美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第29回「クロトン日和」

しかし最近のコンデジは手ぶれ補正がさらに進化している。
試しに最新コンデジのパンフレットを取り寄せ見てみると、目を見張る進化に驚いた。

画素数1200万越えは普通、高感度も1600から3200へ。ハイビジョン動画も撮れたり、コスメティックモードで美白もOK。
いろんなコンデジの特徴を渾然と連ねているが、人を個別に識別したり、笑顔を感知したり、なんと犬や猫を識別するペットモードや赤ちゃんの顔が真正面向いた時にシャッターが切れるベイビーモードなんてのもあった。

パノラマ写真が気軽に撮れるスイングパノラマにいたっては、もはやSFの世界だと思ったら、もはやすでに3Dスイングパノラマなんてのもある。

釣った魚を魚拓にする魚拓フィルターなんてのもあったり、撮った写真を壁などに投影するプロジェクター機能を備えたモノまである。

ここに列記したのは各メーカーの特徴的な機能で、一機種のコンデジのスペックではありませんよ奥さん。

地元では、沖縄の夏の風物詩とも言われるオリオンビールのお中元CM、エイサー編。
その撮影を取材で2日間追っかけていたので、なんだかエイサーも終わり、夏も終わった様な気分にひたっている。がしかし、夏もエイサーシーズンもこれからだっ。

今年の沖縄の旧盆は8月22〜24日。
エイサーの道ジュネーも中部を中心に各地で繰り広げられる。

道ジュネーを某メーカーの3Dスイングパノラマで撮ったらさぞかし迫力の画像が撮れるだろう・・・その前に3Dテレビを買わないといけないけど。

コンデジも高機能、高感度になって夜の道ジュネーを撮るのも簡単にはなったと思うが、いかんせん暗い中、激しく動く被写体は撮影条件としては難度が高い。
なるべく街灯などの多い明るい場所で狙うべし。

ちなみに私、コンデジ1台も持っていないのでシマグラファー道場的なアドバイスはこれ位しかできませぬ。面目ないでごわす。

クロトン クロトン クロトン

トップへ

トップへ

沖縄を伝える〜風景〜

(2010.8.11掲載)