美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第22回「サクラ咲く!!」

当然そうなるとニコンもキャノンもプロ仕様のハイスペック3Dスチール&ムヴィー一眼レフカメラが登場し、のんびりと静止画を撮っていたカメラマンは淘汰され3D動画も静止画も撮れるカメラマンだけが生き残る3Dサバイバルの時代に突入する。

カメラマンはともかくとして、我々消費者はCMに煽られて3D関連商品を買わされるのである、ゆえに不況とかデレフとかいって落ち込んでいる暇もなく、3Dを買うために一生懸命働かなければならない。

年末のセールでハイビジョンテレビを買って「我が家の地デジ化は完了したね」と喜んでいたお父さんも「ハイビジョン地デジ化」といった新たなミッションがもたらされる。

ここまで話半分の初夢だとしても、いずれにしても映像・画像の3D化は現実のものになり、当然コンピューターのモニターも3Dとなり、当然、美ら島物語も3Dとなり家やオフィースでバーチャルな島旅ができるようになり、そのうちバーチャルフレーバーなる装置も登場し撮影地の花や料理の香りまで再現され、バーチャルでは物足りなくなり、島旅へと誘うサイトになるかもしれない。

そんな素敵な未来が目前に迫っているのに、私は老眼である、老眼でも3D時代を満喫できるのか、今から心配である。

サクラ(八重岳) サクラ(八重岳) サクラ(八重岳) サクラ(八重岳)

今思い出した、昨年、東京のソニープラザで美ら海水族館の3D映像を見る事ができた専用のメガネをかけて40インチのハイビジョン3Dモニターに写し出された美ら海水族館の映像を見て感動した。

まじで立体に見れるのである、実際の水族館よりもクリアな立体映像には驚いた。終始、初夢てきな話ではありましたが、今年シマグラファー道場をもよろしくおねがいいたします。

前ページへ

トップへ

沖縄を伝える〜風景〜

(2010.1.14掲載)