美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

index

第35回「さくらだより」

考えてみれば、その日は早朝から沖縄の始祖アマミキヨの上陸地とされる南城市玉城のヤハラツカサのある海岸で朝日の撮影をしその後、さる大戦時の避難壕であったアブチガマの照明ひとつない真っ暗なガマを超強力電灯片手に撮影を行った後なのである(通常アブチガマは撮影禁止・特別に許可を得て撮影しました)。

昔聞いた諸説では、中城城趾が築城する遥か以前に、今ある中城城趾の頂上付近にアマミキヨが居住していたとされる様な話を聞いた事がある。しかし三ヶ月ねばって撮ったヤハラツカサの朝日はなんとも神々しかった。一人で真っ暗な壕の中での撮影も仕事じゃなかったら恐怖心でいてもいられないはすだが、不思議とカメラを抱えていると恐いとは思わなかった。

壕で思い出すのは南大東島の鍾乳洞・星野洞を一人で撮影した時、照明がセンサー式で一定の時間がくると自動的にオフッてしまう。
撮影しようとすると奥の方からどんどん暗くなってしまう、なので一人走ってセンサーを反応させ照明を付けて照明が切れる前にシャッターを切るといった

一人鬼ごっこみたいな撮影も懐かしい。おっと桜だよ、アマミキヨ・シンクロニシティーな撮影の翌日、世界遺産の登録されている今帰仁城趾に行った。
桜祭りは終わっていたが桜は満開の見頃、観光客も多く訪れていて、天気も良くみんな幸せそうだ。

そんなホッコリ気分の中、必死でナイスアングルを探す忙しない私もなんだかねぇ〜。続いて八重岳も行ったが今年はどこも寒緋桜が見事に開花している様に思えた。

今年の冬、沖縄県民的に超寒かった。寒緋桜さんも堪え難きを忍び、美しく開花したのだろうか。

桜もプロ野球キャンプも花盛りの沖縄にもうひとつ明るいニュース。沖縄のレンタカーに電気自動車の日産リーフが220台も導入されたのだ。

最近、コンビニや高速のパーキングエリアに電気スタンドが目についていたが、どうやら電気自動車のインフラも全国に先駆けて充実するらしい。
社会的実証実験の要素もあるだろうがリーフと言えば沖縄の美しい海岸線のリーフなんだかとっても素敵な試みだと思う。

リーフでリーフを眺めながらのドライブって素敵よねぇ〜。
これからは葉桜も美しい季節、リーフで花見も素敵ちゃん。

桜 桜 桜

前ページへ

トップへ

沖縄を伝える〜風景〜

(2011.02.17掲載)