ナビゲーション

地図から探す

島名から探す

検索

沖縄の島唄巡り 恋ししまうたの風 〜南の島々のうたを訪ねて:第27回「マミドー」(久米島)

「マミドー」の歌詞と大意

一、まみどーまよ まみどーま 女童どぅ女童
   (囃子)ウーヤキ ユノーレ

ニ、まみどーまや 何処生り 女童や何処生り

三、竹富に生りてぃり 仲嵩に産てぃり

四、朝に起すり 早朝に目ゆすり

五、大鍬ゆ取り持ち 長ぴらゆ取り差し

六、大畑 走り行き 長畑走り行き

(大意)

一、マミドーマよ、マミドーマ、娘よ娘よ
   (囃子)ウーヤキ ユノーレ

ニ、マミドーマはどこの生まれ、娘さんはどこの生まれ

三、竹富島に生まれて、仲嵩(島)に生まれて

四、早朝に起きて生気づき、朝早くに目が生気づき

五、大きい鍬を取り持ち、長ヘラをとり差し

六、大きい畑に行き出て、長い畑に行き出て

演奏映像はこちら

『マミドー』

「歌詞の3番『竹富に生りてぃり 仲嵩に産てぃり』の仲嵩は竹富島のことです。
タキドゥン・ナカダキ(あるいはナカダギ)と対句で竹富島を言い表しています」
ご解説いただくのは仲筋の元地謡で現在顧問の前本隆一さん(83歳)。


前本隆一さん

「仲筋の真栄里家の娘が大変な働き者で、畑でカマ、クワ、ヘラを使わせても男勝りだったから、マミドー、“真の女”と言われていました。いまも真栄里家の屋敷跡はあります。
もともとあった歌を昭和32年頃、生盛康安(せいもりこうあん)が余興用にアレンジしたんですよ」
今回ご紹介いたします歌詞は生盛康安氏の作詞されたもの。
お話を伺ってみると、なんと隆一さんのお母様の弟さんが生盛康安さんとおっしゃいます。


仲筋の真栄里家跡地

前のページヘ

次のページへ

 

topへ戻る

当サイトは、日本トランスオーシャン航空(株)がお届けしています。
Copyright © 2001-2017 Japan Transocean Air. All rights reserved.

沖縄広域MAP

沖縄詳細MAPへ

閉じる

沖縄詳細MAP

  • 伊平屋島
  • 伊是名島
  • 伊江島
  • 粟国島
  • 久米島
  • 渡名喜島
  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 北大東島
  • 南大東島
  • 石垣島
  • 小浜島
  • 鳩間島
  • 与那国島
  • 竹富島
  • 新城島
  • 黒島
  • 西表島
  • 波照間島
  • 伊良部島・下地島
  • 宮古島
  • 多良間島

沖縄広域MAPへ

閉じる

  • 粟国島
  • 新城島
  • 伊江島
  • 石垣島
  • 伊是名島
  • 伊平屋島
  • 伊良部島・下地島
  • 西表島
  • 沖縄本島
  • 小浜島
  • 北大東島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 黒島
  • 竹富島
  • 多良間島
  • 渡名喜島
  • 波照間島
  • 鳩間島
  • 南大東島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 奄美大島
  • 与論島

閉じる