)
 

沖縄本島 北部/恩納村/恩納村コミュニティーセンター周辺予定
那覇から58号線を北へとドライブすると、リゾートホテルが立ち並ぶ恩納村に到着。万座毛などの名所があったり、オシャレなホテルでのランチを楽しんだり、ビーチでリゾートしたりと、にぎわう華やかなエリアです。そして、ここ恩納村自慢の特産品がずらりと並ぶのが「恩納村産業まつり」。陶芸・琉球ガラスなどの展示販売や福引もおこなわれますよ。ウォーキングフェスタも同時開催。また、産業まつり期間中に訪ねることができなかった方は、ぜひとも「おんなの駅」にお立ち寄りを!フルーツ、野菜、惣菜、スイーツなど、恩納村の味が集まる魅惑のスポットですよ。
【問合せ】恩納村役場商工観光課(098)966-1280
恩納村公式サイト
沖縄宇宙通信所
なかゆくい市場 おんなの駅
http://onnanoeki.com/

◎沖縄こどもの国 第18回クリスマスファンタジー’13
 
12月21日(土)〜29日(日)
 

沖縄本島 中部/沖縄市/沖縄こどもの国
当然ながら、沖縄には雪は降りません。というわけで、沖縄っ子は“雪”にあこがれるのです。どんな冷たさなのかな、どんな触り心地なのかな、と・・・。そんな沖縄っ子のハートをくすぐるのがこのイベント。毎冬、南の島“沖縄”の夜に、雪を舞わせてくれるロマンチックな恒例イベント。くわえて花火&沖縄最大級のレーザーアトラクションもおこなわれる人気イベントでもあるのです。開催時間や入場料金などは、日が近くなりましたら下記サイトに掲載予定。お楽しみに。なお、会場となる「沖縄こどもの国」は、ライオンやカバ、ゾウ、さらにアグーやセマルハコガメなど沖縄ならではの生き物にも会える、動物園です!
【問合せ】実行委員会(098)936-0134  沖縄こどもの国

県外沖縄関連イベント情報

■夏川りみ ライブ情報  オフィシャルサイト
■下地勇ライブ情報  オフィシャルサイト
■BEGINライブ情報   オフィシャルサイト
■藤木勇人公演情報   オフィシャルサイト
■池田卓ライブ情報    オフィシャルサイト

沖縄物産展情報

 

 

 
 第4回「沖縄物産展」  11月7日(木)〜13日(水) 
 東武百貨店船橋店6階イベントプラザ 024-521-5151

やえやまの本

八重山諸島の
遊・食・宿情報は
南山舎のサイト

やいまねっと

日本最南端の出版社「南山舎」


琉神マブヤーオフィシャルサイト

 

 

 

今日の沖縄

ハイサイ、チューウガナビラ。
午前11時現在、北北東の風4.6メートル、気温20.8
度、快晴の那覇です。最高気温は22度の予報です。
今週はずっと晴天で、最高気温も20度超えの日が続いています。
風は穏やかで、まだまだ強い陽射しの下で、心地よく過ごせます。こんな日は海辺でビールを飲みながら読書して過ごすと、至福の時が味わえそうです。
さすがにウチナーンチュはもう泳ぎませんが、観光で来られた方は、まだ普通に泳いでいる方もいらっしゃいます。そろそろ座間味近海にザトウクジラが戻ってくる季節、1月からはホエールウォッチングも始まります。南の島も冬が始まりますが、1月には本島北部でタンカン狩りが始まり、桜が開花し、桜前線が南西諸島を南下していきます。
冬の沖縄も楽しみいっぱいですよ。

12月の久米島 ハテの浜

月曜日、会議で久米島へ行き、火曜日の朝、ハテの浜へ渡りました。
少し雲が多い空でしたが、陽射しは強く、海もキラキラ。波もキラキラ。

透明度もかなり高くて、海底の砂地の模様もくっきり見ることができました。

渡し船のお兄さんも、「最高だね、この透明度」。と喜んでしました。冬の方が透明度が上がるそうです。
引き潮に向かう時間で、中の浜の少し離れたところに小さな砂州ができていて、時折波に洗われながら、徐々にその姿を現していきました、。

12月の火曜日、さすがにこの時期は観光客も少なくて、ハテの浜にも私たち以外には3名しかいませんでしたが、白砂の島で、のんびりゆったりと過ごしていました。

第29回那覇マラソン

12月1日(日)、那覇市の奥武山公園をスタート・ゴールにした那覇マラソンの第29回大会が開催されました。

約2万8千人のジョガーが出場した第29回大会は、午前9時に「MAX」のメンバーが、翁長那覇市長とともに、スタートの合図の鐘、「万国津梁之鐘」を鳴らして、はじまりました。今大会の完走率は69.68%。
7割近くの人が完走を果たしました。
ジョガーの皆様、おつかれさまでした。
私はゴール手前で写真を撮っていました。
今年も仮装ランナーが多く、ピカチューやアンパンマンサンタクロースなど、凝った衣装で沿道の人々を楽しませてくれていました。
来年は30回の記念大会。


久しぶりに、私も出場してみたくなりました。
ちなみに、ベストタイムは4時間27分23秒(だったと思います)、20代の頃のタイムなので、そこまで行けるかはわかりませんが、こつこつと走りこんで練習していけば、完走はできるかなと思っています。


 
先週のおきなう

宮古      石垣

 

 

Copyright(C) Japan TransOcean Air All rights reserved.