美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

大地に張り巡らせた無数の木の根、天空へ伸びる極太の枝、2回目だけど、なんとも逞しい姿に圧倒される、思わず手を合わさずにはいられない。資料を見るとオキナワウラジオガシの幹周りは、大人7人掛かりでつながる大きさだとか、今度来る時にはメジャーと聴診器を持って行かねば。

それにしてもドングリは見当たらず、ドングリになりかけの様な木の実が落ちていただけ。ドングリは残念だったけれど、沖縄最大級の巨木オキナワウラジロガシの無事を確認できて喜ばしい。だれにも頼まれていない巨木パトロール隊員の私は、安心して足取りも軽く下山した。

後日のニュース番組でやんばるの山の専門家が、この夏の一連の台風でやんばるの山は相当なダメージを受けたとの事、だけど確実に時間をかけて再生していくとの事であった。

次のページ前のページ

(2012.12.18掲載)