美ら島物語
けいさい予定 サイトマップ

美ら島検索

島袋浩 シマグラファー道場

話がだいぶそれたが、今回掲載する画像は、前回の暗闇に浮かび上がる世界遺産、読谷村の座喜味城跡の昼間の画像です。

座喜味城は、1422年に読谷村の按司護佐丸が築城したとされる。
城壁に登ると天気が良い日慶良間諸島を望む事ができる。
その絶好の眺望が災いしてか戦前は日本軍の砲台が設置され、戦後は米軍に接収されレーダー基地となった。


1972年に沖縄の本土復帰と同時に国の史跡
指定され、今の姿に復元され、2000年11月に首里城跡とともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
沖縄の数ある世界遺産に登録された城跡のなかでも読谷村の座喜味城跡が一番のお気に入り。


次のページ前のページ

(2014.3.18掲載)

この記事に関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。
Copyright (c) JTA All Rights Reserved